Work guide

職種別お仕事ガイド

ネットワークエンジニアを目指す!必要な勉強の方法を紹介

勉強を徹底してネットワークエンジニアを目指そう

IT化が進む現代において、ネットワークエンジニアは必要不可欠な仕事といえます。ネットワークエンジニアになるには、幅広く専門的な知識が必要だといわれていますが、一体どのような勉強をすれば良いのか、頭を悩ませる人もいるでしょう。ここでは、ネットワークエンジニアを目指すために、必要な勉強の方法を紹介します。

まずは初心者向けの本で勉強!

ネットワークエンジニアの業務は、主に設計と構築、それから運用と監視の4つに大きく分けられます。ネットワークエンジニアは仕組みを1から作ることはもちろん、メンテナンスを行うなど、地道に管理を行うことが重要になる仕事です。これらの業務を円滑に行うためには、コンピュータの基本設計や電子通信、それに加えてハードウェアなど、幅広い知識が必要といえます。これらの知識は未経験から仕事に就き、業務を通じて学ぶことも可能です。
しかし、仕事をしながら膨大な量の知識を習得することは、至難の業といえます。そのため、仕事を始める前にまずはネットワークに関する初心者向けの本を読んで、一般知識や専門用語などをしっかりとマスターしておくことがおすすめです。ネットワークを取り扱う仕事では、「OS」や「IPアドレス」のように、専門用語が多く使用されます。専門用語の意味をきちんと理解できていないまま仕事をすると、混乱や戸惑いの原因につながります。
まずは、基礎知識が得られる本をじっくりと読み込むことから、勉強を始めると良いでしょう。基礎をしっかりと固めておくことで、後々仕事を始めたり、資格取得を目指したりするときに役立ちます。勉強に使用する本は、コンピュータの基本設計やハードウェアに関する基礎知識について、丁寧に説明されているものを選ぶと良いでしょう。なかでも、イラストや図を多く使用している本は、文字だけの説明に比べてイメージがつかみやすくなるのでおすすめです。

ソフトウェアで効率的な勉強をする

本を読んで知識を学ぶことはもちろん、ネットワークエンジニアを目指すうえで欠かせないのが、「実際にソフトウェアを使用して勉強を行うこと」です。ネットワークエンジニアは、ソフトウェアを使ってエラーが起きたり、うまくいかないことに対応したりすることで、徐々に経験や知識が養われていく職種といえます。そのため、本をじっくりと読み込んで基礎知識を学んだ後は、「GUIのシミュレータ」「パケットキャプチャソフトウェア」を使って、実際の動作を確認すると効率的に勉強が行えるでしょう。
また、これらのソフトウェアは無料なので、金銭的な負担がかからないことも大きな魅力です。なかでも、パソコンにインストールすることでCiscoIOSの動作を試せるGUIのシミュレータは、設定の確認や操作性を学ぶうえでおおいに役立ちます。「設定を変更することでどのような影響が生じるのか」「どのようなログが出てくるのか」など、自由に検証やテストを行うことが可能です。それに、Cisco社製品を業務で使用している企業は多く見られます。
GUIのシミュレータを使ってCiscoIOSへの知識を深めておくことで、後々ネットワークエンジニアとして仕事をするときや、Cisco技術者認定試験を受験するときなどに役立つでしょう。それから、ネットワークエンジニアの勉強をするには、パケットキャプチャソフトウェアを活用することもおすすめです。パケットキャプチャソフトウェアとは、指定したネットワークパケットをキャプチャして、分析を行えるものを指します。例えば、パケットの中身を確認して流れを見たり、トラブル発生時に原因の調査をしたりすることが可能です。パケットの中身を実際に自分の目で確認し、本で学習した内容と照らし合わせることで、ネットワークへの理解度を格段に向上させることができます。

実践的に勉強をするための手段

ネットワークに関する知識がある程度身についたなら、次のステップとして実機を用意し、より実践的な勉強を行うことがおすすめです。実機に触れることでケーブルを接続する場所やファンの音など、本の勉強だけでは分からなかったことを体感できます。実機を使って実際に動作の確認やネットワークの構築を試みることで、スキルアップを目指せるでしょう。ただ、なかには「実機は値段が高いため購入が難しい」と考える人もいるかもしれません。
金銭的な負担をできる限り抑えたいという場合は、中古機器を探してみると良いでしょう。中古機器であれば、新品のものよりも安い値段で入手可能です。それに、実機を使って勉強しておくと、転職活動の際にスキルを売り込むことができます。実機を購入して勉強に励んでいると伝えることで、意欲の高さや熱意を面接官にアピールできるでしょう。

ネットワークエンジニアを目指すために必要な知識は多く存在し、勉強は決して容易なものとはいえません。しかし、本やソフトウェアを活用して少しずつ勉強をすることで、着実に知識が培われていくはずです。それに加えて、実機の操作を行うことも良い方法です。実機に触れることでネットワークに関する理解がより深まり、効率的にスキルアップを目指せます。ネットワークエンジニアになるためにも、できることから少しずつ勉強を進めていきましょう。

他の「職種別お仕事ガイド - サーバー・ネットワークエンジニア」も見る!

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ