Work guide

職種別お仕事ガイド

【2022年最新】JavaScriptフレームワーク・ライブラリのトレンド7選!それぞれの特徴を徹底比較

2022.08.08

プロジェクト開発の効率化にはフレームワークが欠かせない

JavaScriptのフレームワーク・ライブラリは、今はもう至るところで利用され、より効率的にプロジェクトを進行するためには必要不可欠な存在となっています。

近年では、さまざまなフレームワーク・ライブラリが世に送り出され、あらゆるシーンでの利用が当たり前となっているのではないでしょうか。

Web系フロントエンドエンジニアからアプリ系のフロントエンドエンジニアまで、必須のスキルとなりつつあるフレームワークの活用技術や、ライブラリを駆使したUI・UXの向上を実現させる技術。こういった技術に遅れをとらないためにも、一度フレームワークとライブラリについて学んでおきましょう。

Career advice

Webエンジニア向け
転職・キャリア相談

自己分析のアドバイス、キャリアプランの提案、ポートフォリオ・書類の添削、求人探し・企業との交渉など、Webエンジニアの方の転職・キャリアアップを全面的にサポートします。

オンライン相談に申込む オンライン相談

JavaScriptのフレームワーク・ライブラリとは

そもそもフレームワークやライブラリとは何でしょうか?
フレームワークもライブラリも、Webを含むアプリケーションに既存の仕組みや機能を提供してくれるものです。開発者は複雑な機能をゼロから作成することなく、プロジェクトに導入することで開発効率が飛躍的に向上します。

正直な話、フレームワークとライブラリの違いを一言で紹介することは非常に困難です。そこで、各ワードについて詳しく説明します。

フレームワークとライブラリの違い

2つの違いをわかりやすく理解するためには、利用する場面をそれぞれ考えてみましょう。フレームワークはどういったもので「いつ」使うのか。ライブラリはどういったもので「いつ」使うのか。それを理解できると、開発時にどちらを使うべきかの判断がつきやすくなるはずです。

以下に、フレームワークを利用する場面とライブラリの利用場面を紹介します。 さっそく見ていきましょう。

フレームワークを利用する場面は?

フレームワークとは、英単語の「Framework」が示すように「枠組み」「骨組み」を意味します。枠組み・骨組みであるフレームワークは、特定のプログラミング言語においてはベースとなるプログラムパーツの骨格をなします。

つまり、フレームワーク自体は、“基礎となるパーツ・部品の寄せ集め” であり、自身のプロジェクトに使おうとする段階では「未完成な状態のアプリケーション」だといえます。

プロジェクトを完成品に仕上げるためには、フレームワーク内の各パーツ・機能・モジュールを拡張したり、改修したりする作業が必要です。

逆に言うと、アプリケーションを作る場合、モジュールや機能単位で、自分の意図する挙動やフローに正してしまえば、完成が見えてきます。一からコーディングをするよりも圧倒的に工数を削減することがすることができます。

このメリットを生かし、工数やコーディングの簡素化を図る場合にフレームワークを利用します。多くの企業で採用されるケースが多いことも特筆すべきでしょう。現在では、ゼロから作る、いわゆるフルスクラッチで開発するほうが圧倒的に少数派です。

ライブラリを利用する場面は?

ライブラリはフレームワークと混同されやすいですが別物です。(ただし、機能的な範疇が重複することもあるため、完全に異なるものと言い切れない点もあります。)

では、先ほどと同様に英単語の意味を追ってみましょう。ライブラリは「library」と表すことができます。直訳すると「図書館」「コレクション」ですね。間違ってはいませんが、「program library」という英語を用いるとさらに分かりやすくなります。

このプログラムライブラリとは、「プログラムまたはその一部分、および場合によってはそれらの利用に関する情報の情報化された集まり. (引用: https://ejje.weblio.jp/content/program+library )」という意味です。余計分からなくなりそうですが、簡単に言えば、プロジェクトに欠けている機能を補填するために、ライブラリを使うということですね。

開発に使用するメリット

フレームワークとライブラリを何となくつかんでいただけたでしょうか。
違いはあれど、2つに共通していることは、「工数の大幅な削減と効率化」だといえるでしょう。

フレームワークはアプリケーション、Webサイトの土台を用意してくれるため、ベースとなるシステムや機能をゼロから構築する必要がほぼないに等しく、たった数行のソースコード(フレームワーク側で提供してくれている関数やメソッドのみ)で、整ったサイトやアプリができてしまうのです。

非常に効率的で作業工数もゴリゴリの開発から手を離れることができ、改修や修正作業に全力を尽くすことが可能になります。

ライブラリも同様で、フレームワークだけでは実現に時間がかかる場合に、自分の好みやプロジェクトの適正に合わせて、欲しい部分だけをシンプルなコードで実装することができます。

フレームワークもライブラリもインストールやプロジェクトに読み込むだけで、開発の手間が大幅に削減されます。

2022年に注目のJavaScriptフレームワーク・ライブラリ

React

ReactはFacebookのMeta(旧Facebook)によって開発が続けられているJavaScriptのフレームワークです。フロントエンドに向けて構想されているため、既存のシステムからの移行はかなり難しい部類に入ります。

JavaScriptを使うフロントエンドエンジニアであれば、一度は触れておきたいフレームワークです。以下、Googleトレンドの動向を見てみると右肩上がりに伸びているのが分かります。

GoogleトレンドによるJavaScriptフレームワークのデータ

※2Googleトレンドより(2022/08/01現在)

(関連記事:Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!))

React Native

React Nativeは、Reactによるデバイスアプリケーション用のフレームワークです。ネイティブアプリケーション(スマホアプリ、Windowsアプリなど)をJavaScriptを用いて開発することができます。

クロスプラットフォームに対応しているため、OSの垣根を越えてスマホアプリが作成できます。つまり、Objctive-CやJAVAを習得する必要が限りなく少なくなり、JavaScriptを熟知していれば、AndroidアプリもiPhoneアプリもWindowsアプリも作ることが可能ということです。

Webのフロントエンドエンジニアとは接点が少ないように思われますが、React Nativeを扱うフロントエンドエンジニアの求人は結構あります。

Googleのサジェストに「React Native オワコン」というサジェストが出てきますが、実際はJavaScriptでアプリが作れるという観点から、幅広く利用されています。TypeScriptも対応していますので、好みと状況に合ったコーディングが可能です。

Next.js

Reactをベースにしたフロントエンドフレームワークです。 Reactとの大きな違いは、ブラウザ上のレンダリングのタイミングを任意に指定できるという点です。詳しくは別途記事をまとめておりますのでそちらを参照ください。

また、画像処理周りに優れていて、自動トリミング等を実施するため初期表示が他のフレームワークよりも早いことが特徴です。

(関連記事:Next.jsとはReactベースのフレームワーク!Nuxt.jsとの違いや特徴は?【入門編】))

Vue.js

比較的習得が容易といわれるVue.jsもフレームワークに分類されます。
日本語のドキュメントが非常に豊富で、英語が苦手でも疑問が解決しやすい点が特筆すべきでしょう。 Vue.js日本ユーザーグループによるサポートも大きな利点です。

(関連記事:Vue.jsとは、どんなことができるフレームワーク?特徴と勉強方法をカンタン解説【入門編】))

Nuxt.js

Vue.jsをベースにしたフロンドエンドフレームワークです。
SPA(シングルページアプリケーション)が利用できるため、ページ遷移不要でコンテンツ表示を入れ替えることができます。これによって非常に高速なページ閲覧が可能になります。

(関連記事:Nuxt.jsとは、Vue.jsを効果的に使うためのフレームワーク!導入のメリットは?【入門編】))

jQuery

現在のWeb業界は、jQueryなしでは語れないほど、当時革新的だったDOM操作用のJavaScriptライブラリ。知らない人はいないのではないでしょうか。

最新のトレンドとしては「脱jQuery」としてほかの高速なライブラリへ移行する企業が目立ち始めているのも現状です。

しかしながら通信速度の向上や5Gが普及し始めていることもあり、今のところ目立った速度の遅延は露呈しておらず、継続してjQueryを採用し続ける企業は多く存在します。

(関連記事:jQueryとは終わった技術なのか?代わりに学ぶべきJavaScriptのフレームワークとは?))

AngularJS

公式サポートが終了し、今後は新規案件ではほとんど採用されないと考えられます。AngularJSから別のフレームワークに移行する波が来ているので、AngularJS経験者は今が転職や案件獲得のチャンスではないでしょうか。AnglarJSともう一つ新フレームワークが使いこなせれば、非常に重宝される人材となることが可能です。

各フレームワークとライブラリの簡易比較表

開発元 難易度 主な特徴
React Meta 日本語資料がやや乏しく習得しにくい Webアプリケーションの構築に多く用いられる
React Native Meta 日本語資料がやや乏しく習得しにくい ネイティブアプリケーションの構築に用いられる
Vue.js Evan You 低難度 SPA(*1)が利用可能なため高速処理が可能
jQuery jQueryチーム 最低難度 DOM操作用ライブラリ
AngularJS Google
(サポート終了)
高難度 難解さがあるが、できる処理が多い
Next.js Vercel 中難度 処理が軽快
Nuxt.js Alexandre Chopin,
Sebastien Chopin,
Pooya Parsa
日本語資料がやや乏しく習得しにくい SPA(*1)が利用可能なため高速処理が可能

エンジニア転職におけるフレームワークのスキルの必要性

JavaScriptをゼロからフルスクラッチで書くスキルと、フレームワークを使ったプログラミングのスキルには、大きな違いがあります。フレームワークを用いるには、そのフレームワークの書式や作法に則ったプログラムが必要になりますし、何よりフレームワーク独自の関数・メソッドを知らなくては何も作れません。

言い換えれば、「JavaScriiptができます!」と「Reactができ来ます!」はほとんど別次元の話になるということです。

フレームワークが使えることで関わることができるプロジェクトの幅が飛躍的に広がるため、エンジニア転職やフリーランスの新規案件獲得のためには、いまや欠かせないスキルのひとつとなりつつあります。

この機会にぜひフレームワークに(できれば複数)挑戦してみてください。

吉村 健一さん

フルスタックエンジニア兼Webライター

吉村 健一さん

実際にフロントエンド開発の現場で働いていると、フレームワークを使わない案件が日に日に減っているように感じます。というのも開発コストを考えると企業側はライセンスフリーのある程度でき上がったフレームワークを改修していくのが断然安価になるためです。

フレームワークのスキルはエンジニアに欠かせないものとなりつつあります。JavaScriptに理解のある皆さんは、是非独学でも良いのでフレームワークを触って、実感してみてください。実際、私もReactは独学でいつでも使えるように準備しています。

フレームワークとライブラリで楽々スキルアップ!?

フレームワークやライブラリを駆使することで、自分のスキルの幅を効率的に広めることができますね。世の中にはたくさんのフレームワークがあります。しかも無償で利用できるものがほとんどなので利用しない手はないです。

フルスクラッチやゼロベースでJavaScriptが書けることはもちろん大事ですが、それ以上に「お金を稼ぐ」ためには、フレームワーク・ライブラリを使い、自分になるべく負担のかからない選択をするのが近道です。

経験はすべてが有益なものですので、無駄なことなど一つもないと信じて、新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。きっと新しい職場や仕事に出会えるはずです。

「良い意味で」楽をしてスキルアップできるように既存のモジュールを拝借して、素敵なアプリケーションを完成させていきましょう。

ライタープロフィール


吉村健一さん

フルスタックエンジニア
吉村健一 さん

文系大学を卒業後、新卒としてシステム開発会社に入社。研修やOJTを受け、現在の土台となるスキルを身につける。JAVA、PHPをメイン業務として遂行していたが、激務から体を壊しフロントエンドエンジニアに転身。最も好きなプログラムはJavaScript。フロントエンド、バックエンド共に経験している自称動物大好きフルスタックエンジニア。

QooTechWEB

※この記事の情報は2022年08月08日時点のものです。

  • ポートフォリオをブラッシュアップ!転職で評価されるポイントとは?
  • メタバースで変わる仕事や働き方~イチ押し本
  • 安定して仕事を獲得するために!フリーのエンジニアが振り返る、会社員時代の強みのつくり方 ~公開キャリアインタビュー「Web業界ハタラク名鑑」vol.5~ 動画公開
  • 未経験からWeb業界への転職準備

人気の記事

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

4

Webエンジニアの仕事内容と必要なスキルとは?転職活動のポイントやキャリアパスをご紹介

5

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

4

Webエンジニアの仕事内容と必要なスキルとは?転職活動のポイントやキャリアパスをご紹介

5

あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

他の職種も見る

  • Webデザイナー・UI/UXデザイナー

  • フロントエンドエンジニア・コーダー

  • Webディレクター・Webプロデューサー

  • Webマーケター

  • システムエンジニア・プログラマ

  • Webオペレーター・Webサイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookie等のデータを使用しています。当社が取得したアクセスデータとの関連付けの削除(オプトアウト)に関しては「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ