3.アートディレクターになるには

キャリア作りのポイント

アートディレクターとして働くには、一般的にはデザイナーとして4~6年の経験が必要です。Webデザイナーからアートディレクターにキャリアアップするチャンスを逃さないためには、計画的に準備を進めることが重要だといえます。キャリア作りで大事なポイントを紹介しますので、意識して普段の業務や学習に取り組みましょう。

a. スキルを可視化する

現在の自分のスキルを可視化すれば、スキルの種類とレベルを整理できるとともに、定期的なチェックにより成長を実感できるでしょう。

スキルを可視化したら、自分の弱みや強みを理解した上でステップアップに向け目標を設定しましょう。スキルの評価は自分だけで行わず、上司などに協力してもらうと客観性も高まります。

b. ポートフォリオを制作する

制作実績を数字にしたり、デザイン力を示すためのポートフォリオの作成も欠かせません。
直帰率やCVRなどを数字で表し、ビフォアーアフターを具体的に説明できれば営業や面接でも有利です。Webデザイナーとしての普段の業務の中でも、数字を意識して制作を進め、成功や失敗の理由を考えてみましょう

ポートフォリオ作りで悩んだら

IT・Web業界専門の転職エージェント「ウェブスタッフ」では、あなたのポートフォリオ作りのお手伝いをしています。転職で評価されやすいポートフォリオのポイントを知りたい、自分のポートフォリオをブラッシュアップしたいとい方は、ぜひキャリアアドバイスをご利用ください。

c. 現場経験を積む

アートディレクターにはさまざまなスキルが必要ですので、業務を通してスキルを磨くことを意識しましょう。今の職場でアートディレクターを目指すのも良いですが、Web系の仕事に強いウェブスタッフでの転職を通し、多くの現場経験を積むのもひとつの方法です。

WEB STAFFキャリアカウンセラー

ウェブスタッフ キャリアカウンセラーからの
ワンポイントアドバイス

アートディレクターを目指すなら、さまざまな現場のアートディレクターを見て参考にし、独自にセンスを磨くことが大切です。

勉強会に参加して人脈を作ったり、職場を変えてみるのも良いでしょう。

転職をするべきか、今の環境でキャリアアップに励むべきかお悩みの方へ

ウェブスタッフはIT・Web業界専門の転職エージェントとして、Webデザイナーのあなたのキャリアをサポートします。

アートディレクターを目指すためにどのようなキャリアを積んでいけばよいか、プロの意見を聞いてみたいという方はお気軽にご相談ください。

IT・Web専門の求人-正社員・契約社員の転職は【ウェブスタッフ キャリア】
あの企業に出会える-Webクリエイター・エンジニアのハタラクを発見
IT・Webクリエイター・エンジニア向けイベント・セミナー

TOPへ