Catch on to a trend

IT・Web業界のトレンド

こうすれば通る!あなたの提案~イチ押し本『ロジカル・プレゼンテーション』

2021.08.30

周囲を納得させるには?提案のポイントを知ろう

業務においてやりたいことを実現するためには、周囲に納得してもらうことが重要。提案の仕方を工夫すれば、自分の意見を相手に理解してもらいやすくなります。

そこで、自分のプランやアイデアを通すために必要な提案力アップの方法を学べる1冊を超要約でご紹介します。日々の小さなことでもプレゼンだと思って、トレーニングしてみてくださいね。

Webクリエーターも身に付けたい、提案力

デザイナーやエンジニアの方が、プレゼンテーションと聞くと「自分には関係ないな」と思うかもしれません。しかし、クライアントにサイトのリニューアルを勧めることだけが、プレゼンではありません。

プレゼンとは、自分のやりたいことを説明し、相手に理解してもらう技術。つまり、提案です。そう考えれば、普段の仕事の効率化や人間関係にも大いに役立ちそうです。

部下に「この資料はこうした方が見やすくなる」とアドバイスするのも、会社に「この技術を取り入れたい」「ウォーターサーバーがほしい」と言うのも、実は提案。

でも、現実には著者が「がんばって通さないと通らないのが提案」と言うほど、難しいもの。提案する内容(メリット、リスク、コスト、ゴール、条件など)を考えて、なおかつ具体的にどう話したらいいのか悩んだときに、役立つのがこの本です。

提案力アップのために、知っておきたい5つのことを本から抜粋してお伝えします。

ポイント1.納得しないのは「本当にそうなの?」「それだけなの?」の2つだけ

上司に提案しても反応が今一つだったり、部下にアドバイスしたら逆に反論されたことはありませんか?著者は「相手が納得できない理由は、以下の2つだけ」だと考えています。
・「本当にそうなの?」
・「それだけなの?」

「本当にそうなの?」は相手にとっては説明が論理的でなく話が飛んでる状態、「それだけなの?」は説明が不足している状態。
どんな相手にも納得してもらうためには、この2つを意識することが大事です。

ポイント2.因果関係を説明して「本当にそうなの?」に答える

たとえば、20代の女性向けのサイトデザインをしたとき、「ピンクを中心にした可愛いデザインにしました」とすると「少し幼い感じがするのでは?」と聞かれることがあります。これが、「本当にそうなの?」となる場合。

そう思われた理由を聞いて、なぜその色にしたのか、なぜ可愛いデザインにしたのかを詳しく説明する必要があります。

「こうだから、こう」「こうなったら、こうなる」という因果関係を説明できれば、相手も納得します。

ポイント3.「それだけなの?」と言われないために、相手の視点を知る

誰から見ても、全体の説明が十分にカバーされていて、漏れもダブりもなければ、「それだけなの?」とはなりません。

全体がカバーされているかどうかは、話す相手によって変わります。「トレンドの技術を取り入れたい。」と言っても、経営的視点に立てば、利益はあるの?他社との差別化になる?となり、一緒に作業する他のメンバーからは、納期は間に合うの?となります。

社内でも立場によって、メリットやデメリットは違います。さらに、クライアントの業界が違えば、視点が全く異なることも。それぞれの理解の基礎となる、バックグラウンドが違うのです。提案しても相手がピンと来てない場合、どの視点が足りてないか考えると、自分の提案が通りやすくなります。

ポイント4.「へりくつ」に要注意!

著者は「主張が論理的に正しいからといって、相手が納得するとは限らない。納得しない理屈を必死で反論しても、相手にはへりくつに聞こえる」と言います。また、求められてないのに、くどくど説明した時も、へりくつをこねていると思われたり、嫌みに受け取られ、かえって失礼になることも。

提案するときには、相手がどのくらい理解しているか気にしながら、相手の理解に沿った説明していくことが大事です。自分の論理を押し付けないように気を付けたいですね。

ポイント5.うまく話すために「情報を捨てる勇気」を持つ

いざ提案しようとしても、うまく話せないのは、そもそも自分が何を話すべきか分かってないのかもしれません。全部分かってもらおうと長く説明しなくても、ポイントさえ押さえていれば、短くても相手に伝わります。

要点を押さえて伝えるためには「情報を捨てる勇気」が必要。どの情報を捨てるべきか分からないときは、自分の提案に自信がないときです。自分の頭を整理するためにも、資料を作ってみるといいですよ。

立場によって変わる、必要な提案力

提案力と一口に言っても、経験年数や立場によって必要な能力が変わります。 若手のときは、周囲に理路整然と伝えるための提案力が必要で、中堅になるとクライアントや他部署との交渉で提案力が必要です。

提案力がある人は自分の思い通りに事を進めることができ、提案力がない人は他人に押し切られて自分の意見が通らず、結果として損をすることも。しかし、普通は通らないのが提案。

この本は、どうすれば自分の提案が相手に届くのか、考え方や伝え方のノウハウが詰まっています。

Career advice

転職のアレコレをプロに相談!
キャリアアドバイス

「今のままで本当にいいのか」と漠然とした不安や焦りをお持ちの方も、ウェブスタッフにお気軽にご相談ください。あなたの今のスキルやキャリアに対する心配ごとなどをお聞きして、将来を見据えたキャリアアドバイスを行います。

オンライン相談(無料)に申込む オンライン相談
  • クリエイターのリアルな声が聞けるPodcast
  • 安定して仕事を獲得するために!フリーのエンジニアが振り返る、会社員時代の強みのつくり方 ~公開キャリアインタビュー「Web業界ハタラク名鑑」vol.5~ 動画公開
  • 『UIデザイン必携』著者 原田秀司さんに聞く、認知特性にもとづく“使いやすさ”のデザイン
  • 未経験からWeb業界への転職準備

人気の記事

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

4

【2022年最新】IT業界の今後の動向は?トレンド技術の将来性と課題をカンタン解説!

5

フロントエンドとバックエンドとは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

2

UI/UXとはどういう意味?それぞれの違いと特徴まとめ

3

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

4

【2022年最新】IT業界の今後の動向は?トレンド技術の将来性と課題をカンタン解説!

5

あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookie等のデータを使用しています。当社が取得したアクセスデータとの関連付けの削除(オプトアウト)に関しては「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ