Work guide

職種別お仕事ガイド

Webオペレーターにはどんな能力が必要?スキルに関する全知識

スキルを磨いてWebオペレーターに!

パソコンのスキルがあるなら、Webオペレーターとして働くという選択肢もあります。Webオペレーターに必要な能力にはどのようなものがあるのかを知っておくと、企業にアピールするときにも役立つでしょう。この記事では、Webオペレーターに求められるスキルや、スキルを身に付ける方法などについて解説していきます。

Webオペレーターに必要なスキルってどんなもの?

パソコンの操作が必要となることから、Webオペレーターは専門性の高い職業と思われがちです。しかし、既定のフォーマットが用意されているような企業に就職した場合、パソコン操作に必要なスキルを持っていれば、Webオペレーターとして最低限の業務は問題なく行うことができるといえるでしょう。加えて、Webオペレーターの業務においては、ディレクターからの指示をもととして作業を行っていきます。そのため、パソコン操作の基本スキルがあれば事務職レベルで対応できるというのが実情です。
Webオペレーターの仕事とは、主に既存Webサイトの運営に携わることにあります。具体的に述べると、サイトの更新作業や、ホームページに対する問い合わせ、文字化け・画像が出ないなどのトラブルに対応するという役割を担っているのです。Webオペレーターとは、Web制作の補助的な役割を担当しているという位置づけですが、企業によって求められる業務の幅も異なります。企業によっては、ページの修正やバナー作成も発生するため、HTMLやPhotoshopの知識も必須になる場合があります。ただ、Webオペレーターにはそれほど高度な技術は必要ではないという側面があるため、未経験者であっても就職のチャンスが豊富にあるといえます。

必要なスキルを身に付けるための方法

パソコンの基本的な操作が身についていれば、就職するチャンスもあるのがWebオペレーターではありますが、将来的なキャリアアップのためにも必要なスキルを身に付けておくことが大切です。また、企業によってWebオペレーターに求める業務には幅がありますが、さまざまな業務内容に柔軟に対応していくためには、より専門的なスキルが必要といえます。加えて、サイトの運営や更新作業を行っているという仕事の特性上、いつどのようなトラブルが生じるかということをWebオペレーターがあらかじめ予測することは不可能です。そのため、Webオペレーターとして就職する場合でも、万が一に備えてサイト制作に必要な基本的な知識は持っておいた方が良いといえるでしょう。
サイト制作に必要な知識のなかには、独学で身に付けることができるものもあります。ただし、通常の業務においても通用するレベルのスキルを身に付けたいなら、Webに特化した専門のスクールに通って学ぶという方法も検討してみると良いでしょう。確かな知識を身に付けてスキルアップをしていくためにも、スクールに通ってプロから最新のスキルを学ぶという選択肢があることも知っておきましょう。

企業にスキルをアピールする方法は?

Webオペレーターとして就職を希望するのであれば、企業にスキルをうまくアピールすることがポイントとなるでしょう。特に、未経験者がWebオペレーターになるときには、スキルをアピールするための方法もより工夫をすることが求められます。例えば、転職したい企業にアピールする場合、資格を取得しているという事実を伝えることよりも、実際に作成したサイトやホームページを見せる方がより効果的です。実際に作成したサイトなどを見ると、スキルがどの程度かということを理解する手掛かりにもなります。自作の成果物は説得力があるため、面接では欠かせないアピールポイントとしてぜひ活用してみましょう。
また、実際の業務に関わるような強みがあれば、企業にアピールしてみることがおすすめです。具体的には、フラッシュが使えたり、CSS設計ができたりするなどがあれば、面接でアピールするように心がけましょう。これらのスキルは、Webオペレーターとして就職するためには必須の条件ではありませんが、身に付けておくとスキルアップにもつながります。

Webオペレーターとして最低限の業務を行うのであれば、パソコン操作に必要なスキル程度があれば問題はありません。ただし、Webオペレーターとして業務の幅を広げ、将来的にWeb制作の仕事でスキルアップをしたいと考えているのであれば、スキルを磨き続けることは欠かせないといえます。
一般的に、Webオペレーターが行っている業務内容というのは、既存のサイトに新しい情報を追加したり、問い合わせに対応したりすることなどが主です。したがって、「ページを作成し情報アップロードする」「削除する」という作業が、Webオペレーターの作業の基本といえるでしょう。しかし、画像データやバナーなどの作成やページデザインが含まれる場合においては、より専門性が求められます。また、不特定多数が閲覧することが目的とされる対外的なホームページの場合は、HTML(Hyper Text Markup Language)のファイルが作れたり、基本的な画像が作成できたりするなどのスキルが必要です。自身のスキルを磨いていくと、Webオペレーターとしての業務にも積極的にチャレンジできるようになるため、学び続ける姿勢を持つことが大切といえます。

他の「職種別お仕事ガイド - Webオペレーター/サイト運営」も見る!

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ