Webデザイナーのキャリアプラン

2.Webディレクターになるには

企業サイトやショッピングサイトなどのデザインを考え、方向性を示していくWebディレクター。

Webディレクターとは、Web制作すべてにおいてのリーダーといえる立場。Web制作全般のディレクションが仕事です。プロジェクトをまとめながら、スタッフが同じ方向性をめざして働ける環境を整えます。

具体的な仕事としては、「プロジェクトの進捗管理」が挙げられます。Webディレクターは、誰がどの仕事をいつまでに終わらせなくてはいけないのか指示を出し、納期通りに仕事が完了するよう管理する立場です。

また、「クオリティチェック」もディレクターの義務です。クライアントの求めるレベルに完成品が達しているのかを、作業段階ごとに確認していきます。

Webディレクターの仕事は、サイト運営においては非常に重要な仕事です。やりがいもあるので、志望する人は多いでしょう。

Webディレクターの仕事は? →

Webディレクターの平均年収は? →

WEB STAFFキャリアカウンセラー

ウェブスタッフ キャリアカウンセラーからの
ワンポイントアドバイス

Webディレクターにはデザインやプログラミングの基礎知識が求められます。

同時に、スタッフから信頼されるだけの求心力も伴っていなくてはなりません。統率力は必須条件といえるでしょう。また、さまざまな部署や技術者と意思疎通できるだけのコミュニケーション能力も肝心です。

Webディレクターの求人

  • Webデザイナーとしてのデザインスキルを活かしてWebディレクターを目指すのは、Webデザイナーのキャリアステップとしても人気の選択肢です。ウェブスタッフでは、Webデザイナーの方がキャリアアップするためのお手伝いをいたします。
    求人をチェック!

Webディレクターに求められるスキル

Webディレクターの仕事の大きな役割が、「プロジェクトの進行管理」です。
Web制作ではたくさんのスタッフが一つのプロジェクトに従事します。スタッフ一人ひとりが自分の役割を果たせるよう、具体性のある指示を出すことが大切です。そのため、タスクや問題点を言語化し、わかりやすく説明できる能力が求められます。

また、「提案力」も重要です。Webディレクターとは、クライアントや社内の依頼部署との交渉役でもあります。提案やアドバイスによって仕事をもらうのもディレクターに課せられた役割です。そのほか、クライアントやスタッフ、社内部署との調整を行うために「会話力」に長けている必要もあります。

WEB STAFFキャリアカウンセラー

ウェブスタッフ キャリアカウンセラーからの
ワンポイントアドバイス

たくさんのスタッフのまとめ役であるWebディレクターになるには、「雰囲気作り」が大切です。Webディレクターは全員に的確な指示を与えられて、モチベーションを上げられるような人間性をそなえていなくてはなりません。スタッフがやる気を保って仕事をできるような声がけができると、現場の信頼を集められるでしょう。

Webディレクターに必要なスキル一覧 →

あなたのスキルを活かして次のステージへ

ウェブスタッフはIT・Web業界専門の転職エージェントとして、Webデザイナーのあなたのキャリアをサポートします。

Webディレクターを目指すためにどのようなキャリアを積んでいけばよいか、プロの意見を聞いてみたいという方はお気軽にご登録ください。

IT・Web専門の求人-正社員・契約社員の転職は【ウェブスタッフ キャリア】
あの企業に出会える-Webクリエイター・エンジニアのハタラクを発見
IT・Webクリエイター・エンジニア向けイベント・セミナー

TOPへ