Catch on to a trend

IT・Web業界のトレンド

面接に取り入れたい!相手を惹きつけるプレゼンの手法~イチ押し本『伝わるプレゼンの法則100』

2021.09.29

相手に伝わる工夫を取り入れて、面接を成功させよう!

採用選考において、多くの企業は面接を重視します。しかし面接で、自分の言いたかったことが相手にうまく伝わらなかったという方もいるのではないでしょうか。どんなにあなたのスキルが優れていても、そのことが相手にうまく伝わらなかったら、採用につながらないことも。

そこで「伝えるテクニック」を学べる1冊を超要約でご紹介します。普段から身につけておけば、面接など緊張する場面でも使えるので、ぜひ参考にしてください。

相手を惹きつける「伝えるテクニック」を身につけよう

伝わるプレゼンの法則100

吉藤 智広 × 渋谷 雄大著

出版社:大和書房(2019/6/23)

面接で緊張して、うまく自己PR出来なかった経験はありませんか?そんなときにおすすめなのが、プレゼンの手法を取り入れること。

なぜプレゼン?と思われるかもしれませんが、面接は「自分を採用してほしい」と相手に自分を売り込むことです。でも、自分のスキルを伝えるだけでは、相手の心は動かず、プレゼン(面接)は失敗してしまいます。

著者は「伝える工夫は、現代社会で最も実践的なスキル」と言います。面接以外でも、何かを提案するときに、プレゼンの手法を取り入れてみませんか。

面接やプレゼンで使える、伝え方3選を本から抜粋してお伝えします。

ポイント1.ワクワクして、次の行動を起こしてもらう

面接の自己PRは、自分の実績や志望動機を伝えることで精いっぱいになりがちです。しかし、面接のゴールは情報を伝えることではなく、採用してもらうこと。著者が考える「理想のプレゼン3要素」はこちらです。

1.話を聞くとワクワクする
2.行動を起こしたくなる
3.誰かに伝えたくなる

「一緒に働いたら、よい化学反応が起きそうだな」と、相手の心を動かして、「よし、採用しよう」と前向きに検討してもらうことが大事です。

ポイント2.第三者を登場させて、説得力をつける

著者は「上手いプレゼンには、プレゼンター以外の人物が登場する」と考えています。

たとえば、「何事も最後までがんばりました」と言うより「あなたは何事もやり遂げる人だから安心してプロジェクトを任せられる、と評価していただきました。」と言った方が、説得力があります。

さらに「後輩から、質問しやすいと言われて頼られることが多かったです」など、複数人の視点が出てくると、全体にメリハリが生まれます。他者の視線が入ることで、採用担当者はあなたのことをより理解できます。

ポイント3.箇条書きをやめて、ブロックとアイコンで印象に残す

面接時にポートフォリオや、経歴をまとめた資料を作る人もいるでしょう。資料作成時に気を付けたいのが、よく使ってしまう箇条書き。

相手の印象に残すためには、ブロックにするのがおすすめです。通常の箇条書きを、効果的な見せ方にする3ステップをご紹介します。普段のサイト制作のデザインにも使えますよ。

通常の箇条書きは、印象に残りにくい

  • ・契約期間中には10件の新規構築サイトに携わりました
  • ・手掛けたサイトで売上150%アップを達成しました
  • ・チームメンバー5名のリーダーとしてチームを取りまとめました
  • ・実績が認められ、昨年には社長賞を獲得しました

ステップ1.強調したい箇所に下線を引く

  • ・契約期間中には10件の新規構築サイトに携わりました
  • ・手掛けたサイトで売上150%アップを達成しました
  • チームメンバー5名のリーダーとしてチームを取りまとめました
  • ・実績が認められ、昨年には社長賞を獲得しました

ステップ2.箇条書きをブロックにする


箇条書きをブロック

箇条書きをブロック

ステップ3.数字を大きく表示したり、アイコンを追加して、より効果的に見せる


アイコンを追加

箇条書きをブロック

そもそも、自分が考えていることを箇条書きにするのが難しい場合は、どうすればいいのでしょうか?著者は「一度長い文章を書いた上で、強調したいところに下線を引いてみましょう。」と言います。最初から無理に箇条書きを考えたり、短い文章を書いたりするではなく、一つ一つプロセスを踏む方が、効果的な見せ方に近づくようです。

アイコンタクトで相手に安心感を

面接でも、プレゼンでも、相手の目を見るのが怖くて、下を向いたり、資料を読むだけになっていませんか?アイコンタクトは相手に安心感を与えます。また、相手の反応を確認して、話すリズムや声の大きさを変えるなど、臨機応変に対応するといいですね。

この本には他にも、話してる途中で言葉に詰まって「えー」「あー」と言ってしまうときの対処法など、すぐに実践できる伝えるテクニックが載っています。

伝わるプレゼンの法則100

吉藤 智広 × 渋谷 雄大著

出版社:大和書房(2019/6/23)

Career advice

転職のアレコレをプロに相談!
キャリアアドバイス

「今のままで本当にいいのか」と漠然とした不安や焦りをお持ちの方も、ウェブスタッフにお気軽にご相談ください。あなたの今のスキルやキャリアに対する心配ごとなどをお聞きして、将来を見据えたキャリアアドバイスを行います。

お申込みはこちら


明日から使えるロジカル・コミュニケーション~イチ押し本「ロジカル・シンキング練習帳」vol.1

好印象を残す、言葉の使い方~イチ押し本「ロジカル・シンキング練習帳」vol.2

論理思考の鍛え方~イチ押し本「ビジネスと経営のためのロジカルシンキングとしての弁証法・認識論」

  • 今のままでは未来はない?エンジニアとしてのキャリアを見直したい!
  • VRゴーグルなしでも参加できる!バーチャルコミュニケーションを体験しながら、メタバースの基本を知る
  • アバターで参加!メタバースで気軽にキャリア相談
  • 未経験からWeb業界への転職準備

人気の記事

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

Webエンジニアの仕事内容と必要なスキルとは?転職活動のポイントやキャリアパスをご紹介

4

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

5

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

Webエンジニアの仕事内容と必要なスキルとは?転職活動のポイントやキャリアパスをご紹介

4

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

5

あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookie等のデータを使用しています。当社が取得したアクセスデータとの関連付けの削除(オプトアウト)に関しては「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ