Work guide

職種別お仕事ガイド

Webデザイナーの面接を成功させる3つのポイントとよくある質問【キャリアコンサルタントの解説付き】

2019.12.04

面接で緊張しないために、十分な備えをしましょう。

転職活動で避けては通れないのが、面接です。Webデザイナーの転職では、志望動機だけでなく自分のWeb制作のスキルをきちんと伝えることが大切です。ここでは、転職理由やスキルなど、Webデザイナーの面接でよく聞かれる質問をご紹介します。事前準備をしっかりして、面接を成功させましょう!

1 Webデザイナーが面接前に準備するべきこと

1-1 ポートフォリオを準備する

Webデザイナーの転職では、これまでの制作実績をまとめた「ポートフォリオ」が欠かせません。職務経歴書や履歴書だけではWeb制作スキルのレベルを理解することが難しいため、面接官はポートフォリオを見てあなたのスキルを判断することになるのです。

Webデザイナーが受ける面接の場合、面接官もWebデザインをよく知っている場合がほとんどです。ポートフォリオがきちんと作られているかどうかで、得られる評価は全く違います。

ポートフォリオからは、あなたのWebデザイナーとしての経験や実績だけでなく、デザインセンスがひと目で伝わるものです。応募する企業に自分の力量を伝えるためにも、しっかりと制作しましょう。ポートフォリオは面接前にサーバーにアップし、事前に見てもらえるようにしておきます。


関連記事:Webデザイナーのポートフォリオ作成のコツは?

転職で差をつけるポートフォリオの作り方を知っていますか?

1-2 応募した企業について調べる

応募した企業は、あなたが実際に働くことになるかもしれない企業です。面接を受ける前にその企業のことを調べ、ある程度理解しておく必要があります。

応募した企業のことを知るためには、企業のWebサイトを全体的に見ることがおすすめです。なかでも企業理念や事業の内容は、面接前にしっかりと理解しておきたいですね。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

面接の中でその企業のWebサイトの課題は何か聞かれることがあります。
サイトの詳細を見たうえで、「自分だったらこうする」という改善案を考えておくとよいですよ。

1-3 応募企業に合った自己PRと志望動機を準備する

企業のことを知ったうえで、あなたがどうしてその会社で働きたいのか(志望動機)をしっかりと考えておきます。企業が知りたいのは、あなたが会社にフィットする人材であるかどうかということです。面接では、あなたの興味のあること、やりたいことが、企業の方向性と合っているかという部分が見られます。

自己PRも面接で必ず聞かれることのひとつです。あなたのこれまでの経験・スキル・強み・弱みをしっかりと答えられるように事前に準備しておきましょう。これまで携わってきた業務や、強調したいスキル、取得した資格など、自分の長所をしっかりまとめておき、簡潔に伝えることがポイントです。

Webデザイナーとしての経験が豊富であったり、活かせる強みがたくさんあったりする場合には、すべてをアピールする必要はありません。応募する企業で活かせそうな強みをピックアップして、面接官に「この人を採用するとこんなことに能力を活かしてもらえる」と思ってもらえるようにしたいですね。


関連記事:面接で自己PRを成功させたい!上手にアピールするコツは?

2 Webデザイナーの面接でよく聞かれる質問

採用面接では、面接官は下記のポイントであなたを判断します。


     
  • 1.会社の文化に合う人かどうか(一緒に働きたいと思える人か)
  •  
  • 2.求めるスキルを持っているかどうか
  •  
  • 3.長く働いてくれるかどうか(短期のお仕事などを除く)


上記の判断のために、面接でよく聞かれる質問について解説します。

2-1 これまでの経歴や転職理由に関する質問

・簡単に自己紹介をお願いします。
面接の最初に自己紹介をするように言われることがあります。これまでの経歴とメインで関わってきた業務について、簡単に答えられるように準備をしておきましょう。

・これまでやってきた仕事内容を詳しく教えてください。
その企業があなたをWebデザイナーとして採用するメリットを感じてもらいやすい質問です。これまで関わった仕事の中でも、特に受ける企業の業務に関わりそうなことをピックアップして掘り下げると良いでしょう。

・どうして転職しようと思っているのですか?(退職理由を教えてください)
転職(退職)理由はよく聞かれる質問のひとつです。ネガティブな理由で転職する場合、あなたが同じような理由で辞めてしまうことを企業は心配します。特に複数回の転職経験がある場合は、ネガティブな転職理由を疑われがちです。なぜ転職をするのか、論理的に説明できるようにしておくと安心ですよ。

転職する結果、このようなことを叶えたい、このように成長したい、といったポジティブな理由を伝えられるように準備しましょう。くれぐれも現職の悪口にならないように気を付けてください。

回答例)これまで制作会社のWebデザイナーとして、さまざまなサイトのWebデザインにかかわってきました。多くのクライアントサイトを手掛けましたが、今後は1つのサービスサイトにじっくり取り組んで、サイトを育てていきたいという思いが強くなり、自社サービスの会社への転職を決意しました。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

退職理由というのは、裏を返せば転職先への志望動機ともいえます。そのことを意識して、転職理由と志望動機を一貫性のあるストーリーでつなげることを意識してみてください。

たとえネガティブな転職理由であったとしても、その裏には何かしらポジティブな志望動機が隠れているはずです。その志望動機を自分で掘り下げてみてください。

ウェブスタッフでは、退職理由や志望動機の伝え方のアドバイスも行っていますので、ぜひご利用ください!

退職理由や志望動機の伝え方に迷ったときには…?

  • ネガティブな理由で退職したいと考えて転職活動を行っている方は、裏にあるポジティブな志望動機になかなか気づけないものです。ウェブスタッフでは、あなたが「なぜ転職をしたいのか」を考えるお手伝いをいたします。
    ウェブスタッフのキャリアアドバイス

関連記事:マイナスイメージになることも!転職時の退職理由の伝え方

2-2 志望動機やキャリアビジョンに関する質問

・弊社を志望された理由を教えてください。
あなたがその会社を受けたいと思った理由は、面接の担当者が最も知りたいことのひとつです。事前に企業サイトや求人票から企業理念や事業内容を確認し、なぜここで働きたいと思ったのか答えられるよう、事前に準備をしておきましょう。

志望動機を伝えるときは、「御社の~という理念のもと、こういうWebサイト制作に関わりたい」「御社の~を意識した商品の魅力を伝えられるECサイトの制作に関わりたい」と、実際に業務に就いた後のことを想定した具体的なビジョンを添えると印象を強めます。

・うちで何をやりたいですか?
あなたがその会社で具体的にどんな仕事をしてみたいか、あなたのキャリアの志向と意欲がみられる質問です。言い換えれば、あなたが会社にどのように貢献してくれるのかが判断されます。

「~として、~を対象としたこんなデザインをしたい」「~に貢献するためにこんなWebサイトを作ってみたい」と、具体的な回答ができるように準備しておきましょう。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

志望動機を聞かれたときに具体的な回答ができるようにするためには、あなたの主張の裏付けが必要です。自分がやりたいことと、その会社でできることを照らし合わせ、その会社で働く具体的なイメージを持って面接にのぞんでくださいね。



・会社選びで重視していることはどのようなことですか?
あなたがその会社で長く働いてくれる人材かを判断するための質問です。その会社で働くことで、あなたが得たいキャリア・やりたい仕事が叶う部分があるのであれば、その点をアピールしましょう。ただし、待遇面や福利厚生面については強調しないほうが無難です。

・3年後、5年後、10年後に自分がどうなっていたいと思いますか?(今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?)
あなたが将来的にやりたいことや成長したい内容が、その企業の方向性とマッチしているかがみられます。その会社で働くことがあなたのキャリアビジョンと一致している場合、長く働いてもらえる人材だと面接官に感じてもらえるでしょう。

応募企業に合った志望動機・キャリアビジョンとは?

  • 転職サイトなどに掲載されている求人票だけでは、応募企業のことがわからないことも多いですよね。ウェブスタッフでは、ご紹介する企業について詳しくご案内いたします。あなたのご経歴から、応募企業に合った志望動機やキャリアビジョンをあなたと一緒に考えます。
    ウェブスタッフの面接対策

2-3 あなたの性格や強み・弱みに関する質問

・仕事に活かせるあなたの強みは何ですか?
企業は採用後にあなたがどのように活躍してくれるのかを重視します。あなたの強みがその企業にとってメリットにつながると、面接官に感じてもらえることが大切です。Webデザイナーとしてのスキルの中でもどのようなことが得意なのか、具体的なエピソードを交えながら話すことができると、良い印象につながるでしょう。

未経験からWebデザイナーを目指す場合でも、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力など、これまでの社会人経験から活かせる強みがあるはずです。自分の強みをしっかりと深堀りし、あなたがその企業で活躍する姿を面接官にイメージしてもらえるようにしましょう。

・仕事でこれまで一番頑張ったことは何ですか?
あなたが仕事に取り組む姿勢を問われる質問です。仕事で頑張ったことは、あなたの強みでもあります。具体的なエピソードを交えながら、工夫したことは何か、うまくいかない部分をどのように解決したかを話しましょう。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

強みや頑張ったことに関しては、裏付けがないと説得力がありません。

たとえば「私はスケジュール管理が得意です。現在のプロジェクトでは、〇人の外部スタッフをまとめながらサイト制作にあたっています」といったように、具体的な裏付けとなるエピソードを話すように心がけてみてください。



・あなたの弱みは何ですか?
性格面に関することなのか、スキル面に関することなのかを確認して回答するようにしましょう。性格面に関することであれば、「私は~という性格ですが、~と取り組むことでその弱みを解決しています。」といった回答ができると良いでしょう。

スキル面に関する弱みについて聞かれた場合には、「私は~があまり得意ではないですが、~についてのスキルでそこをカバーしています」「~が苦手ですが、そこを克服するために~を勉強しています」といった前向きな内容を加えてみましょう。

・これまでの成功体験、失敗体験はありますか?
人生におけるものか、仕事に限定するものかを確認してから回答するようにしましょう。失敗体験については、その失敗をどう挽回したのか、その後にどう活かしたのかも加えて話せるようにしておいてください。

・あなたの趣味は何ですか?(休みはどのように過ごしていますか?)
一見仕事とは関係なさそうな質問ですが、よく聞かれる内容です。自分がどういう人間なのかを知ってもらうためにも、すぐに答えられるように準備しておきましょう。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

Webデザイナーはサイトを通じて商品やサービスの魅力をユーザーに届けるのが仕事です。趣味からデザインに活かせることがあれば、そのことをアピールすると好印象ですよ。

Web系セミナーへの参加や美術鑑賞など、仕事につながる勉強やセンス磨きをしていることがアピールできる回答もおすすめです。

あなたの強みと弱み、しっかり話せますか?

  • 自分の強みや弱みをなんとなく分かっているつもりでも、いざ言葉にしようとすると、なかなか論理的に説明できないという方も多いのではないでしょうか。ウェブスタッフはWeb業界の転職エージェントとして、客観的な目であなたのWebデザイナーとしての強みや弱みの伝え方をアドバイスいたします。
    ウェブスタッフの面接対策

2-4 Webデザインの具体的なスキルに関する質問

・Webデザインのスキルはどのように身に付けましたか?
あなたのスキルのレベルや学習意欲をみられる質問です。Webスクールなどに通った場合には、具体的にどのような内容を勉強したのかしっかりと答えましょう。またWeb制作の技術は非常に速いスピードで進んでいるため、自分で学ぶ力があるかどうかも重視されます。今勉強していることや自分で取得した資格などがあればアピールできますよ。



・ポートフォリオの〇〇の部分はどうして〇〇にしたのですか?
Webデザイナーの面接では、ポートフォリオを見ながら、色やパーツなどのデザインに関して質問されることがあります。サイトのコンセプトやターゲットの属性、色やパーツ選びのポイント、工夫した点などを論理的に説明できるように準備しておきましょう。

PV(ページビュー)数やUU(ユニークユーザー)数などサイトに対するユーザーの反応なども、具体的な数値で答えられるようにしておくと安心です。ただしWebデザイナーの方の場合は、これまで数字に触れてこなかった方もいるでしょう。その場合は「御社ではサイトの~といった数値の部分にも関われるということで、ぜひ勉強していきたいと思っています」と志望動機につなげていくのがおすすめです。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

Webデザイナーの仕事は、アートではなく商業デザインです。実際の業務の中でも、クライアントや社内の依頼者に対して、「なぜそのデザインなのか」「なぜそのフォントを選んだのか」「バナーの色はなぜその色にしたのか」「なぜボタンのデザインはこうしたのか」など説明する場面が多くあります。

商業デザインを仕事にするということを意識し、自分のデザインを論理的に説明できるよう準備しておきましょう。



・デザインとコーディングのどちらが得意ですか?
Webデザイナーの仕事は、デザインがメインのケース、デザインとコーディングのどちらも担当するケースなど、会社によってさまざまです。会社によってそのとき必要なスキルが違うため、デザインとコーディングのどちらが得意か聞かれることがあります。

「デザインもコーディングも一通り問題なくできますが、どちらかというとデザイン(またはコーディング)のほうが得意です」といったように、自信をもって伝えられるようにしておきましょう。

あなたのスキルをどのように伝えれば有利?

  • 自分の作ったポートフォリオをどのように説明すれば自分のスキルが相手に伝わるか知っていますか?ウェブスタッフでは、10,000人以上のWebクリエイターの企業面接をサポートしてきたノウハウをもとに、あなたのスキルを有利に伝えるための面接対策をしています。
    ウェブスタッフの面接対策

2-5 そのほかの質問

・他社の選考状況を教えてください
複数の企業の選考を受けている場合、他社の選考を受けていることを伝えるとマイナスになるのではないかと不安に思う方もいるでしょう。しかし、現在受けている会社があるのであれば、選考状況や取得している内定数などについて回答しても問題ありません。

複数の選考が進んでいる場合には、企業側もそれを踏まえ、採用結果を出す時期を調整してくれることがあります。他社も受けているのに「御社しか受けていない」などと嘘をつくと、選考結果が出るのが遅くなる可能性があります。

3 Webデザイナーの面接での逆質問の例

採用面接の最後には、面接官から「何か質問はありますか?」と言われることがよくあります。こういった逆質問は、あなたの意欲をアピールするチャンスでもあるのです。聞かれたときに質問できないということがないよう、事前に質問内容を準備しておくようにしましょう。

また逆質問は、あなたにとっても「この企業で働いていけそうか」ということを確認する場でもあります。事業内容や職場環境など、気になる点はきちんと確認しておきたいですね。

・採用していただいた場合、具体的にどのような業務を担当することになりますか?
Webデザイナーの業務範囲は、会社によって違います。サイト全体のデザインを任されるケースもあれば、バナーデザインやサイト運用などの作業が中心のケースもあります。あなたのスキルを活かし、今後のキャリアにつながる業務を担当できるのか、しっかりと確認しておきましょう。

・御社で活躍されている方には、どういった方が多いですか?
その企業が求める人材は求人票や企業サイトなどに掲載されていることがほとんどです。ただし、掲載されている内容ではイメージしづらいこともあるのではないでしょうか。会社の中で活躍している人を教えてもらうことで、その企業が求めている人材のイメージをつかむことができますよ。

・今後会社が目指す方向性を教えてください。
二次面接・三次面接では会社の上層部の人が面接官を務めることも多いものです。その場合には、会社のビジョンや事業全体のことにも答えてもらえます。会社の方向性にあなたが共感できるかどうか、あなたがその会社で自分の目指すキャリアを叶えられるかどうか、しっかりと見極めるチャンスです。

・御社の課題があれば教えてください。
求人票や企業のWebサイトからでは得られない、その会社の弱みを知ることができる質問です。課題が人員不足やスキル不足に関することであれば、あなたが入社することが課題の改善につながるかもしれません。一方で人事制度や社内の人間関係などが課題に挙がった場合には、本当にその企業に入社してよいか判断する材料になります。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

定時に帰れるかといった条件面に関する質問や福利厚生に関する質問は、面接の場では聞かないほうが無難です。転職エージェントを利用しているのであれば、エージェントの担当者から確認してもらうと良いですよ。給与面や入社時期の交渉なども、エージェントに任せると安心です。

条件面のことが気になった場合には?

  • 条件面や福利厚生に関する内容は、その企業に入社するかどうか判断するうえでも、確認が欠かせないですよね。直接面接官に聞きづらい質問や交渉は、転職エージェントに任せましょう! ウェブスタッフは、Web業界事情に精通しているため、あなたの希望をうまく企業にお伝えします。
    ウェブスタッフの転職支援

4 面接を成功させるための3つのポイント

4-1 最初に結論を言う

面接時には自分をアピールしようとする気持ちが強くなり、ついつい話が長くなってしまうものです。しかしダラダラと話をしてしまっては、面接官にせっかくの内容が伝わらなくなるおそれがあります。

質問に答えるときには、まずは結論を先に言うことを心掛けましょう。答えたい内容が複数あるときには、たとえば「私の強みは3つあります。1つ目は~なことです。具体的には…」というように話すことで、面接官に集中して話を聞いてもらえますよ。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

Webデザイナーは黙々と作業する場面も多いことから、人と話すときに緊張してしまう方もいますよね。 緊張しているときには、素直に「すみません、緊張しています」と伝えましょう。ひと言伝えることで、お互いに緊張が少しほぐれますよ。

4-2 面接官によってアピールポイントを変える

面接時の面接官がどの立場の人かによって、志望動機や自己PRの話す内容を変える必要があります。面接官が実際に上司になる現場の人であるならば、具体的なスキルや自分のキャリアの方向性について話します。一方、面接官が人事担当者や社長・役員の場合には、あなたの仕事観や企業理念への共感などについて話しましょう。

4-3 事前に面接の練習をしておく

面接までに時間の余裕があれば、事前に面接の練習をしておくと安心です。実際に質問される内容に答えるつもりで、回答を声に出して練習してみてください。言葉に詰まる部分は、自分の考えをきちんと深堀りできていないケースが多いものです。面接の練習をすることで、自分の志望動機や自己PRが深まりますよ。



キャリア
コンサルタント

井澤 浩紀

面接は、キャリアカウンセラーや家族・友人など、実際に人を相手に練習するのがベストです。練習相手がいないときには、カメラやスマートフォンで自分の面接練習を撮影してみましょう。自分の癖や話し方の間の取り方などを客観的に見ることができますよ。

面接の練習をするなら…

  • 面接に向けての準備では、プロのキャリアカウンセラーを相手に練習し、フィードバックをもらうのがベストです。ウェブスタッフでは、あなたのご経歴やキャリアプランを踏まえたうえで、あなたの魅力を引き出す面接対策を行っています。
    ウェブスタッフの面接対策

5 面接の流れや回数

Webデザイナーの面接の流れや回数は、企業によって異なります。だいたい2~3回の面接が行われる企業が一般的です。下記は面接が3回ある企業の例です。

 ・1次面接:配属チームの担当者面接
 ・2次面接:人事担当者との面接
 ・最終面接:社長・役員面接

配属チームの担当者面接では、実際に入社した場合に上司となる人が面接を担当することが多いでしょう。あなたのスキルや経験がみられるほか、実際にチームの一員としてあなたが働いたときに、うまくやっていけるかが判断されます。

人事担当者との面接や社長・役員面接は、あなたの人柄や考え方、あなたが会社の成長にとって有益な人物かどうかがみられることが多いでしょう。

6 Webデザイナーの面接時の服装と持ち物のマナー

6-1 服装はビジネスカジュアル

Point!
Webデザイナーの採用面接では、スーツを着用する必要がないことが多くあります。ただし受ける企業がカジュアルな文化であったとしても、ビジネスシーンとしてふさわしい、きちんとした服装を心掛けるようにしましょう。

男女ともに無難なのはビジネスカジュアルスタイル。男性はジャケットにパンツ、女性はジャケットにスカートかパンツを着用すると心配がありません。

もちろん、会社によってはスーツが好ましい場合があります。その企業に勤めている人がみなスーツスタイルなのであれば、スーツを着ていくようにします。ビジネスカジュアルかスーツか迷ったときには、転職エージェントの担当者に相談すると良いですよ。


関連記事:IT・Web業界の面接にふさわしい!服装と髪型、メイクのポイント

6-2 持ち物は印刷した書類と筆記用具

事前に履歴書や職務経歴書、ポートフォリオを提出していることが多いものの、面接当日にも印刷した書類を持参するようにしましょう。面接する環境によっては、PCがなかったり、ネットがつながらなかったりすることがあるからです。また、紙に印刷したものがあった方が説明がしやすい場合もあります。クリアファイルに入れた書類を封筒に入れて、面接の最初に面接官に渡します。

面接時に気になったことはメモをとっても構いません。メモをとる場合には、面接官にひと言断ると良いでしょう。

6-3 基本的なビジネスマナーにも注意

面接では面接の回答内容だけでなく、基本的なビジネスマナーもみられています。特に中途採用の場合には、言葉遣い・コミュニケーションの取り方・姿勢・態度などを総合的にみて、採用するかどうか判断されます。

特に時間は厳守することが大切です。事前に知らされた面接時間に間に合うように、5分前には到着しておくようにしましょう。万が一電車の遅延などで間に合わない場合には、必ず面接開始前に採用担当者に電話で連絡するようにしてください。


関連記事:面接の時に見られている!最低限のマナーをチェック

7 転職エージェントを利用して面接対策をしよう!

Webデザイナーが転職する際には、企業への志望動機だけでなく、これまでの経験やスキルをきちんと面接官に伝えることが必要です。あなたが持つ経験やスキルが素晴らしいものであっても、それをうまく面接で伝えられなければ、なかなか採用にはつながりません。忙しい時間をやりくりしながら転職活動を成功させるために、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

ウェブスタッフはIT・Web業界専門の転職エージェント。キャリアカウンセラーは実際にWeb制作を経験しているため、あなたの経験やスキルをきちんと理解したうえで、あなたの転職をサポートします。これから転職を検討されているWebデザイナーの方は、ぜひウェブスタッフにご登録ください!

ウェブスタッフの面接アドバイス

  • ウェブスタッフでは、これまでに10,000人以上のWebクリエイターの企業面接に同席し、サポートしてきました。そのノウハウを活かし、IT・Web職種や業種、面接担当者の役職等に合わせた面接対策を実施しています。
    詳しくはこちら




記事監修:井澤 浩紀

IT・Web業界専門の転職エージェント「ウェブスタッフ」のキャリアコンサルタント。
制作者としてWeb制作業務を経験した後、キャリアコンサルタントに転身。はじめてWeb業界に就業する方から、長年Web業界でキャリアを積まれたスキルフルな方まで、幅広いサポート実績があります。コンサルタントとして法人の採用活動支援に携わっていた経験もあり、企業側の視点とWeb業界の市場動向も踏まえながら、一人ひとりにあったキャリアプランをご案内いたします。



派遣で働く!Webデザイナーのお仕事

正社員で働く!Webデザイナーのお仕事

事業会社のWebデザイナー求人をチェック

MYCARREER あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

システムエンジニアの働き方

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

3

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

4

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

5

システムエンジニアの働き方

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

3

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

4

2019年はいったいどうなる?IT業界の今後の動向

5

MYCARREER 正社員で働きたい方へWSキャリア 実装でつまずいた人のための  JS駆け込み寺 WSもくもく会 #9 未経験からWeb業界への転職準備 ハタラクを発見

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webディレクター/Webプロデューサー

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ