Work guide

職種別お仕事ガイド

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

2018.05.03

Webマーケターの需要はさらに上がると予想される

ネットの利用者が増えるとともに、企業にとってもWebマーケティングは無視できない存在となりました。今後もこの流れは加速すると予想されており、そのなかでWebマーケターになりたいと思っている人も多いはずです。ここではWebマーケターに求められるスキルや仕事内容を分かりやすく解説していきます。

Webマーケターとはどんな人?

Webマーケティングというのは、その名の通りWebを利用したマーケティングのことをいいます。そもそもマーケティングというのは商品を売るために企業が行う行動全般のことをいい、そのなかには広告宣伝や市場調査、販売戦略などの活動が含まれます。
一概にマーケティングといっても企業や業種、業態によってその定義はさまざまです。基本的には商品が大量かつ効率的に売れるようにすることを指しますが、Webを駆使してこの業務を行っていくのがまさにWebマーケティングということです。
インターネットは検索をするだけであれば無料でできますし、スマホやタブレット、PCなどの端末を持っていれば誰でも気軽に検索をすることができます。これにより、今までは難しかった遠方の見込み客にも効果的にリーチすることができ、媒体を用意しておけば完全無料でトラフィックを集めることも可能です。
このように、Webの特性を十分に理解して最大限にマーケティングの分野に応用して企業の利益獲得に貢献する人たちのことをWebマーケターと呼んでいます。

Webマーケターの仕事内容とは?

すでにお伝えした通り、Webマーケターの仕事は多岐にわたります。たとえば、WebサイトのPV数を上げたり、検索エンジンにおいて特定のキーワードで上位表示をさせたりといった仕事はWebマーケターの代表的な仕事です。検索エンジン最適化を一般にSEO対策といいますが、このSEO対策に関する知識を持っているWebマーケターもたくさんいます。SEOの知識があれば広告宣伝費などを使わずに無料で大量のトラフィックを集めることができるため、WebサイトのPV数上昇にも寄与しますし、最終的なコンバージョン獲得にも貢献します。
また、Webサイトのコンテンツを企画したり、サイトの設計を考えたりするのもWebマーケターの仕事です。フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニア、コーダーなどと協力をして、サイト訪問者が使いやすいメディアの設計を目指します。サイトのコンテンツ企画は現在その業界でどのような需要があり、どういうコンテンツを作れば企業の最終目的であるコンバージョンを達成することができるのかといったことを考えていきます。
これら検索エンジンをベースにした仕事以外にも、SNSを利用したマーケティングを担当することもあります。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNS利用者数が増加したことにより、企業専用のアカウントを取得して宣伝活動をしている企業もたくさんあります。年々Web業界は進化を続けており、新しいサービスが続々登場してきます。これらを総合的に上手く活用し、マーケティングを仕掛けていくのが主な仕事です。

いろいろな知識が必要!Webマーケターに求められるスキル

Webマーケターに求められるスキルには主に情報解析スキル、企画力、コミュニケーションスキル、情報収集能力の4つがあげられます。

情報解析スキルや企画力というのはWebサイトやSNSのアクセス状況を把握し、そこから課題を見つけ出して新たな改善をしていくという仕事で非常に重要なスキルです。
具体的には現在Web業界でもっともポピュラーになっているGoogle Analyticsなどのアクセス解析を導入し、そこで得たデータを分析します。滞在時間や直帰率、サイト内回遊率などを分析することによって、既存サイトの良い部分と悪い部分を分けていくことができます。このデータ分析から得た問題点を改善するために、再度どのようなコンテンツが必要なのか、PV数やトラフィックを増やすためにはどのような手段をとるべきなのかといったことを考え、企画していきます。

一方、コミュニケーションスキルや情報収集能力は企業という組織内で仕事を円滑に進める能力であり、またWeb業界で生き残っていくために必ず必要な能力でもあります。
マーケティングは商品の企画から営業に至るまでさまざまな分野にかかわる重要な仕事です。そのため、ほかの部署との連携は必須になってきますし、チームで動く場合にはコミュニケーションを積極的に取りながら意見を交換していく必要があるでしょう。
WebはSEO対策ひとつをとっても日々目まぐるしく変化していきます。これに加えてWebマーケティングは範囲が広いため、常に流行やニーズというものを敏感に注目し続ける力も必要になってくるのです。

Webマーケターは基本的に企業内に入り、その企業のWebマーケティングを担当することが一般的ではありますが、ほかの企業からマーケティング戦略の立案を依頼される場合もあります。さらに、今の時代は個人でもオウンドメディアを持ち、さまざまなビジネスを展開しています。これによって企業だけではなく、個人や個人事業主などを相手にしたマーケティングコンサルなども需要が増していくものと考えられています。今後、ますます注目される業界ですので、ぜひWebマーケターを目指してみるといいでしょう。

キャリアプランニングサービス

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

4

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

5

Webデザイナーのお仕事

6

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

4

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

5

Webデザイナーのお仕事

6

キャリアプランニングサービス 未経験からWeb業界への転職準備 ご友人紹介 派遣から無期雇用へ トモ得 職種別ポートフォリオ作成

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター
    サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ