Webディレクターのキャリアプラン

2.Webプランナーになるには

Webサイトの全体的な方向性やコンテンツの企画設計をするのがWebプランナーです。

Web制作においてその影響力は非常に大きく、Webプランナーのスキル次第でクライアントがイメージするWebサイトになるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

WebディレクターがWebプランナーを目指すためには、必要なスキルを学んでおく必要があります。ここでは、Webプランナーになるために身につけておくべきスキルを説明します。

Webプランナーの求人

  • Webプランナーは、Web制作・運営の幅広い業務を統括する立場のため、収入アップにつながるケースも。ウェブスタッフでは、Webデザイナーの方がキャリアアップするためのお手伝いをいたします。
    求人をチェック!

Webプランナーに求められるスキル

Webプランナーにとってもっとも必要といえるスキルがコミュニケーション能力です。これは、ただクライアントとうまく話せるといったスキルではなく、クライアントの要望を聞き出す能力やクライアントの目的やユーザーの目的をまとめて形にする能力を指します。また、クライアントのイメージを的確に表現したり、プロジェクトメンバーに円滑に情報共有したりする能力もコミュニケーション能力といえるでしょう。

さらに、Webプランナーにはクライアントの要望を形にしたり、ユーザーの目的に合った利用しやすいような企画提案をしたりする企画提案力も欠かせません。そして、それらの企画をクライアントに納得してもらうためのプレゼン力も必要です。

WEB STAFFキャリアカウンセラー

ウェブスタッフ キャリアカウンセラーからの
ワンポイントアドバイス

Webの世界は日々技術が進歩し、そのスピードは年々早まっています。クライアントやユーザーの目的を満たし、トレンドを捉えたサイト構成をイメージするためにも、高い情報収集能力は必要不可欠といえるでしょう。したがって、Webプランナーには、アクセス解析といったSEOに関する知識から、最新のWebプログラム言語や技術など、幅広い情報に対して常にアンテナを張って知識を吸収することが求められます。

あなたのスキルを活かして次のステージへ

ウェブスタッフはIT・Web業界専門の転職エージェントとして、Webデザイナーのあなたのキャリアをサポートします。

Webプランナーを目指すためにどのようなキャリアを積んでいけばよいか、プロの意見を聞いてみたいという方はお気軽にご登録ください。

TOPへ

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookieを使用しています。サイトをご利用いただく際には、Cookieの利用について同意いただいたものとみなします。詳しくは「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する