Work guide

職種別お仕事ガイド

20代でWebディレクターとして成功するには?キャリアアップのコツ

2019.01.22

20代でWebディレクターとしてキャリアアップするには?

20代のうちから早めに行動しておけば、30代、40代と年齢を重ねてもWebディレクターとして活躍できます。若いWebディレクターならではの悩みやスキルアップに必要な能力、将来のキャリア形成のために今すぐ実践できることを確認しましょう。

20代のWebディレクターが抱えがちな悩みとは?

一般的に、20代のWebディレクターは転職経験が少ない人が多いため、自分の市場価値がわからずモヤモヤを抱える人が多いです。自分が持っているスキルがほかの会社でどのように生かせるのかわからず、自信を持てなくなってしまうケースが少なくありません。将来自分がどうなっているのか、明確にイメージできない人も多いでしょう。

また、会社の現状に不安を抱く人もいます。この会社で働き続けていいのか、このままで理想的なキャリアを築くことができるのか、不安を抱えながら働くケースも少なくありません。マネジメントを学びたいのにその環境や機会がなく、危機感を覚えている人もいます。
こうしたモヤモヤを抱えたまま働くのはストレスですし、目の前の業務に集中できなくなってしまう可能性もありますよね。

制作会社系のWebディレクターは、1つのWebサイトやサービスを長く運用できないことに不安を抱く人もいます。一方、事業会社系のWebディレクターは、コーディングやライティング、デザイン、サーバーサイドの知識がないことに危機感を覚えている人が多いです。

キャリアアップのために必要な能力

20代のWebディレクターがキャリアアップするためには、トラブルに対応できる能力が必要不可欠です。あらかじめトラブルを回避するための気づかいはもちろん必要ですが、トラブルが起きてしまったときでも冷静に対処する力が求められます。

また、クライアントはWebサイトの成果が数字になって表れることを期待して発注しています。
クライアントの事業内容はもちろん、成長戦略や市場における立ち位置、強みなど、ビジネスにおける理解力を持っていることが大切です。単に自分がいいと思うものを生み出すのではなく、クライアントが何を求めているのか理解し、広い視野を持って要求に応えることが大切です。

ときには無理な要求と感じることを提案されることもあります。そのようなときに、無理に対応するのではなく、要求に伴うリスクを冷静に分析するのが大切です。Webサイト構築によって、そのリスクがメリットを上回るのかどうか判断し、クライアントと相談できる能力が必要となってきます。考えうるリスクとしっかり向き合って回避、または最小限に抑える方法を提案できれば、Webディレクターとしても一目置かれる存在になるでしょう。

これらの能力を身につけるうえで、共通して必要なものはコミュニケーションスキルです。クライアントや制作チームのメンバーと密な対話を重ね、お互いに力を出し合うことでクライアントが求める最良のWebサイトが生まれます。トラブルなく業務を進めていくためには、コミュニケーション能力を高めるのが重要です。



キャリアアップについて、相談はできる?

キャリアアップについて不安に思ってる事など、なんでもご相談ください。Web専門のキャリアカウンセラーがあなたのキャリアアップをサポートいたします。
キャリアアドバイスの詳細はこちら

年収を上げるためにできること

年収を上げるための手段として、より好条件な同業界、同業種の会社に転職することが挙げられます。大手企業への転職はもちろんですが、自分を高く評価してくれる会社に転職するのがポイントです。

また、すぐに年収を上げようとするのではなく、日々の業務でコツコツと実績を積んで高い評価を得るのも年収を上げるコツです。無理に環境を変えるのではなく、今いる会社で地道に努力を重ねていけばおのずと年収も上がっていくでしょう。

小規模プロジェクトのマネジメントや提案、企画、後輩のマネジメントを経験しておくのもとても大切です。地道に経験を積んでいくことで、転職や昇給の際に有利になることがあります。

さらに、WebディレクターからWebプロデューサーを目指したり、Webマスターを目指したりするのも年収アップにつながる可能性があります。フリーランスとして独立するのもいいですし、Web関連の企業を目指すのも自分自身のキャリアアップを目指す有効な手段です。

転職で求められる能力とは?

年齢を問わずWebディレクターとして求められるスキルとして、Word、Excel、PowerPointなどのOfficeソフトを使いこなせるのは必須と言えるでしょう。また、コミュニケーション能力も高いに越したことはありません。1つのプロジェクトで多くの人と関わるWeb業界において、コミュニケーションの重要性は明らか。クライアントとのあいだにトラブルを生まないためにも、柔軟にコミュニケーションをとれるよう日頃から意識しておきましょう。

Web業界やITに対する情報収集能力があり、常に最新の情報を知っていることも重要視されます。Webの世界は常に進化しているので、プレスリリースなどを毎日チェックするなどしてトレンドをおさえておきましょう。

何と言っても、成果を出した経験があれば転職もスムーズに進みます。面接の場などで熱意を伝えるのはもちろん大切ですが、提示できる実績があれば話は早いでしょう。特に、売り上げの向上に直接貢献した実績があれば転職市場で重宝されます。

20代で成功するコツはスキルと経験を磨くこと

20代のWebディレクターとして成功するためには、日頃から着実にスキルを磨いていくのが大切です。早いうちから後輩のマネジメントに携わり、経験を積んでおくのも重要です。転職やキャリアアップのチャンスが巡ってきたときに、自分の能力を最大限発揮することができるでしょう。

UIUXセミナー渋谷 あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

3

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

6

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

3

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

6

UIUXセミナー渋谷 UI/UXセミナー 転職セミナー 未経験からWeb業界への転職準備 派遣から無期雇用へ ご友人紹介

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター
    サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ