Webデザイナーのキャリアプラン

4.Webプロデューサーになるには

Webプロデューサーの仕事は、Web制作における「プロジェクト全体の統括責任者」と表現することができます。Web制作では、顧客や社内のスタッフ、外部協力会社など多くの関係者が関わることになりますが、その間に入ってさまざまな調整を行いながら、顧客ニーズを満たす制作を予算・期日の中で完了させていくことがWebプロデューサーの役割です。

Webプロデューサーは、制作現場を中心にするWebディレクターと連携しつつ、プロジェクトの立案から管理まで全体を統括し、主に制作にあたって必要な関係者との調整や予算、スケジュール、品質などのマネジメントを行います。

Webプロデューサーの仕事内容や年収は? →

WEB STAFFキャリアカウンセラー

WEB STAFFキャリアカウンセラーからのワンポイントアドバイス

Web制作の現場を細部まで詳しく知るだけでなく、企画力やマネジメントスキルも必要であるため、実務経験をたくさん積み、スキルや知識を高めていくことが大切です。

Webプロデューサーの求人

  • Webプロデューサーは、Web制作・運営の幅広い業務を統括する立場のため、収入アップにつながるケースも。ウェブスタッフでは、Webデザイナーの方がキャリアアップするためのお手伝いをいたします。
    求人をチェック!

WebプロデューサーはWeb制作における全体統括の役割を担う重要な責務を果たします。そのため、さまざまなスキルが必要です。
ここでは、Webプロデューサー目指すために、意識して身につけたいスキルや勉強方法について紹介します。

あなたのスキルを活かして次のステージへ

ウェブスタッフはIT・Web業界専門の転職エージェントとして、Webデザイナーのあなたのキャリアをサポートします。

Webプロデューサーを目指すためにどのようなキャリアを積んでいけばよいか、プロの意見を聞いてみたいという方はお気軽にご登録ください。

IT・Web専門の求人-正社員・契約社員の転職は【ウェブスタッフ キャリア】
あの企業に出会える-Webクリエイター・エンジニアのハタラクを発見
IT・Webクリエイター・エンジニア向けイベント・セミナー

TOPへ