Work guide

職種別お仕事ガイド

MAツールを上手に活用したい!失敗しないための準備とは?

2019.03.01

MAツールを失敗せずに活用しよう!

マーケティング活動を支援するMAツールを使いこなすことができれば、作業効率をアップさせ、業績向上に役立てられる可能性があります。

しかし、導入したMAツールを賢く活用しきれていないケースも多くなっています。そこで、MAツールの概念や機能、導入準備などについて解説します。

MAツールの概念と機能

MAツールのMAは、マーケティングオートメーションの頭文字が使われています。
MAツールとは自動的に、人が実施していたマーケティングに関する作業を支援し効率化してくれるツールです。

MAツールには、多くの機能があります。例えば、メール配信機能は、ユーザーの特徴に応じてグループ分けを行い、1対1のメルマガ配信ができる機能です。個々のユーザーが反応する情報を個別に送ることができるため、効果の高いメール配信ができます。

webページ作成の機能を使えば、問い合わせフォームや資料ダウンロードフォームの作成も可能です。

スコアリング機能は、サイトアクセスやメール開封などのユーザー行動を自動的に点数化してくれます。

シナリオ設計機能とは、事前に設定した条件に合致したユーザーが現れたら一定のマーケティングアクションを自動的に行う機能です。また、MAツールには、サイトにアクセスしているユーザーが勤めている企業名を表示する法人IPトラックという機能もあります。

さらに、SNS連携やCRM・SFA連携の機能があることも特徴となっています。SNS連携によって、ユーザーアカウント情報のMAツールへの組み込みも可能になります。顧客関係管理であるCRMや営業活動自動化を意味するSFAのシステムと連携することで、MAツールはより高い効果を発揮するようになるでしょう。

MAツールの導入の失敗例1:担当者がいない

MAツールの導入を成功につなげていくためには、失敗例を知っておくことも大切です。

主な失敗例は3つあります。1つ目は、担当者を決めておかないことです。
MAツールの導入を決めて導入しても、そのあとのことまで考えておかなければ運用はうまくいきません。MAツールの担当者を明確にしておくことは特に重要です。担当者は、ツールの導入前に決めておくほうがよいでしょう。

また、事前に担当者を決める場合は、MAツールの担当者だけでなく、ツールと関係が深いマーケティング関連業務の担当者についても決めておく必要があります。
Webページ運営担当者や、メールマーケティング担当者は、MAツールを有効に機能させるために欠かせない業務担当者です。
顧客情報管理担当者やアクセスログ等分析担当者も明確にしておいたほうがよいでしょう。
もちろん、広告等の担当者も決める必要があります。1人の担当者がいくつかを兼務することもあるでしょう。これらの担当者すべてを事前に明確にしておくことが理想です。

MAツールの導入の失敗例2:メールの準備不足

2つ目の失敗例は、MAツールを使用して配信するメールに関するものです。
MAツールは、顧客データやサイト利用者のアクセス行動などを自動的に分析し、効果的なメールを送れる機能が備わっています。しかし、あらかじめ作成した複数のメールのなかから一定の条件に従って適切なメールを選択して自動的に送ることはできても、メールのコンテンツ自体を自動生成できるわけではありません。メールの内容は、事前に準備しておくことが必要です。

この準備を怠っていると、せっかくメールが自動配信されたとしても十分なマーケティング効果は期待できないでしょう。
また、配信したメールに対する顧客のレスポンスへの対応準備ができていない場合も、失敗につながります。MAツールを導入すれば労せず事業がうまくいくといった誤解から、メール内容の準備が不十分になると失敗してしまう可能性があると認識しておくことが重要です。

MAツールを導入しても、こうした準備不足で上手く運用できないことが多くなっているので、注意しましょう。

MAツールの導入の失敗例3:複雑で使えない

MAツール導入に関する失敗例の3つ目は、MAツールを使いこなせないという失敗です。
MAツールは、高度な自動化システムであり、賢く使いこなせれば大きな効果を生むことができます。

しかし、ツール自体は、その性能の高さを実現するために複雑なシステムになっているのが実情です。使用するにあたっては、高いITリテラシーやマーケティングの知識が求められることになります。適切に使いこなすためには、専門用語の理解や英語表記されている用語の解読も欠かせません。

経営ツールの1つとして継続的に活用していく場合は、実態に合わせてツールのメンテナンスを行う必要があります。
そのため、プログラミングの知識もある程度求められ、導入にあたってはMAツールのプログラミング経験者がいると適切に対応できるでしょう。MAツールの機能を理解して使いこなすためには、ツールを扱える人材が欠かせません。ツール導入だけでなく、人材確保にも目を向ける必要があります。

MAツールを理解し事前準備をしておこう

MAツールは、導入するだけで必ずマーケティングが成功するというものではありません。成功させるためには、ツールを使いこなすことが大切です。そのためには、まずツール選びの段階から自社に適しているかどうかの評価を行うことが欠かせません。

さらに、ツール導入にあたっては、メール内容など必要な準備を事前にしっかり行うことも重要です。
Web関連の仕事を探している場合、MAツールを活用できる人材になれればIT業界への就職を有利に進められる可能性が高まります。





派遣で働く!Webマーケターのお仕事

正社員で働く!Webマーケターのお仕事

スペシャリスト募集中!アナリストのお仕事

これからはじめる人のためのGit勉強会 あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

システムエンジニアの働き方

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

3

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

4

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

5

システムエンジニアの働き方

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

3

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

4

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

5

これからはじめる人のためのGit勉強会 UXのスペシャリスト森田雄氏に学ぶ初級ワークショップ キャリアアドバイス土曜日開催 ハタラクを発見 他では経験できないNHKのシゴト 未経験からWeb業界への転職準備

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webディレクター/Webプロデューサー

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ