Webデザイナーのプラスのスキル一覧

Webデザイナーのスキルアップに役立つ6つの知識&スキルとは?

Webデザイナーのキャリアプラン

Webデザイナーが身につけておきたいスキルや知識

Webに関する技術が年々進歩していくのに伴って、Webデザイナーに求められるスキルも変化しています。Webデザイナーとしてこれからも力を発揮し続けるためには、新しい知識やスキルについて学んでいくことが必要です。

ここでは、Webデザイナーの仕事や将来のキャリアアップのために身につけておくと効果的な知識やスキルについて紹介します。

スキル1:デザインについての知識

Webページの構成要素は形や使用目的がある程度決まっているものが多いため、セオリーからかけ離れたデザインはユーザビリティを悪くする原因になります。例えば、見出しや写真などの並べ方のほか、メニューや目次などの一覧表示、ボタンやチェックボックスの装飾などがそれに該当します。デザイナーとしてのスキルやセンスを発揮して魅力的なWebサイトにするためには、デザインの基本的な知識についてあらかじめ学んでおくことが大切です。

また、Webデザインのトレンドは次々に入れ替わっています。「フラットデザイン」や「マテリアルデザイン」のように呼び名がつくものもあれば、フォントの選び方や動画の使い方などにも流行があります。日頃からさまざまなWebサイトを観察し、自分なりの研究成果として知識を蓄えておくようにするとよいでしょう。
トレンドに詳しくなっておけば、クライアントからの要望にも適切に応えられるようになります。

Webデザイナーに必要なスキルとは? →

Webデザインの参考になるサイト →

スキル2:デザインツールを使いこなすスキル

デザインの定番であるAdobe IllustratorやAdobe Photoshopは、すでに使っているという人も多いでしょう。しかし、これらはWebデザインに限らずさまざまなグラフィックデザインの現場で使われているプロ用ツールであり、「ある程度使える」というのと「使いこなしている」というのとでは大きな差があります。まだ知らない機能や使い方を試したり、バージョンアップしたときには新機能について学んだりして、デザインの手段を増やしていくとよいでしょう。

また、Web制作に特化したAdobe Dreamweaverや、素早いプロトタイピングを可能にするAdobe XDなども、使い方を覚えておくと仕事の幅が広がるツールです。

Adobe XDとsketchとは? →

スキル3:コーディングやプログラミングのスキル

Webデザイナーにとって、コーディングやプログラミングのスキルが重要度を増してきています。Adobe Dreamweaverなどが使えればコーディングを行わなくてもある程度のWebサイトを作れますが、軽快な動作が求められる場合や、エンジニアとの共同作業のためにコードの読みやすさが重視される場合などは、コーディングの知識が必要になります。

HTMLやCSS、JavaScriptやjQueryなどについて学んでおけば、Webデザイナーとしての強みになるでしょう。そのほかにも、Adobe Animate(旧Flash)を使う仕事では、ActionScriptによるプログラミングができれば表現の幅が広がります。

PHPの知識を身につけておけば、WordPressなどのようなサーバーサイドで動作するシステムを使う場合や、独自開発のシステムを用いたプロジェクトにWebデザイナーとして参画する場合にも役立ちます。

スキル4:ビジネススキル

ビジネスのための基本的なスキルやマナーは、Webデザイナーに限らずどのような職業でも重要です。クライアントからの要望を正しく読み取ったり、Web開発プロジェクトに参加してほかのメンバーと協力したりするには、コミュニケーション能力が欠かせません。

企画段階からプロジェクトに関わるような場合には、プレゼンテーションを任されることもあるでしょう。伝わりやすいプレゼンテーションのためには、資料の作り方や話し方についてのスキルを身につけておけば役立ちます。また、メールの書き方や名刺交換などのビジネスマナーは業務経験の差が出やすい部分です。

クライアントなどに失礼のないように、基礎をおさえておきましょう。

スキル5:マネジメントスキル

Webデザイナーからマネジメント職などへのキャリアアップを考えているという人も多いかもしれません。そのためには、マネジメントスキルについて学んでおくとよいでしょう。目標をたてたりスケジュールを決めたりといった計画立案の手法や、作業の進捗を把握するためのタスク管理などは、身につければすぐにでも役立つスキルです。

プロジェクトメンバーに最大限の能力を発揮してもらうためのチームビルディングや、チームをまとめあげるためのモチベーションコントロールについても学んでおけば、将来の準備としては安心でしょう。

スキル6:Webマーケティングについての知識

マーケティングの知識があると、選択できるキャリアパスの幅が広がります。Webサイトのアクセス解析や市場データなどからマーケットについて理解する能力や、SEOやSEM、Web広告などのようなアクセスをアップするための手法は、収益アップを求められるような仕事に必要になるものです。

ブランディングにも重要なコピーライティングのスキルを磨いておけば、タイポグラフィを用いたデザインをより魅力的なものにするのにも役立つでしょう。

コンテンツマーケティングの基本 →

幅広い仕事に対応できるスキルを身につけよう!

Webデザイナーに求められるスキルは、クライアントからの要望やプロジェクトの体制などによって変わってきます。どのような案件でもこなせるようになるためには、日頃から新しい知識やスキルについて学び、できることを増やしていくことが大切です。

キャリアアップのためにも、幅広い仕事に対応できるスキルを身につけましょう。

Web業界でキャリアアップしたいあなたへ

ウェブスタッフでは、会員登録をしてくださったWeb業界の転職事情やトレンド情報をお伝えするメールマガジンをお届けしています。

今すぐに転職を考えているわけではないものの、今後のキャリアについて迷っているという方は、ぜひご登録ください。

IT・Web専門の求人-正社員・契約社員の転職は【ウェブスタッフ キャリア】
あの企業に出会える-Webクリエイター・エンジニアのハタラクを発見
IT・Webクリエイター・エンジニア向けイベント・セミナー

TOPへ