Work guide

職種別お仕事ガイド

Nuxt.jsとは、Vue.jsを効果的に使うためのフレームワーク!導入のメリットは?【入門編】

2022.08.08

Nuxt.js(ナクスト・ジェイエス)は、Vue.jsをより使いやすくしたフレームワークです。

フロントエンド開発ではすでにVue.jsやReactが使われているのに、Nuxt.jsを使う必要があるのか、疑問に思われるエンジニアの方がいるかもしれません。しかし最近では、Nuxt.jsを使った開発が増えています。

多くのフレームワークの中からNuxt.jsの導入を考えるとき、他のフレームワークとの違いや関係性が分かると検討しやすいかもしれません。Nuxt.jsとはどのようなフレームワークなのか、なぜVue.jsを効果的につかえるのかを詳しく解説します。

イベントレポート
公開中

2022年1月に、株式会社ニジボックスのデベロップメント室室長であり、日本Node.jsユーザグループの代表も務められる古川陽介氏をお招きしたイベントの様子をご紹介!
2022年のフロントエンド技術トレンドを知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Nuxt.jsとは?

Nuxt.js

参照:Nuxt.js

Nuxt.jsは、Vue.jsがベースになっているJavaScriptフレームワークです。

フレームワークとは、開発に最低限必要な機能が最初から組み込まれている骨組みのことを指し、現在のアプリケーション開発ではフレームワークの知識が必須になっています。

Nuxt.jsは、Vue.jsをより使いやすくする機能を持っているため、開発効率の良さから、最近では多くのサービスの開発で採用されています。

例えば、文章や写真などを投稿して配信できる「note」や「新型コロナウイルス感染症対策サイト」などのサイトです。特に後者のような公的機関のサービスにNuxt.jsが採用されたことは、多くのエンジニアたちの間で話題になりました。実際にサイトへアクセスしてみると、Nuxt.jsの特徴である軽量で高速な動きを確認することができます。

2022年夏にNext.jsの新たなバージョンである「Nuxt3」が正式リリースされると、公式サイトで発表されました。Nuxt3はVue3やTypeScriptに対応するなど、これまでの安定版であったNuxt2よりもさらに使いやすくなっています。

なお、既存のNuxt2のプロジェクトにNuxt3の機能を利用したい場合には「Nuxt Bridge」を利用するという選択肢もあります。Nuxt BridgeはNuxt2と互換性があるので、Nuxt3への段階的なアップグレードが可能です。

(関連リンク:Vue.jsとは、どんなことができるフレームワーク?特徴と勉強方法をカンタン解説【入門編】

TypeScriptとの互換性

TypeScriptはJavaScriptを型宣言できるようにマイクロソフト社が開発した言語で、「.tsx」というファイルの拡張子が使われます。JavaScriptは、変数の宣言時に自動で型が決まる動的型付けなのに対して、TypeScriptはエンジニア自身が型を決める静的型付けの言語です。

JavaScriptの動的型付けはバグの温床になりやすいため、特に安全性や開発効率を重視されるチーム開発においては、TypeScriptが積極的に採用されています。最近では、Nuxt.jsとTypeScriptを組み合わせた開発も増えている状況です。

なおNuxt.jsにおいては、Nuxt2では手動でTypeScriptを導入する必要がありましたが、Nuxt3からTypeScriptが標準で導入されています。

Nuxt.jsと他のフレームワークとの関係

フロントエンド開発の現場で使われるJavaScriptフレームワークは、Nuxt.jsのほかにもあります。その中で、Nuxt.jsにはどのような特徴があるのでしょうか。Nuxt.jsのベースとなっているVue.jsとの関係や、名前の似ているNext.jsとの違いを解説します。

Vue.jsとの違い

Nuxt.jsのベースとなっているVue.jsは、部分的に導入できるView ライブラリです。Vue.js はサーバー機能を持っていないため、アプリケーション開発をする際にはサーバーライブラリを手動で導入する必要があります。Nuxt.jsはVue.jsが持っていないこれらの機能を有したアプリケーションフレームワークです。

Nuxt.js Vue.js
サーバ機能 ×
利用用途 アプリケーションフレームワーク Viewライブラリ
部分導入 ×

他にも、Vue.jsでは手動で設定する必要があるルーティングが、Nuxt.jsでは特定のディレクトリにファイルを追加するだけで自動的に設定されたり、アプリケーション全体の状態を管理できるストアを持っていたりします。

また、Vue.jsはクライアント側でレンダリングするSPA(Single Page Application)ですが、Nuxt.jsはサーバー側でレンダリングする SSR(Server Side Rendering)や、ビルド時にすべてのコンテンツを含んだ静的ファイルを生成するSSG(Static Site Genaration)も設定することができます。

Next.jsとの違い

Next.js(ネクスト・ジェイエス)は、ReactがベースになっているJavaScript フレームワークです。Vue.jsが持たない機能をNuxt.jsが最初から備えているように、Next.jsもReactが持たないサーバー機能やストアを使った状態管理、そしてルーティングの自動生成機能などが、最初から組み込まれた状態で開発を始めることができます。

Reactの人気にともなって、Next.jsも多くのサービスで採用されています。2021年9月に発足したデジタル庁のサイトは、当初 Nuxt.jsが採用されているSTUDOというノーコードツールによって作られていましたが、最近ヘッドレスCMS導入のための再構成が行われて、フロントエンドにNext.jsを、バックエンドにDrupalを採用したSSGに変わりました。

開発を担当した企業はNext.jsを採用した理由について、今後採用を検討しているSSRへの切り替えが簡単におこなえることと、Next-Dupalという開発ツールを使った効率の良い開発をおこなえることを挙げています。

(関連リンク:Next.jsとはReactベースのフレームワーク!Nuxt.jsとの違いや特徴は?【入門編】

(関連リンク:Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

Nuxt.jsを利用するメリット

Vue.jsよりも効率良く開発がおこなえるNuxt.jsには、どのようなメリットがあるのでしょうか。アプリケーション開発で採用するフレームワークを検討する際に役に立つ、3つのメリットをご紹介します。

チームでのアプリケーション開発に向いている

Nuxt.jsはアプリケーション開発のための環境を比較的簡単に構築することができます。アプリケーション開発に必要なサーバーやルーティングの設定などをVue.jsのように手動でおこなう必要がありません。

また、Nuxt.jsのルールに沿ったファイル構成やコードの書き方をすれば、常にコードの品質を保つことができます。これらのことが開発効率の向上に繋がるため、Nuxt.jsはチーム開発に向いているといえるでしょう。

静的サイトを作れる

Nuxt.jsはSSRができる、つまりサーバー側でレンダリングできるという最大の特徴を持っていますが、静的サイトも作ることも可能です。SSGモードでビルドをすると、API から取得したデータを含めた HTMLファイルを生成します。これらのファイルを Amazon S3VercelNetlifyなどのホスティングサービスにアップロードすることで、Web サイトが公開されるのです。

SSGはすべてのコンテンツが含まれた静的サイトのため、高速な表示を実現します。ただし、コンテンツの量が多いサイトではビルドに時間がかかったり、コンテンツを更新するたびにビルドが必要だったりします。

PWA に対応できる

Nuxt.jsにはPWA(Progressive Web Apps)に対応させることができる公式モジュールがあります。PWA対応にすると、PC やスマートフォンにインストールして使う、ネイティブアプリのように動作するWeb サイトを作成することができます。ホーム画面にアイコンを追加したり、プッシュ通知の機能を入れたりすることができるようになります。

Nuxt.jsの利用には、Node.jsのインストールが必要

通常、JavaScriptはブラウザでしか動かすことができません。JavaScriptをサーバー上で動かせるようにするためには、Node.jsで実行環境を構築する必要があるのです。

Nuxt.jsやNext.jsで開発を始める際には、必ずNode.jsをインストールします。ReactやVue.jsもサーバー側でレンダリングする SSR の場合には、同様の手順を踏むことになります。

Node.jsを使えばJavaScriptでバックエンド開発が可能

Node.jsがJavaScriptをサーバー上で動かせる実行環境だということは、つまり、JavaScriptでバックエンドの開発ができるようになるということです。バックエンド開発で使われる言語といえば、PHP や Ruby、Python などが挙げられますが、JavaScript を知っているフロントエンドエンジニアであれば、Node.jsを利用することでバックエンドも開発できるようになります。

なお、Nuxt.jsなどがフロントエンド向けのNode.jsライブラリ/フレームワークである一方、バックエンド向けとして人気があるNode.jsフレームワークはExpressです。Expressは、備わっている機能が他のフレームワークに比べて少ないのですが、その自由度の高さが評価されてバックエンドエンジニアに好まれているようです。

フロントエンドエンジニアもバックエンド開発がおこなえるようになると、API設計を含めた開発工程の全容を知ることができるので、フロントエンドエンジニアとしての知識がより深まるでしょう。

(関連リンク:Node.jsとは?サーバーサイドJavaScriptのメリットやできることを解説!

Nuxt.jsを使用するフロントエンジニア求人

期待を集める Nuxt.js の習得にチャレンジ!

JavaScriptフレームワークの中では特にReact が人気があります。Reactの利用者が多いことから、Vue.jsベースのフレームワークであるNuxt.js が使えるエンジニアはまだそれほど多くはありません。しかし、モダンな開発をおこなっている企業ではNuxt.jsが積極的に採用されていて、Nuxt.jsのスキルを持つエンジニアを求められています。

また、Nuxt3のリリースにより、Nuxt.jsがより利便性の高いフレームワークとしてさらに注目されていくでしょう。

Nuxt.js を使っていると、Vue.jsのスキルも身についていくので、これからVue.jsを学ぼうとしている人もNuxt.jsから始めてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール


あこさん

フロントエンドエンジニア兼Webライター
あこ さん

システム開発のフロントエンドとWebライティングを兼業しているフリーランサー。ゲーム業界でプログラマーとしてWindowsアプリの開発に従事した後、育児のために退職。専業主婦歴10年からIT企業への就職で社会復帰を果たし、システムエンジニアとして4年勤めたのちにフリーへ転身。2021年10月より「アートあこ」の屋号で「ものづくりエイター」として活動を開始し、週休3日のワークスタイルを実現。

※この記事の情報は2022年08月08日時点のものです。

  • ポートフォリオをブラッシュアップ!転職で評価されるポイントとは?
  • メタバースで変わる仕事や働き方~イチ押し本
  • 安定して仕事を獲得するために!フリーのエンジニアが振り返る、会社員時代の強みのつくり方 ~公開キャリアインタビュー「Web業界ハタラク名鑑」vol.5~ 動画公開
  • 未経験からWeb業界への転職準備

人気の記事

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

4

Webエンジニアの仕事内容と必要なスキルとは?転職活動のポイントやキャリアパスをご紹介

5

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

4

Webエンジニアの仕事内容と必要なスキルとは?転職活動のポイントやキャリアパスをご紹介

5

あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

他の職種も見る

  • Webデザイナー・UI/UXデザイナー

  • フロントエンドエンジニア・コーダー

  • Webディレクター・Webプロデューサー

  • Webマーケター

  • システムエンジニア・プログラマ

  • Webオペレーター・Webサイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookie等のデータを使用しています。当社が取得したアクセスデータとの関連付けの削除(オプトアウト)に関しては「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ