Work guide

職種別お仕事ガイド

Webオペレーターになりたい!転職するための4つの知識

2018.09.28

転職してWebオペレーターとして活躍しよう!

Webオペレーターへの転職を考えるにあたっては、仕事内容の理解やどういったスキルが必要になるかを知ることが大切です。そうした理解がなければ転職活動もうまくいかず、仮に転職しても思っていた仕事と違っていたということになりかねません。Webオペレーターに転職する前に知っておきたい知識をおさらいしましょう。

Webオペレーターになるにはどんな転職先がある?

Webオペレーターの仕事は既存のホームページの運用・管理が主になります。

したがって、ホームページを持っている多くの企業がWebオペレーターとして活躍できる環境だといえるでしょう。例えば、転職先としてはテレビ番組を制作する企業や自動車メーカー、大型ショッピングモールを運営している企業広告代理店、そしてアパレルメーカーなどがあります。顧客が企業について調べる際、ホームページを参照することから始めることがほとんどでしょう。

また、お客様からの問い合わせもホームページを通じて行うことが多くあるため、ホームページは多くの企業にとって重要な役割を担っています。
そのため、顧客接点として重要な役割を果たすホームページの運用・管理業務を担うWebオペレーターは多くの企業から必要とされているのです。

Webオペレーターに転職できる条件

Webオペレーターに転職するためにはどんな条件を満たせばいいのでしょうか。

条件は企業によって異なりますが、条件として挙げられるものとしては、まず年齢制限が挙げられます。また、「専門卒以上」というように学歴の制限が設けられている場合もあるでしょう。
そうした条件を満たしていなければ転職することは難しいです。まずは、企業の求人要項をよく確認し、条件をクリアしているか確認するといいでしょう。

Webオペレーターの転職に必要な能力は?

Web業界でホームページの運用管理に携わる仕事である以上、基本的なパソコン操作ができるだけのスキルは最低限必要です。

また、自分でホームページを制作したことがあったり、画像作成やHTMLファイルの作成ができたりするなどのスキルがあれば、Webオペレーターに転職するうえで有利に働くといえるでしょう。 さらにWebスクールや職業訓練校等で勉強し、ポートフォリオを作成していれば、転職もしやすく、Webオペレーターとして多用な業務に携わることができます。



Webオペレーターに転職するための手順

実際にWebオペレーターとして転職するためにはまず企業を探すことが先決になります。さまざまな求人の中から応募条件を満たすことができる企業を探すところから始めましょう。そして、条件を満たす企業を見つけたら応募して採用選考に進んでいきます。それでは、応募条件を満たす企業はどのように探したらいいでしょうか。効率的に転職活動を進めるのであれば、転職サイトや転職エージェントを積極的に利用しましょう。

自分ひとりで多くの企業を探すのもいいですが、それだと労力と時間をロスしてしまいます。その点、転職サイトや転職エージェントを利用すればWebオペレーターの求人を数多く見ることができます。

また、転職サイトの場合は条件をつけて検索をすれば、応募条件を満たす求人にすぐたどり着くことも可能です。
また、転職エージェントの場合はエージェントが応募条件に合致した案件を絞って紹介してくれることが期待できるでしょう。数多くの求人情報を見ることで、さまざまな条件を比較検討できるのも転職サイトや転職エージェントを利用するメリットの一つです。Webオペレーターへの転職を考えるのであれば、そうした転職支援サービスを積極的に利用するとスムーズに転職活動を進められるでしょう。

インターネットを利用するのが当たり前になっている時代では、Webオペレーターを必要とする企業が数多くあります。
そうした企業は特定の業界にのみ存在するわけではありません。大小を問わず、そして業界も問わずホームページを所有している企業であれば、Webオペレーターが活躍できる環境だといえるでしょう。多くの企業から求められているWebオペレーターですが、働くために求められるスキルはあまり多くありません。

Web系の仕事に就きたいが、自分のスキルに自信がないという人はWebオペレーターとして活躍することを検討するとマッチするかもしれません。
もし、自分でホームページを立ち上げた経験があるという人であれば、Webオペレーターに求められるスキルを有しているといえるため活躍できる可能性は高いでしょう。スキル面を満たしているのであれば、Webオペレーターの求人要項の応募条件に合致していることを確認して積極的に挑戦してみるのも方法の一つです。

Webオペレーターへの転職を実践に移すのであれば、まずは数多くの求人を見て「どういった環境で働くのか」「給与はどれくらい期待できるのか」などを確認するところから始めましょう。そうした情報を確認するのであれば転職サイトや転職エージェントといった転職支援サービスを利用すると効率的です。

これから転職してWebオペレーターとして活躍することを考えるのであれば、ここまで紹介してきた4つの知識を活かして転職活動に取り組んでみましょう。



派遣で働く!Webオペレーター/サイト運営のお仕事

正社員で働く!Webオペレーター/サイト運営のお仕事

事業会社のWebオペレーター/サイト運営求人をチェック

ハタラクを発見 あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

3

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

4

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

5

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

3

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

4

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

5

ハタラクを発見 MYCARREER 正社員で働きたい方へWSキャリア WSもくもく会 ~JavaScriptはじめの一歩編~ イベント・セミナー メタフェイズ で働く

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ