Webクリエイター・エンジニアのハタラクを発見!

Webデザイナー
業務委託
ロゴ

ヤフーのシステム統括本部の方にお話を伺いました!

社内の大規模開発のUIデザインを担当

エンジニアたちを支え、会社の資産となるシステムの開発に携われることに喜びを感じます

 アサインや業務依頼はどのように行っていますか。

ヤフー社員
今河さん

ヤフー社員
今河さん

それぞれのプロジェクトリーダーやWebディレクターが調整し、アサインが進みます。ヤフーの社員間でのやりとりは、MYM(社内コミュニケーションツール)やSlackが多いですね。進捗状況の確認や定期的にミーティング等も行いながら、臨機応変に対応できるようにしています。

パートナー野口さん

パートナー
野口さん

ご依頼いただくときは、ヤフーの社員の方とウェブスタッフの間にカウンターと呼ばれるWebディレクターがいて、そのカウンターから仕事を割り振られる形です。業務中にわからないことが出てきても常駐しているため、カウンターの方を通してもレスポンスが早く、スムーズに作業ができています。

 仕事のやりがいや印象に残っている案件を教えてください。

  • パートナー野口さん
  • 「おもてなしの精神」にやりがいを感じています(一同笑)。
    私の業務は、社内の難しいテクニカルなシステム面をUI/UXの切り口の部分で、ヤフーの全社員に使いやすくて、使い心地の良いものにするという仕事です。
    このシステムの開発によって、社員の業務効率化や作業のスピードアップが図れます。
    今まで煩わしかった社内のシステムを快適に整えられれば、社員の方が本来の業務に集中できる環境を作ってあげられますよね。そういうサポートって、とても大事だと思うんです。
    まさに「おもてなしの精神」ですよね(笑)。
    それに、社員の作業やコストが削減されれば、ひいては全社の売上に繋がります。表には出ないかもしれませんが、縁の下の力持ちとして会社に貢献している、今の仕事にとてもやりがいを感じています。

パートナー野口さん

パートナー
野口さん

印象に残っている案件としては、今河さんがおっしゃっていた、デザインシステムのライブラリに関われたことが大きな出来事でした。
この案件に携わるまでは、私自身、Webデザインを感覚やセンスに頼ってきた面があり、確固たる定義がなく、曖昧な状態でした。
それがデザインシステムを導入するということで、作業を行いながら、デザインの数値化や明文化ができました。物事を定量的にみられるようになった点が、非常に大きな進歩になりました。
また、従来の個別最適化されたデザインでは、納品したらおしまいだったのですが、今回はストックして更新しながら、運用していくシステムです。努力が無駄にならない、新しいデザインシステムのあり方で、今後は、組織の資産になると期待しています。
今までのWebデザインの概念とは異なる概念を学べたので、大きくスキルアップできました。

ヤフー社員
													 		今河さん

ヤフー社員
今河さん

私もデザインシステムと統合したプラットフォームの案件は大変印象深いです。
社内で、この新システムをやってみようと思うエンジニアがいてその人が何か資料を残す、それを見て、さらにエンジニアがやってみるみたいな。完全に手が離れているところで、いろいろな交流が生まれていることを最近知りました。
まさに自分たちが作ったシステムが第三者の手によって育てられている、
そういう状況ができることは、これまでの仕事ではいっさいなかったので、すごく面白いですし、プラットフォーム開発の醍醐味を感じられる瞬間でもありますね。

 部署内の雰囲気はどんな感じですか。

パートナー野口さん

パートナー
野口さん

私の所属するデザイン部は、システム統括本部の中では女性の多い部署です。
エンジニアグループは、男性ばかりですが、ここだけ女性が目立つので華がありますね(笑)。普段は、和気あいあいとしていますが、仕事中は、みんなのプロ意識を感じられる、ぴりっとした空気感があります。居心地良くやらせていただいています。

ヤフー社員
今河さん

ヤフー社員
今河さん

今期は忙しくてあまり開催できませんでしたが、例年は飲み会もそこそこやってますね。
もちろん、個々で時間のあう者同士行ったり、案件ごとの打ち上げがあったりもします。

POINT

業務を通じて新たなWeb技術を学ぶことができる

ヤフーの業務ではデザインについて学ぶ機会が数多くあります。
部署内では、新しいツールやシステム等が導入されると、チーム全体で共有できるように勉強会が開催されることがよくありますね。
チームの中には、全社的なワーキンググループに参加されている方が何名かいて、その方々が自発的にファシリテーションとして、ワークショップを行うこともあります。
必要に応じてウェブスタッフの方にもワークショップに参加してもらうこともあります。 学ぶ場としては最適ですし、意欲のある方には非常に良い環境です。

\スキルを磨きたい方には最適!様々な業務を自ら学び、楽しめる方が向いています/
対談
システム統括本部のデザイン部に向いているタイプというならポジティブで主体性のある方です。
担当業務に対して、興味を持ち、自発的に調べたり、出来上がった先までイメージしたりしていこうとする方です。

特にシステム統括本部は、最新技術への試みも多く、意欲があれば、様々な可能性が広がる部署です。
内心ちょっとできないかもって思ったレベルの高い業務依頼がきても、前向きに「やってみたい」と思えるタイプであれば、学べる環境が整っているので、どんどんスキルアップできると思います。
スキルについては、ヤフー社内の中でおさまっている案件が多いため、新しい技術に取り組みやすいです。
SassやGulpはもちろんですが、最近だとReactやAngular、Vueなどのフロントエンドフレームワークも取り入れています。
最新技術をやってみたい方、興味がある方には幸せな環境です。
私も入社したときに、業務を聞いて、知識がついていかないと思ったのですが、自分で調べつつ、社内にいる大勢の優秀なエンジニアの方々にアドバイスをもらいながら、今では色々な技術を自分のものにできました。
テクニカル的なスキルはある程度は必要ですが、それ以上に大切だと思うのは、コミュニケーションスキルですね。

ヤフー社内の様々な職種の方と仕事を進めていただく機会が多く、社員がお客様となるため、関係性が近い中での案件になります。
必然的にコミュニケーションが必要な場面が出てきますので、人と交わるのが好きな方には楽しい職場です。
また、携わる案件も幅広くて、これまでもWebサイトページを作ったり、ヴィジュアル部分をデザインしたり、変わったものでは、壁にチョークアートを描いたり、ノベルティを発注したりと、多岐にわたります。
最新技術や様々な案件に携わりたい方はぜひ!お待ちしています。

インタビューは2018年11月から2019年1月に実施しております。記事中に登場する部門・役職名などは2019年1月時点のものとなります。

ヤフーの求人を見てみる

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ