Work guide

職種別お仕事ガイド

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

品質を守るのがWebオペレーターの仕事

Web系の求人を探す中でWebオペレーターという職種を見たことはありませんか?WebエンジニアやWebデザイナーと比べるとあまりなじみがないように感じる人がいるかもしれませんね。Webオペレーターとはどういった仕事で、どういったスキルが求められるのかを確認してみましょう。

Webオペレーターって一体何?

Webオペレーターとは、Webサイトの運用・管理といった仕事内容を担う職種です。Webサイトの情報を更新したり、お客様からのお問い合わせへの対応、そしてホームページの文字化けや画像が表示されないといった不具合が生じたときに対応したりする役割を果たします。

Webオペレーターの役割とは?

WebオペレーターはWeb制作の補助的な役割を果たします。したがって、ディレクターの指示のもと仕事に従事するのが一般的です。また、Web系の仕事と聞くとデザイナーやプログラマー、そしてディレクターという職種が目立ちますが、そうした職種とWebオペレーターの担う役割は違うので注意しましょう。ホームページのリニューアルや新しく立ち上げる際に中心となるのがデザイナーやプログラマー、ディレクターです。Webオペレーターは完成したホームページを日々管理したり、更新していく運用管理業務の役割を担ったりしています。
同じWeb系の仕事でも担う役割には大きな違いがあるため、それぞれの仕事内容を理解しなければなりません。理解が浅いままでWeb系の仕事だからといって取り組もうとすると「やりたいこととまったく違っていた」ということになる可能性があります。

具体的な仕事内容は?

Webオペレーターの具体的な仕事内容は既存のWebサイトの管理や運営です。企業のホームページの情報更新をしたり、対外的な問い合わせの対応をしたりします。「ホームページ上で画像が正しく表示されていない」「レイアウトが崩れている箇所が見つかった」などの場合には修正対応をする場合もあります。会社によってはホームページの運用や管理、保守にとどまらず、画像やバナーの作成やHTMLファイルの作成をWebオペレーターが担う場合もあるでしょう。
このように、同じWebオペレーターというポジションだとしても企業によっては担う業務の幅が大きく異なる場合があります。会社のWebオペレーターがどこまで業務を担うのかは重要なポイントですので、転職を考える際にはきちんと確認すると良いでしょう。

Webオペレーターの仕事をこなすのに必要な能力

Webオペレーターとして働くためには、サイト制作に関する基本的な知識が必要になります。サイト制作に関する知識がないと不安に感じる人がいるかもしれません。しかし、Webオペレーターに求められる知識は最低限のパソコン操作くらいで足りる場合もあります。ホームページ更新のテンプレートなどがある会社であれば基礎的なパソコン操作ができれば十分対応できるため、未経験からでも挑戦しやすいでしょう。
ただし、Webオペレーターとして活躍したいと考えるのであれば、ホームページの編集方法を知っていることやページのレイアウト調整などができるのが望ましいです。自分でホームページを制作したことがある人であれば、Webオペレーターとして活躍するために必要な能力を有しているといえます。
また、仕事内容として画像制作やバナー制作がある場合には基礎的なデザイン編集能力も必要になるでしょう。加えて、HTMLファイルの制作ができればホームページの運用・管理に関する業務はほぼ網羅できるため、Webオペレーターとして働くために必要な能力を備えているといえます。これからWebオペレーターとして働くことを検討するのであれば、基礎的なパソコン操作ができるのが第一条件です。しかし、それにとどまらずサイト制作や画像制作といった高度なスキルを有していれば活躍できる場所は広がっていきます。Webオペレーターとして活躍したいと考えるのであれば、まずはサイト制作に関する基礎知識の習得を目指すのが良いでしょう。

Web系の仕事には数多くの職種があります。そして、ホームページに関する仕事といったらホームページの制作をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、サイトを一から制作するのではなく、Webオペレーターのように完成したホームページの管理をしていく仕事もあります。ホームページ制作よりもサイト管理を通じてサイトの品質を守ったり、ページの改修や更新といった仕事内容に魅力を感じたりするのであれば、Webオペレーターという仕事は適しているでしょう。
また、Webオペレーターの場合デザイナーやディレクター、プログラマーに求められるような高度な知識はあまり必要とされません。したがって、未経験であってもWeb系の仕事に就きたいと考えるのであれば、Webオペレーターという職種は挑戦しやすい職種だといえます。会社のサイトではなかったとしても、個人サイト制作の経験がある人であればWebオペレーターとして活躍するために必要なスキルは備えている場合が多い傾向です。企業用のホームページを一から制作するのはスキル的に厳しいと感じている人であっても、Webオペレーターとして活躍できるでしょう。
未経験の方でまずは実務経験を積みたい方は、Webオペレーターの仕事から始めるのも良いでしょう。

他の「職種別お仕事ガイド - Webオペレーター/サイト運営」も見る!

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ