Work guide

職種別お仕事ガイド

未経験でも大丈夫?Webオペレーターになるために必要なこと

未経験でもWebオペレーターになれる!

Webサイトの運営などに欠かせないWebオペレーターは、一般的には専門性の高い職業と思われています。しかし、Webオペレーターの業務の幅は職場によっても異なるため、未経験でもチャレンジすることができる分野です。この記事では、Webオペレーターになるための方法や注意点などについて紹介していきます。

未経験OKの求人情報を探すのが近道

Webオペレーターとして活躍したいなら、求人情報を閲覧するときのコツを押さえておきましょう。Webオペレーターの求人情報を見ていると、応募資格や応募条件が厳しくなく、しばしば「未経験者でもOK」という記載がある求人を目にします。そのため、「未経験OK」とアピールしている企業に絞り込んで面接を申込むのが、Webオペレーターになる近道といえるでしょう。
Webオペレーターとは、一般的には既存のWebサイトの運営に関わるのが主な仕事内容です。ただし、企業によってWebオペレーターに求められる業務の幅も異なるのが実情です。しかしながら、「未経験OK」とうたっている求人を出している企業であれば、作業内容そのものに高度な技術は求められていない場合が多いといえるでしょう。
Webオペレーターは、Webサイトの運営・更新作業などをディレクターの指示にもとづいて行っていきます。作成されたWebサイトの品質を守ることもWebオペレーターの仕事であるため、WebオペレーターにはWeb制作での補助的な役割を担う人材という位置づけもあることから、未経験者でも就職のチャンスは十分にあると知っておきましょう。
また、多くの企業がWebサイトを制作しているという背景から、Webオペレーターはホームページに対する問合せや、文字化けなどの非常事態に対応することもあります。ホームページの目的などによってWebオペレーターに求められる作業内容は異なるでしょう。しかし、パソコンの基本的なスキルがあればできる作業も多いため、事務系の新たな仕事として注目されている仕事といえるでしょう。

アルバイトや派遣社員から始めるのが得策!

Webオペレーターとして業務に携わるうえでは、パソコン操作の基本的なスキルが身についていれば、最低限の業務は行うことができるといえるでしょう。ただし、企業によってWebオペレーターに求められる技術は異なります。そのため、新卒ではない限り、いきなり正社員として働くよりも、アルバイトや派遣社員から始めて経験を積んでいき、そこから正社員を目指した方がスムーズに業務に取り組める可能性もあるのです。
例えば、対外的なホームページの場合、HTML(Hyper Text Markup Language)のファイルが作ることができたり、基本的な画像が作成できたりするなどのベーシックなスキルが必要とされます。パソコンのスキルについては、入門書を読めば理解できる可能性もあるでしょう。しかし、仕事として運用するためには、しっかりとしたスキルを身につけ、実務経験を積んでいくことが大切です。
また、いつどのようなトラブルが起きるかは分かりませんから、Webオペレーターという職業柄、サイト制作に必要な基本的な知識は持っておいた方が安心といえるでしょう。サイト制作のスキルがあれば、将来的に活躍の幅も広げることができるため、アルバイトや派遣社員から始めて経験を積んでいくという選択肢があることも知っておくことが重要です。

未経験者がWebオペレーターを目指す場合の注意点

未経験でも就職のチャンスがあるWebオペレーターですが、何のスキルもないよりは、強みとなるような能力は持っておいた方が良いでしょう。自分が持っている知識やスキルを実際の業務に役立てるためには、例えばスクールに通ったり、専門の講座を受けて学んだりして、即戦力となるノウハウを身につけるという方法もあります。確かなスキルがあればキャリアアップにもつながるため、独学以外の方法も検討してみると良いでしょう。
また、パソコンに関連したスキルや成果物がある場合は、面接などで存分にアピールすべきです。具体的には、自作のサイトやホームページなどを用意しておくと、採用担当者がWebの知識やスキルの程度を把握するのにも役立ちます。これらは面接ではアピールポイントとなりますから、事前に準備しておきましょう。

実際にWebオペレーターとして働いた経験がない人であっても、パソコンに関する知識が豊富であったり、スキルを持っていたりする人はたくさんいるでしょう。Webオペレーターが担う業務の幅に関しては企業によって異なるため、自分が持つスキルと見合っていれば、未経験であっても就職することはできるでしょう。ただし、将来的に活躍の幅を広げるという意味においても、スクールで学ぶなどして確かなスキルを身につけるという選択肢があることも知っておくことが大切です。
また、面接で業務に役立つようなスキルをうまくアピールできれば、未経験でも十分にWebオペレーターとして活躍することができます。特に、自作の成果物がある場合は面接でしっかりとアピールできるように、自分のスキルを伝えるための準備もしておくと良いでしょう。ネット社会になってから、多くの企業がサイトを制作しているという背景から、Webオペレーターのニーズは今後ますます高まるといえます。パソコンのスキルがあるのであれば、Webオペレーターとして就職して活躍するという選択肢もあると知っておきましょう。

他の「職種別お仕事ガイド - Webオペレーター/サイト運営」も見る!

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ