Work guide

職種別お仕事ガイド

30代のWebディレクターが実践すべきことは?成功のポイントまとめ

2019.01.22

30代でWebディレクターとして成功するには?

30代でWebディレクターとして成功するためには何に気を付ければいいのでしょうか。キャリアアップのイメージがなかなかつかめず、相談できる相手が少ない人も多いはずです。
30代ならではの悩みを解決し、求められるスキルを理解することがとても大切。そのうえで30代のWebディレクターが実践すべきことを解説します。

30代で得られる年収やポジションは?

20代の若手とは違い、30代になるとある程度の責任を求められるのはWebディレクターも同じです。そのうえでどうしても気になるのは年収。30代のWebディレクターの平均年収は467万円というデータがあります。しかし、年収はこれまでの実績によって差が開くのも事実です。

20代のうちに優れた実績を残していれば、役員などの経営層になっている人も多いです。また、WebプロデューサーやWebプランナーなどのポジションにつく人も少なくないでしょう。Webディレクターとしてのキャリアが長い人はリーダー格になっているケースもあります。

また、異業種や異色種から転職した場合は30代でも1スタッフとして勤務しているケースが多々あります。年齢に関係なく、Webディレクターとしてのキャリアが短い場合は特定のポジションについていない人も多いでしょう。

このほかにも、企業に所属せずフリーランスとして独立するWebディレクターもいます。この場合はこれまでのキャリアや人脈を生かして活躍している人がほとんどです。

30代のWebディレクターが抱える悩みとは?

どんな仕事でも悩みはつきものです。ここでは、30代のWebディレクターが抱えがちな悩みをいくつかピックアップしてみましょう。まず、今後のキャリアアップについてイメージしづらいと考える人が多いです。これから自分はどうなっていくのか、具体的に考えられずモヤモヤを抱える人も少なくありません。キャリアについて相談できる相手がいない場合、尚更悩みは大きくなっていくでしょう。

また、自分の市場価値を把握しづらいのもモヤモヤを感じる原因のひとつです。Webディレクターのなかでも自分がどの位置にいるのか、明確に把握するのは難しいでしょう。そのため、漠然とした不安を抱えながら仕事をしてしまう人も多いです。

このほかにも、目の前の業務に手いっぱいでスキルアップをするための時間が取れない人もいます。セミナーや勉強会に参加したくてもできず、時間だけが経ってしまうことも。限定的なスキルしか持っていない人はとくに焦りを感じる原因にもなってしまいます。

マネジメント経験が少なかったり、全くなかったりする人も悩みを抱えがちです。マネジメント経験を含めてアピールできる実績がないとどうしても周りと比較してしまい、焦りを感じてしまうことが多いでしょう。



キャリアアップについて、相談はできる?

キャリアアップについて不安に思ってる事など、なんでもご相談ください。Web専門のキャリアカウンセラーがあなたのキャリアアップをサポートいたします。
キャリアアドバイスの詳細はこちら

Webディレクターとして成功するためのポイント

30代のWebディレクターとして成功するためには、まず人材マネジメントの知識や能力を得る必要があります。30代以降は10代や20代の若手を育成するための知識が必要不可欠です。ときにはリーダーとしての活躍が求められるシーンも多々ありますし、人材育成の知識があることは強みになるでしょう。

もちろん、Webディレクターとしての実績を確実に重ねていかなければなりません。特に、自分が担当したプロジェクトを成功させることは、転職でも有利になります。プロジェクト成功のために自分がいかに貢献したかをアピールできれば、新たな環境に身を置いたときにもスムーズに話が進むでしょう。

Web業界は日々変化していきます。最新の技術にアンテナを張って常に情報取集を怠らず、若い人にも負けない新しい知識を仕入れる癖をつけるといいでしょう。固定概念にとらわれることなく新しいことにも目を向け、最新技術を活用できるWebディレクターは会社や取引先から重宝されます。

新規事業の発案も積極的に行いましょう。これまでの経験を活かし、新たな事業に取りかかるきっかけをつくることはとても大切です。さらに、自分がリーダーとしてチームを引っ張っていく素養が身につけば、上司からも一目置かれるに違いありません。また、部下や後輩からの信頼も厚くなるでしょう。

転職で求められるスキルは何?

転職をする際に求められるのはまず、コミュニケーション能力や社内調整力です。新しい仲間たちに馴染めるか、また社内チームのバランスをとる役割を果たせるかを見られることが多くなるでしょう。

もちろん、Webに対しての好奇心や行動力を求められるのは何歳になっても同じです。惰性で仕事をするようでは、転職先にかえって迷惑をかけることもあります。常に勉強する姿勢を忘れずにいましょう。

広い視野で物事をとらえ、誰よりも一歩先を考えられるようになればどの会社でも重宝されます。Webの基本的な情報や知識を仕入れるのはもちろん、それ以外の能力で自分をアピールすることも大切です。

Webディレクターとして成功を収めよう!

30代になってもまだまだスキルアップやキャリアアップのためにできることはあります。業界に慣れてきたからといって惰性で業務をこなすのはよくありません。無理なくできることから始め、Webディレクターとして成功するためにさっそく行動しましょう。

UIUXセミナー渋谷 あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

3

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

6

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

3

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

6

UIUXセミナー渋谷 UI/UXセミナー 転職セミナー 未経験からWeb業界への転職準備 派遣から無期雇用へ ご友人紹介

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター
    サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ