Work guide

職種別お仕事ガイド

Webオペレーターは稼げる?時給や年収額を紹介

収入の目安を基準にWebオペレーターの仕事を探してみよう

Webオペレーターとして働くことを考えるにあたって、年収がどれくらいあるかは気になるポイントの一つではないでしょうか。Web系の仕事と聞くと華やかなイメージがあるかもしれませんが、実際にはどれくらいの年収が期待できるのかを紹介します。
Webオペレーターとして働くことを考えるのであればここで確認しておきましょう。

Webオペレーターの一般的な時給や年収は?

Webオペレーターは雇用形態がさまざまです。アルバイトやパートのこともあれば、派遣として活躍する人、そして会社内部でWebオペレーターとして活躍する人がいます。また、働く会社の規模や年齢によっても収入額は千差万別です。しかし、おおよその目安としてはどれくらいなのでしょうか。
一般的に、働き始めて間もない立場の場合、時給換算すると1,200~1,800円程度です。年収でいえば250万~350万円程度が一般的な相場となります。もちろん、経験を積んだり高度なスキルを習得したりすれば収入が上がっていくことが期待できるでしょう。

Web業界では稼げるほうなの?

Webオペレーターという仕事はWeb業界の中ではあまり目立たないポジションかもしれません。
WebデザイナーやWebディレクター、プロデューサーなどの立場で働く人はWeb制作において中心的な役割を果たすことが多いため給与も高めです。Webオペレーターの仕事は既存サイトの運用管理や問い合わせ対応、そして保守対応が中心となるため、Web制作の中心に立つ人と比べると年収は低めになります。ただし、Webオペレーターに必要なスキルはWebデザイナーやコーダーといった立場の人と比べるとハードルが低めです。

Webデザイナーやコーダーは制作工程や開発言語に関する知識や高度なプログラミングスキルが求められます。
しかし、Webオペレーターに求められるスキルとしては個人でホームページの製作や運用をしたことがあったり、画像作成ができたりする程度のレベルで、未経験でも転職しやすい職種です。そうしたスキルがあればWebオペレーターとして十分活躍することができます。Web系の業界で働きたいと考える場合、まずWebオペレーターとして活躍することを目指すと良いでしょう。

Webオペレーターの雇用形態は?

Webオペレーターとして働く場合、どういった雇用形態で働くことが多いのでしょうか。一般的には正社員として採用されることは多くありません。どういった雇用形態かといえば、派遣社員や紹介予定派遣としてWebオペレーターの職種を紹介されることが多い傾向です。

したがって、Webオペレーターとして働きたいと考える場合には正社員での求人は少なく、年収もやや低い場合が多いことを覚えておくと良いでしょう。
正社員と比べて立場が流動的なことも注意が必要ですが、その分Web業界が未経験であっても参入しやすい職種だといえます。そうした状況なので、正社員の求人があればかなり珍しいポジションだといえますので、積極的に挑戦する価値があるでしょう。

Webオペレーターとして収入を上げるには?

Webオペレーターとして活躍して年収を上げるためには経験を積むことが第一です。したがって、勤続年数を重ねることによって自分が管理するWebサイトを掘り下げていきましょう。そして、Webサイトの開発や管理、運用スキルの向上を通じて企業にとって重要な人材となれば年収アップが期待できます。
しかし、勤続年数をあまりかけずに年収アップを図りたい場合はどうすれば良いでしょうか。
そのためには、まずはWebオペレーターとして働き、十分なスキルを短期間のうちに身につけましょう。その後、コーダーやマークアップアンジニア、Webディレクター等へのキャリアアップを狙うことで年収アップが期待できます。

Webオペレーターであれば、Webディレクターの指示のもと働くことが多いでしょう。そのWebディレクターからスキルを吸収しながら働くことでWebディレクターへのキャリアアップが実現できる可能性が高まります。
Webオペレーターとして活躍しながら年収を上げたいと思うならば、まずはWebオペレーターとして経験を重ねてスキルアップを図りましょう。そして、その際にはWebディレクターの働き方を働きながら学ぶことが大切になってきます。

転職するにあたって年収は重要な要素の一つではないでしょうか。それは、Webオペレーターとして働く場合も同様です。Webオペレーターとして働くのであれば年収の目安は250万~350万円程度から始まります。
しかし、キャリアアップをしていくことで収入はどんどん上がっていくことでしょう。 個人と企業問わずホームページやインターネットを利用するようになっているため、Web系のスキルを有している人は、さまざまな場所でそのスキルを活かすことが可能になっています。そのため、活躍の場を求めてWeb業界で働きたいと考える人が多いのではないでしょうか。
ただし、Web系の仕事においては専門的な知識が求められることが多いため、Web業界へ転職しようと考えてもスキル的にハードルが高く感じられる場合があるかもしれません。その点に関して、Webオペレーターであれば求められるスキルのハードルがほかの職種と比べると低いため、未経験でもWeb業界への転職がしやすい職種といえます。

Web業界へ転職したいけど、スキルに自信がないという場合、収入の目安を基準として考えながらWebオペレーターへの転職を検討してみると良いでしょう。

【未経験者向け】Web業界への転職準備セミナー

人気の記事

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

1

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

6

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

1

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

6

派遣求人を探す

正社員求人を探す

【未経験者向け】Web業界への転職準備セミナー 他社乗換キャンペーン 未経験からWeb業界への転職準備 派遣から無期雇用へ ご友人紹介 職種別ポートフォリオ作成

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター
    サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ