How to

転職活動の準備~入社まで

転職の活動期間はどれくらい?活動の流れや期間の目安

転職期間が短くなるかはやり方次第!

転職活動をするとき、どのぐらい期間がかかるのか、気になる人は多いでしょう。転職活動は半年以内に終わらせるのが望ましいといわれているので、効率性が重要になります。ここでは、転職活動にかかる期間について詳しく解説していきます。

転職活動にかかる期間の目安

転職活動にかけるトータルの期間は3~6ヶ月以内を目指しましょう。
まず、最初に実施することは転職の方向性を決めることです。自分のキャリアを棚卸しして「転職の理由・目的」を明確にします。この作業は就活における土台となりますので、ある程度は時間をかけて取り組んでください。期間の目安は約2週間から長くて1ヶ月程度です。

方向性が決まったら、条件に合う企業への応募を開始します。求人情報は小まめにチェックし、気になる企業があれば、まとめて応募しましょう。中途採用の場合、選考がスムーズに進めば1ヶ月もかからず内定が取れることもありますが、企業によっては複数回面接を行うこともあるので、一概にはいえません。なかには1年かかっても転職できない人もいます。応募から内定までに要する期間は2ヶ月程度を目指したいところです。

内定が出た後は、内定の承諾、および現職の引き継ぎ作業を行います。内定の返答連絡は2~3日以内に行ってください。また、現職への退職交渉も平行して進める必要があります。退職交渉や引き継ぎ作業は1~2カ月程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。
ここで紹介したパターンはあくまで一般例です。転職にかかる期間は個人差があり、置かれている環境や行動力によって異なることに注意してください。

転職の活動期間に個人差があるのはなぜ?

転職活動は効率よく応募をしなければ、ずるずると長くなってしまいます。計画的にものごとを進める能力次第で就活の期間は大きく変わってくるといえるでしょう。
こちら側が効率よくしているつもりでも、企業側の都合で時間がかかる可能性はあります。1次面接や2次面接を受けて結果が出るには平均1週間は待つことが必要です。この程度であれば、そこまで問題ではないかもしれません。

しかし、面接と同時に適正検査を実施していたときや、グループ選考など大勢で面接をした場合は結果連絡に2週間以上かかることもあります。そのほかにも、合格ラインギリギリのため選考に手間取ったり、人事部に採用活動以外の業務が立て込んだりした影響で結果がなかなか出ないこともあります。待ちきれないようであれば、1週間程度経過した時点で選考結果の状況を確認してみても良いでしょう。

退職作業に時間を取られ就職活動が長引くケースもよくある話です。転職活動は内定を取りさえすれば、それでOKというものではありません。現職の会社に納得してもらい、円満退職してこそ、次の会社で気持ちの良いスタートが切れます。そのためには仕事の引き継ぎをしっかりすることはもちろん、繁忙期の退職はできるだけ避けるなど、会社側の都合を配慮することが大切です。

転職活動は在職中と退職後どちらにすべきか

「退職後」と「在職中」、就職活動に適しているのはどちらなのでしょうか。

退職してからであれば、時間的余裕はたっぷりあるので、多くの企業に応募することができます。新規事業の案件やベンチャー系企業では即戦力を求める傾向にあるため、すぐに入社が可能な離職者は有利になるでしょう。しかし、退職後の場合は就職活動中、お金が減る一方になります。内定をもらうまでは不安を抱え続けなくてはなりません。また、面接では「退職後は何をしていたか」と尋ねられることも多いため、ブランクが開くほど就活が不利な展開になっていきます。

在職中に転職活動をする場合は収入の安定が見込めますが、時間を作るのが難しくなります。次の会社が見つかっても、引きとめ工作に合うリスクがあるでしょう。退職手続きがスムーズに行かないことが原因で入社日程の都合が合わず、転職の話が立ち消えたケースも時折耳にします。「退職後」であっても「在職中」でも、どちらにもメリット、デメリットがあるのです。自分の置かれている状況や希望を考慮して適した方を選ぶようにしましょう。

転職の活動期間を長引かせないためのコツ

転職活動を早く終わらせるためのポイントは3つあります。

1つ目は「転職エージェントの利用」です。就職活動のプロがマンツーマンでサポートしてくれるだけでなく、求人探しや面接の日程調整なども自分の代わりに行ってくれます。面接先の情報を事前に得ることができるのもメリットです。複数のエージェントに登録しておけば転職活動の効率は上がることでしょう。Web業界での転職を目指すならIT・Web業界に特化したエージェントを選ぶのがおすすめです。

2つ目は「複数社に並行して応募すること」です。興味がある企業を見つけたら、可能な限りたくさんリストアップしてください。複数応募することで比較検討もできますので、より良い転職先を見つけやすくなります。自分のキャパシティ以上の応募は禁物ですが、「1社応募して不採用なら次」というやり方だと転職活動が長期化するリスクがあるので気をつけましょう。

3つ目は「引き継ぎ作業の事前準備」です。退職に時間のかかる理由として最も多いといわれているのが、業務の引き継ぎです。日ごろから自分の作業を周りに横展開しておくと、引き継ぎの手間が省けます。また、担当業務のマニュアルを作っておけばいざ退職となってもスムーズにいきやすいです。

転職活動は、やるべきことが多いので、なかなか計画通りに進まないこともあるでしょう。しかし、今回紹介した「転職活動を長引かせないコツ」を実践すれば期間の短縮はできます。
少しでも早く転職活動を終わらせて、次のステップに進めるようにしましょう。

他の「転職活動の準備~入社まで - 転職活動の準備」も見る!

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ