Catch on to a trend

IT・Web業界のトレンド

IT/Web業界で求められる能力は?必要な資格一覧

IT/Web業界に求められる資格はさまざま

IT/Web業界にもさまざまな資格があります。ここでは業界の職種別にどのような資格があるのかを紹介し、そのなかでも特に注目の資格を取り上げていきます。自分の興味のある分野やスキルアップしたい分野を参照してみてください。

IT関連の資格一覧

IT関連資格には初心者向けの資格から合格率数%という難関試験までさまざまなものがあります。そのなかでも主要なものとして以下のような資格があります。
・ITパスポート
・基本情報処理技術者
・情報検定(J検)
・情報検索応用能力試験
・MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)
・ドットコムマスター

ITパスポートや基本情報処理技術者は情報系の基本的な知識を証明する資格で、IT関連の仕事に就いている人であれば必ず必要になってくる知識です。ただし、簡単というわけではなく基本情報処理技術者における合格率はおよそ20~30%程度で推移しています。また、1988年から情報処理能力認定試験として実施され、今に引き継がれている情報検定(J検)は情報業界では非常にポピュラーな試験として知られています。
情報検索応用能力試験は膨大な情報量のあるインターネット上から適切かつ必要な情報だけを抽出できる能力を証明するものです。情報社会の拡大とともに生まれた試験であるといえるでしょう。
このほかにも、MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)は開発やシステム管理などを行う人材に必要なスキルを証明するものとされて広まっています。さらに、2001年に誕生したドットコムマスターはIT業界で本当に必要なトレンドを加味した問題が出題されます。
参照:【日本の資格検定】IT・コンピュータ 資格・検定を探す

Webに関わる資格一覧

Web業界にかかわる資格としては以下のようなものがあります。
・Web検定
・IMA(Internet Marketing Analyst)検定
・ネットマーケティング検定

Web業界で働く人にとって認知度の高い資格にWeb検定があります。このWeb検定には4種類の資格試験に分けられており、それぞれに問われる内容が大きく異なります。4つのなかで基本に位置しているものがWebリテラシーです。Webリテラシーはその名の通りWeb業界で働く人にとって不可欠な知識が問われます。これは職業や職種を問わずWeb業界で働く人であれば、触れる可能性のある横断的な知識が試されます。
そして、Webリテラシーで試される内容をより専門的にしたのが「Webデザイン」「Webディレクション」「Webプロデュース」の3つです。Webデザインではデザインの基本であるビジュアルや色彩に関する知識のほか、Webデザイン特有の情報アーキテクチャに関する知識も試されます。WebディレクションではWebサイトの作成や運営などの業務に携わり、ディレクターやプロジェクトマネージャーとしての立ち位置で活躍できる人材であること証明するものです。Webプロデュースは前者2つと比べると若干抽象度の高い試験で、マーケティングや広告に携わる人にも役立つ資格になっています。このほか、IMA(Internet Marketing Analyst)検定やネットマーケティング検定はWebマーケティングに関する知識を証明するのに役立ちます。
参照:【Web検】4つの検定試験

デザイナーやクリエイターの資格一覧

Web業界で活躍するデザイナーやクリエイターに特化した資格としては以下のようなものがあります。
・Webデザイン技能検定
・Webデザイナー検定
・Illustratorクリエイター能力認定試験
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・CGクリエイター検定
・CGエンジニア検定
・マルチメディア検定
・DTPエキスパート

Webデザイン技能検定やWebデザイナー検定はWebデザインに関する横断的かつ基本的な知識を有していることを証明する資格として使われます。一方、Illustratorクリエイター能力認定試験やPhotoshopクリエイター能力認定試験、CGクリエイター検定などは特定のソフトや専門分野に特化した知識を有していることを証明するものです。 このほかにも、PC周辺機器に関する知識を試されるマルチメディア検定やDTP業務の専門的な知識が試されるDTPエキスパートなどもWebデザイナーとして持っておくと重宝する資格です。

プログラマーに必要な資格一覧

プログラマーの能力を証明する資格は、その言語ごとにさまざまな資格が存在しています。
・システムアーキテクト
・VBAエキスパート
・C言語プログラミング能力認定試験
・Javaプログラミング能力認定試験
・PHP技術者認定試験
・オラクルJava認定資格(OCJ)

システムアーキテクト試験はその名の通りシステムアーキテクトとして働くために必要な知識を備えているかどうかを証明するものです。
システム開発やプログラミング工程の大元である設計や企画などに携わるシステムアーキテクトはプログラマーの上級職として知られています。現在プログラマーとして働いており、今後のキャリアアップを目指していくためには役立つ資格でしょう。

また、VBAエキスパートやC言語・Javaプログラミング能力認定試験などもよく知られた試験です。
VBAエキスパートはExcelを使用したVBAとマクロのスキルが試される試験です。
一方、C言語やJavaなどの主要なプログラミング言語に特化して行われるプログラミング能力認定試験は対象の言語を実務レベルで使えるかどうかを証明する資格になります。
PHP技術者認定試験もPHPに特化したスキルを認定する試験で、WordPressなどに代表されるCMSが普及している現代においては非常に重要なスキルです。

最後にあげたオラクルJava認定資格(OCJ)は日本オラクルが実施している資格で、応用範囲の広いJavaのスキルを総合的に評価する試験です。
Javaの認定資格には日本オラクルが実施するもの以外にも、サーティファイが実施するJavaプログラミング能力認定試験があります。こちらの方は、C言語・Javaプログラミング能力認定試験などと同じものと考えればいいでしょう。
ただし、ここにあげたものはあくまでも一例であり、必要な言語や企業が求めるスキルによってはそれに見合った資格を取得する必要があるでしょう。

ここまで見てきたようにIT/Web業界だけでもかなりの数の資格があります。スキルを証明するための資格はたくさん持っているに越したことはありませんが、関心の高い資格をすべて取っていたら時間が足りません。自分の職種や業務を考え、将来必要になってくる可能性の高い資格を優先的に取得することが大切です。
キャリアアップのためにも、ぜひここで紹介した資格一覧を参考にしてみてください。

【未経験者向け】Web業界への転職準備セミナー

人気の記事

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

1

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

6

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

1

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

6

派遣求人を探す

正社員求人を探す

【未経験者向け】Web業界への転職準備セミナー 他社乗換キャンペーン 未経験からWeb業界への転職準備 派遣から無期雇用へ ご友人紹介 職種別ポートフォリオ作成

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ