Work guide

職種別お仕事ガイド

Webディレクターに求められるのは何?必要なスキルまとめ

2019.01.22

Webディレクターに必要なスキルとは?

Webディレクターには、さまざまな制作スキル、ヒューマンスキルが必要です。とはいえ、具体的にどうしたらいいのかわからない人も多いはず。Webディレクターとしてキャリアアップしたい人や異業種、異職種からWebディレクターを目指す人には必見の求められるスキルについて具体的に解説します。

作業に欠かせない制作スキル

Webディレクターとして活躍するためには制作スキルが必要不可欠です。具体的には、Webデザインに関する知識や編集、ライティングに関する知識が必要とされます。
デザイナーやライターに依頼をする際、それぞれの業務に対する知識がしっかり身についていないと、漠然とした指示になりがちです。
発注する意図が明確でないと制作に無駄な時間がかかるばかりか、思わぬトラブルの原因にもなりかねません。

また、フロントエンド言語やバックエンド言語についての知識も最低限持っておく必要があります。実際にコードを書けるのが理想ですが、最低限の知識を持っていることが大切です。HTML5の基本的な仕様やCSS、JavaScriptの基礎知識は学んでおくべきです。さらに、WordPressなどのCMSについても知っておくとスムーズでしょう。

なお、デバイスによって表示される画面が大きく異なるため、UI/UXについても合うものを検討する必要があります。Webを閲覧するデバイスとしては、スマホやパソコン、タブレットが大部分を占めますが、テレビやカーナビなども意識しておくと安心でしょう。

キャリアアップに必要なヒューマンスキル

技術的なスキルはもちろんですが、コミュニケーションスキルをはじめとしたヒューマンスキルも重視されます。システムエンジニアやWebデザイナーなど、さまざまな職種の人とチームを組んで働くので、人間関係を円滑にするコミュニケーション能力は必要不可欠です。

チームのメンバーが意見を言いやすい雰囲気を作り、意思の疎通をしっかりと行うことでプロジェクトが円滑に進みます。リーダーシップをとる力はもちろん、最適なスタッフの選定を行うマネジメントスキルも意識するのがいいでしょう。さらに、スケジュール管理や予算管理も重要な能力のひとつです。大きなトラブルが起きないよう、常に先を見据えて動く力が要求されます。

万が一トラブルが起きてしまった場合でも、最適な問題解決能力があれば問題はありません。何かあったときに冷静な対処ができ、チームのメンバーを統率できる力が必要です。

社内の人はもちろん、クライアントを含めプロジェクトに関わるメンバーへのヒアリング能力、自分だけで作業を進めず協力し合う能力も大切になってきます。あくまでもチームを引っ張っていくという自覚のある人こそ、Webディレクターとして求められる人材と言えるでしょう。

企画や提案に役立つスキル

Webディレクターにはニーズに合ったWebサービスを立案できる企画力が求められます。面白いものはすべて取り上げるというわけではありません。ユーザーやクライアントの要求を汲んだうえで企画を立てて、その実現に向けて最適な業務を遂行できることが大切です。

そのうえでは、企画書やプレゼンテーション資料の作成、見積書などの書類を適切に作成する必要があります。使用するソフトはさまざまなので、Office系ソフトや必要なテンプレートの作成技術は最低限身につけておくといいでしょう。

クライアントやチームのメンバーに企画内容を適切に伝えるプレゼンテーション能力が求められますし、プロジェクト遂行のためには情報収集力も欠かせません。さらに、インターネットを用いたビジネスの知識を最低限おさえておく必要があります。毎日のように新規事業やスタートアップ企業が生まれるインターネットビジネスの世界では、常に最先端の情報を確保しておくことが大切です。同業種のプレスリリースを常にチェックするなど、自分だけが遅れをとらないよう心がけましょう。

マーケティングに関するスキル

Webサイトがマーケティングの手段のひとつである以上、経営関連の知識を最低限持っていなければいけません。自分が立案した企画が会社にどのような利益をもたらすのか、しっかりした根拠のもと説明できる必要性があります。

特にSEO、リスティング広告、アドネットワーク、SNS、広告運用といったWebならではのマーケティングに関して、基礎はもちろん実践的な知識や運用スキルを身につけておきましょう。目的に合わせたマーケティング手法を選択できなければいけませんし、費用対効果をはっきり明示できるエビデンスを揃えられるかどうかも大切です。

また、おさえてきたいのはWebマーケティング手法のトレンドでしょう。SNSなどの運用はもちろんですが、最先端のマーケティング事情がどうなっているのかを把握できていないと時代に乗り遅れてしまいます。

一般的なテレビ、ラジオ、雑誌などにおけるプロモーションの基礎知識を持っておくと、業務が拡大したあと有利に働くことがあります。Web以外のメディアに露出してもいいように、各媒体の広告ガイドラインや法令についても最低限の情報収集を怠らないことが大切です。プレスリリースを書くスキルも必要になってきます。



Webディレクターとしてスキルを磨こう!

Webディレクターには幅広いスキルが求められます。焦らず一つひとつ磨いていくことで、自分自身のキャリアアップにつながるのです。常に広い視野を持ち、Webディレクターとしてのスキルを磨いていきましょう。





派遣で働く!Webプロデューサー/Webディレクターのお仕事

正社員で働く!Webプロデューサー/Webディレクターのお仕事

事業会社のWebプロデューサー/Webディレクター求人をチェック

ハタラクを発見 あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

3

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

4

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

5

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

3

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

4

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

5

ハタラクを発見 MYCARREER 正社員で働きたい方へWSキャリア WSもくもく会 ~JavaScriptはじめの一歩編~ イベント・セミナー メタフェイズ で働く

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ