Work guide

職種別お仕事ガイド

Webディレクターに必要な16のスキル&知識!キャリアアップのために身に付けるべきものは?

2020.03.19

Webディレクターに必要なスキルとは?

Webディレクターは責任範囲が広く、求められるスキルも多い仕事です。しかし、Webディレクターは、スキルを磨いていくことで着実にステップアップしていくことができ、将来性も高い、非常に魅力的な仕事でもあります。

ここでは、どのような考え方で何について学んでいけばWebディレクターとしてステップアップしていけるかを紹介していきます。Webディレクターとしてキャリアアップしたい人や、異業種・異職種からWebディレクターを目指す人は、ぜひチェックしてください。

あなたのスキルを活かして
次のステージへ

  • ウェブスタッフは、フロントエンジニアの方の転職をサポート!キャリアアドバイスから履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの添削まで、あなたの転職をお手伝いします。
    ぜひご利用ください!
    正社員で転職したい方はこちら

Webディレクターの仕事内容と必要なスキル

Webディレクターは、Webサイトの運営や制作における責任者といえる立場です。会社によってWebディレクターの業務範囲は異なりますが、主な仕事内容は以下の通りです。

  • 企画・提案
  • 制作指揮・進行管理
  • 見積もり・予算管理
  • 運用・更新

Webディレクターの仕事の範囲は広いため、多くのスキルを身に付けなければなりません。自分の足りないスキルを理解し、スキルを伸ばしていくことで、Webディレクターとしての仕事の幅を広げていけるでしょう。

(関連記事:ディレクションだけではないWebディレクターの仕事

Webディレクターの正社員求人

  • あなたのWebディレクターとしての経験を活かして、正社員として働きませんか?制作会社から事業会社まで、幅広い求人を取り揃えています。時短勤務が可能な求人もあるため、あなたのライフスタイルに合わせて働くことができますよ。
    詳しくはこちら

チームワークを最大化するヒューマンスキル

Webディレクターの仕事は、チームを指揮・管理し、プロジェクトを円滑に進めるように調整を行うことです。したがって、Webディレクターにはコミュニケーションスキルをはじめとした、ヒューマンスキルが必要です。

これらのヒューマンスキルを磨くためには、日頃から円滑なコミュニケーションを意識するとよいでしょう。具体的には、会話やメール、ドキュメント作成などを行う際に、伝わりやすさを意識して取り組むようにすることで、ヒューマンスキルが磨かれていきます。

1.コミュニケーション力

チームをまとめるWebディレクターには、プロジェクトが円滑に進むよう、チームのメンバーが意見を言いやすい雰囲気を作ることが求められます。また、クライアントからのヒアリングや関係各所との折衝など、チーム外のステークホルダーとのコミュニケーションもWebディレクターの重要な役割です。

2.マネジメント能力

Webディレクターには、スタッフを適切に配置してチームワークを最大化することが求められます。自分だけで作業を進めず、チームメンバーに仕事を振り分けることもWebディレクターの仕事です。リーダーシップを取りながら、チームのひとりひとりが能力を発揮できるようにしていくことが重要です。

3.ヒアリング力

Webサイトを制作・運営するためには、クライアントやユーザーがどのようなサイトを求めているのかをヒアリングし、企画を立てる必要があります。Webデザイナーやフロントエンドエンジニアの話を聞き、サイトに実装する技術を検討したり、スケジュールに問題ないか確認したりすることも大切です。

Web制作に関する知識

WebディレクターはWeb制作・運営のディレクションが主な役割のため、普段は自分がデザインやコーディングをすることは少ないかもしれません。しかし、デザイナーやコーダーに依頼をする際、それぞれの業務に対する知識がしっかり身についていると、依頼内容が相手に伝わりやすくなります。

また、デザイナーやコーダーが不足するなどの非常事態に、スポットでデザインやコーディングを担当する場合もあるでしょう。そのため、実務経験があるとベターです。

4.Webデザインの知識

サイトの要件に合わせワイヤーフレームを作成するのは、Webディレクターの重要な役割のひとつです。細かいデザインはWebデザイナーが担当するとしても、基礎的なWebデザインの知識は求められます。ワイヤーフレームを作成するために、Adobe XDやSketchなどのプロトタイプツールを使いこなすスキルを身に付けておくと良いでしょう。

(関連記事:人気のUIデザインツール5選

5.UI/UXに関する知識

Webサイト制作では、ビジュアルデザインだけでなく、わかりやすさや操作性が重要です。ユーザーが心地良くサイトを利用することができるように、UI/UXを意識したサイトを実現していく必要があります。Webディレクターはサイトの方向性を決める立場であるため、UI/UXについて理解しておくようにしましょう。

(関連記事:UI/UXとはどういう意味?

6.プログラミングの知識

フロントエンド言語やバックエンド言語についての知識も最低限持っておく必要があります。実際にコードを書けるのが理想ですが、最低限の知識を持っていることが大切です。HTML5の基本的な仕様やCSS、JavaScriptの基礎知識は学んでおくべきです。さらに、WordPressなどのCMSについても知っておくとスムーズでしょう。

またWebサーバーでどのようなプログラムが働いているのか、Webサイトを表示させる仕組みがどのようなものかなど、サーバー側の知識ももっておくと、サーバーダウンなどの問題が発生したり、Webサイトのサーバー移管や停止が必要になったりするときには、それらの対応方法を指示することができます。

(関連記事:フロントエンドの開発で必要な言語

制作会社のWebディレクターの求人

  • 制作会社では、多くのWebサイト・Webサービスの制作に関わることができます。Webデザインのスキルを活かしながらディレクションの経験を積みたい方、さまざまなWebサービスの関わりたい方におすすめです。
    詳しくはこちら

プロジェクトを成功させる管理スキル

Web制作は、納期やコストなどの制約があるなかでWebサイトを作り上げる工程です。ビジネスの視点からプロジェクトの成功条件や完成イメージを設定することを心がけましょう。

7.進行管理能力

求められる成果を出すためには、しっかりと制作プロジェクトの計画を立てて成功確率を高めることが必要です。そのためには、トラブルなどを見越して、バッファを持たせた余裕のあるスケジュールを計画するスキルが欠かせません。スケジュールの余裕は、制作するWebサイトの質を高めることにも繋がります。遅延なくスケジュール進行ができるかどうかは、Webディレクターの腕の見せどころでもあり、醍醐味でもあるといえるでしょう。

8.予算管理能力

制作プロジェクトの予算管理や見積もりをWebディレクターが行うケースでは、プロジェクトの正確な工数を見積もり、コスト管理していく能力が求められます。メンバーの工数が見積もりを超えていないか管理する、ときには業務を外注する、課題やリスクが生じた場合に予算内で進行できるよう調整するなど、予算管理スキルを身に付けることが、その先のキャリアにもつながるでしょう。

9.問題発見能力と問題解決能力

制作の過程において発生するあらゆる問題は、その可能性を0にすることはできません。一見、問題なく進行しているプロジェクトにも、問題が起きないようにさまざまな対策が講じられています。プロジェクトを円滑に進めるためには、発生し得る問題を事前に把握する能力、問題が起きた時に即座に解決できる能力が必要とされます。

ビジネス視点で課題を発見・解決するスキル

Webサイトはマーケティングの手段のひとつでもあります。会社にどのような利益をもたらすのか、しっかりした根拠のもと説明できるWebサイトを企画立案しなければなりません。

10.Webマーケティングの知識

SEO、SNSといったWebならではのマーケティングに関して、基礎はもちろん実践的な知識や運用スキルを身につけておきましょう。目的に合わせたマーケティング手法を選択できなければいけませんし、費用対効果をはっきり明示できるエビデンスを揃えられるかどうかも大切です。

(関連記事:覚えておきたい!Webマーケティングの関連用語まとめ

11.広告・PR運営スキル

事業会社のWebディレクターは、自社のサイトへの誘導のために広告・PRの運営をする場合があります。リスティング広告の運用スキルを身に付けることで、自社サイトを戦略的に運営することができるでしょう。さらに、一般的なテレビ、ラジオ、雑誌などにおけるプロモーションの基礎知識を持っておくと、業務が拡大したあと有利に働くことがあります。

(関連記事:フロントエンドの開発で必要な言語

事業会社のWebディレクターの求人

  • 自社サイトや自社サービスを運営する事業会社のWebディレクターは、ビジネス視点でサイトを運営・改善してくことが仕事です。Webマーケティングのスキルがある方は、ぜひチャレンジしてみてください。
    詳しくはこちら

企画立案・提案スキル

どのようなコンセプトでどのようなデザインのWebサイトを制作するか、全体の企画を立てるのはWebディレクターの重要な業務です。クライアントに対して、企画内容を説明する機会も頻繁にあります。そのため、企画力はもちろん、ドキュメントを作成するスキル、プレゼンテーションスキルが求められます。

12.企画力

Webディレクターにはニーズに合ったWebサービスを立案できる企画力が求められます。面白いものはすべて取り上げるというわけではありません。ユーザーやクライアントの要求を汲んだうえで企画を立てて、その実現に向けて最適な業務を遂行できることが大切です。

13.ドキュメント作成スキル

企画したWebサイトやWebサービスを説明するために、企画書やワイヤーフレーム、プレゼンテーション資料、見積書などの書類を適切に作成する必要があります。使用するソフトはさまざまなので、Office系ソフトや必要なテンプレートの作成技術は最低限身につけておくようにしましょう。よりわかりやすい資料を作成するために、ドキュメントの構成やデザインなどを学ぶことも大切です。

14.プレゼンテーション能力

プロジェクトを進めるために、クライアントやチームメンバーに、企画内容を説明するのもWebディレクターの仕事です。クライアントやチームのメンバーに企画内容を適切に伝えるためには、プレゼンテーションの能力を磨く必要があります。クライアントと制作メンバーが、同じ認識のもとにWebサイト制作を進めていくためにも、わかりやすい説明ができるよう訓練を重ねると良いでしょう。

Webのトレンドを取り入れるスキル

Web関連技術の進歩は非常に速く、次々に新しくなっていきます。そのため、少し前にトレンドだった技術が陳腐化してしまうといったことが起こってしまいます。また、人工知能(AI)やIoTといった技術革新を伴う技術の普及によって、そのスピードは以前にも増して早くなってきました。

そのようなWebの世界で、クライアントの要望に応え続けるためには、トレンドにアンテナを張っておくことがWebディレクターにとって欠かせません。

15.情報収集能力

Webデザインのトレンドは次々に入れ替わっています。「フラットデザイン」や「マテリアルデザイン」のように呼び名がつくものもあれば、フォントの選び方や動画の使い方などにも流行があります。日頃からさまざまなWebサイトを観察し、自分なりの研究成果として知識を蓄えておくようにするとよいでしょう。トレンドに詳しくなっておけば、クライアントからの要望にも適切に応えられるようになります。

また、制作に直接関連するHTMLなどの規格や新たな技術、Webデザイナーやフロントエンドエンジニア、プログラマなどが使うツールについて、日頃から最新情報をチェックするとよいでしょう。インターネット上からの情報収集だけでなく、Webに関する勉強会・セミナーに参加することで、新たな情報を得ることもおすすめです。

キャリアアップにおすすめのイベント情報

  • ウェブスタッフでは、プロの講師のセミナーから、仲間と勉強をするもくもく会まで、Webクリエイター・エンジニアの方のスキルアップに役立つさまざまなイベントを開催。キャリアアップを目指して、一緒に学びませんか?
    詳しくはこちら

16.情報選別能力

新しい情報をインターネットだけで収集することにはリスクもあります。インターネット上には有益な情報とそうではない情報が混在しています。そのため、その中から本当に必要な情報を選ぶスキルも必要です。新聞や書籍なども利用して情報収集をすることで、情報の裏付けを行い、知識をさらに深めていくことも大切なポイントです。

自分の強みを意識してスキルアップを目指そう!

Webディレクターの仕事はWeb制作プロジェクトの全般に関わるため、必要なスキルも非常に多岐にわたります。そのすべてを一度に習得することは、どんなに優秀な人でも難しいでしょう。したがって、Webディレクターとして優先順位の高いスキルから徐々に習得していくことをおすすめします。

何から学ぶべきか迷ったときは、応用範囲が広い、計画や管理などのマネジメントに関するスキルがおすすめです。知識と経験が増えるごとにWebディレクターとしてステップアップしていけるため、自分が得意だと思えるものがあれば優先的に学んでいくのもよいでしょう。



未経験OKの正社員Webディレクターの求人

  • 業界経験が重視されるWeb業界でも、Webディレクターは比較的未経験から目指しやすい職種のひとつ。正社員の求人もあるため、Web業界を目指す社会人経験者におすすめです。
    詳しくはこちら
コロナに負けるな!積極採用中の企業特集 Web技術本がもらえる!転職相談キャンペーン もくもく会ポートフォリオ 未経験からWeb業界への転職準備

人気の記事

システムエンジニアの働き方

1

「フロントエンド」と「バックエンド」とは?意味の違いとエンジニアの仕事

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

フロントエンドエンジニアが将来のキャリアのために勉強したい4つのこと!やりがいを持って仕事し続けるには?

4

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

5

システムエンジニアの働き方

1

「フロントエンド」と「バックエンド」とは?意味の違いとエンジニアの仕事

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

フロントエンドエンジニアが将来のキャリアのために勉強したい4つのこと!やりがいを持って仕事し続けるには?

4

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

5

あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア
Web技術本がもらえる!転職相談キャンペーン もくもく会ポートフォリオ JS部 WebデザイナーからUIデザイナーへ!転職がキャリアアップに有効はホント!? あなたが目指すのはバックエンドもできるフロントエンドエンジニア、それとも、○○もできるエンジニア? コロナに負けるな!積極採用中の企業特集

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webディレクター/Webプロデューサー

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ