How to

転職活動の準備~入社まで

転職のきっかけは何?ベストな転職時期とタイミング

2018.09.04

転職を成功させるためのベストなタイミングとは?

Web業界は比較的転職をする人が多い業界といわれています。Webクリエイターやエンジニアはどのようなきっかけで転職を考えるようになるのでしょうか。
ここでは、転職が成功するためのベストなタイミングや時期などについて解説します。

転職のきっかけは?よくある転職理由

Webクリエイター・エンジニアの転職理由として最もよく聞こえてくるのは待遇に関する不満です。
自分のスキルにあった給与をもらえていないと感じた時点で仕事に対するモチベーションが下がる人が多いようです。専門的でハイレベルな作業をしていても、上司にIT・Webの知識がなければ、その価値が外部からは見えにくくなることがあります。正当な評価をしてもらえない環境では、やる気を失うのも当然と言えるでしょう。

また、キャリアアップのための転職もよくあるケースです。コーダーを専門にやっていた人がWebディレクターになるなど職種的なランクアップだけでなく、中小企業から大手企業への移籍も一種のキャリアアップと言えるでしょう。

Web業界では技術の変化が激しく、少し前まで主流だった技術がいつの間にか時代遅れになっていることも珍しくありません。市場の変化についていける会社への転職を望むWebクリエイター・エンジニアは多い傾向です。仕事に特に不満は無くても人間関係に悩み転職を決断する人もいます。プログラムがよくわかっていない上司からパワハラを受けたり、コミュニケーション能力が低いメンバーに囲まれたプロジェクトを経験したりすると嫌気がさしてしまうものです。
技術者の仕事への理解が深く、しっかりとフォローしてもらえる会社に勤めるのが精神衛生上好ましいと言えるでしょう。

早まってはダメ!転職活動の前に考えたいこととは?

転職活動をする前に現職でできそうなことを今一度見直すのも大切なことです。

たとえば、人間関係に悩んで転職を考えている人は、自分の接し方や対応の仕方を変えることで状況を改善できないかどうかよく検討してみてください。やりがいのある仕事に就けているのであれば、多少人間関係が悪くても、時には我慢したほうが良いこともあります。
仕事を辞めて新しい職場に入ったときに、以前の職場の良さに気が付くというのは避けたいところです。待遇に不満を感じた場合は、ほかの会社に行けば評価されるのかどうかを客観的な視点で分析してみてください。一人だけで考えるのではなく、周りの人の意見を聞くのも良いでしょう。人間関係や待遇の不満などネガティブな理由だけで転職先の面接に臨むと「入社してもまた同じことを言い出すのではないか」と思われる可能性があります。

負の感情にとらわれ勢いだけで退職するのではなく、転職して何を目指すのかを明確にしておきましょう。仕事内容が合わないのか、休みがもっと欲しいのか、要望は人それぞれです。転職理由をはっきりさせることで志望する企業を絞ることができます。

転職を成功させるためのベストな転職時期とは

3月や4月はほとんどの企業が新卒採用をしますし、退職者も多いため求人が大幅に増えます。
新卒採用後は研修や教育などで人事部が多忙になるため、中途採用者もこの時期に採用されるケースがよく見られます。新卒と中途採用のタイミングに合わせることで企業側の採用計画をスムーズにする狙いがあるのでしょう。この傾向は職種別に違いはないのでWebエンジニアにも当てはまる話です。

上半期が終了し、第3クォーターが開始される9月や10月も採用が増える時期です。
年度の途中から開始される新規プロジェクトなどの人材確保が必要になるからです。Web業界では繁忙期・閑散期の波がどこの会社も近いタイミングで訪れるのが特徴です。仕事の忙しさが一段落してから転職活動をしようとすると、どこの会社も閑散期になってしまい採用されるのが難しくなることもあるので注意しましょう。

ただし、IT・Web業界であれば比較的通年で募集している企業もあるため、Web業界で転職したいのであれば日ごろから準備を進め、チャンスがあれば即転職を実行できる状況を作っておくことがポイントになります。年末も翌年に向けた求人が多くなるので転職時期には意外と向いています。
ただし、年末は企業も忙しいですのでスケジュール管理をしっかりと行い、転職のタイミングはしっかりと見計らうようにしましょう。

転職を成功させるためのベストなタイミングとは?

転職のタイミングは自分の年齢も考慮して検討しましょう。
どこの企業も基本的には年齢が若い20代の社員を採りたいと考えています。若年層のほうが会社にあった教育がしやすいためです。Web業界での経験が無い場合でも20代のあいだであれば十分にチャンスはあると言えるでしょう。

ある程度の経験を積み、キャリアアップを目的とした転職であれば30代以上でも問題はありません。スキルや資格、参画したプロジェクトなどを棚卸しして、自分の実績をしっかりとアピールできるようにしておきましょう。勤続年数は短いよりも長いほうが転職先から信頼されやすくなります。できれば3年以上の勤続年数は欲しいところですね。

転職のタイミングは運もありますが、できるだけ良い時期を選ぶ周到さも必要です。求人が増える時期を理解し、自分の仕事が多忙な時期でもチャンスは常にうかがいましょう。

本格的に転職活動を始める際の注意点として、転職先の残業代の規定にはしっかりと目を通しておきましょう。
例えば、ネットワークエンジニアという仕事はタスク型式が一般的であるため、残業が多くなりがちです。そのため、残業代をしっかりと出してくれる企業を選ばないと時給換算をしたときにとても低賃金で働くことになってしまいかねません。中小企業などの場合には残業代の規定が明確になっていない企業も多くあります。

基本給が高いからといって安易に飛びつかず、転職先を探す際には注意深く見ておくようにしましょう。

キャリアプランニングサービス

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

4

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

5

Webデザイナーのお仕事

6

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

4

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

5

Webデザイナーのお仕事

6

キャリアプランニングサービス 未経験からWeb業界への転職準備 ご友人紹介 派遣から無期雇用へ トモ得 職種別ポートフォリオ作成

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ