Webディレクターのキャリアプラン

4.Webアナリストになるには

Webサイトのアクセスなどを解析し、課題を見つけ、改善提案をしてWebサイトの効果を最大化するという、重要な役割を担っているのがWebアナリストです。Webアナリストのスキル次第でWebサイトの成否が決まるといっても過言ではないため、責任が大きいとともにやりがいのある魅力的な仕事です。

ここでは、WebディレクターがWebアナリストに転身するために、身につけておくべきスキルを紹介します。

(関連記事:Webアナリストの仕事は?)

Webアナリストの求人

  • Webアナリストは、Web制作・運営の幅広い業務を統括する立場のため、収入アップにつながるケースも。ウェブスタッフでは、Webデザイナーの方がキャリアアップするためのお手伝いをいたします。
    求人をチェック!

Webアナリストに求められるスキル

Webアナリストになるためには、問題を整理し、解決策を導き出すロジカルシンキングの能力や高い分析力を身につけなければなりません。これらの分析を行う際は、数字に基づいた説得力のある答えを導き出すためにも、経験則やフィーリングといった感覚ではなく、フレームワークを活用することが不可欠です。

具体的には、ロジックツリーや3C分析、SWOT分析といった分析フレームワークから情報を整理し、課題発見や論理的な問題解決方法を探っていきます。

WEB STAFFキャリアカウンセラー

ウェブスタッフ キャリアカウンセラーからの
ワンポイントアドバイス

Webアナリストは、分析によって導き出した問題点やそれらに対する問題解決方法をクライアントやチーム内のメンバーに共有しなければなりません。円滑なコミュニケーションは、チーム内でのファシリテーションによる合理的な理解や方向決めに役立ちます。したがって、プロジェクト内でのコミュニケーションが成果に結びつくため、Webアナリストには高いコミュニケーション力も求められます。

(関連記事:Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介)

あなたのスキルを活かして次のステージへ

ウェブスタッフはIT・Web業界専門の転職エージェントとして、Webデザイナーのあなたのキャリアをサポートします。

Webアナリストを目指すためにどのようなキャリアを積んでいけばよいか、プロの意見を聞いてみたいという方はお気軽にご登録ください。

TOPへ

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookieを使用しています。サイトをご利用いただく際には、Cookieの利用について同意いただいたものとみなします。詳しくは「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する