Work guide

職種別お仕事ガイド

UXデザイナーとは?仕事内容や年収を紹介!

2019.08.08

UXデザイナーって何?仕事内容は?

UXデザイナーはまだまだ新しい職種のため、その仕事内容を具体的にイメージできるという人は多くないかもしれません。この記事では、UXデザイナーとは何のための職業でどのような仕事をするのかや、Web開発にどのように関わっているのかについて説明します。また、UXデザイナーになった場合の年収と、求められるスキルについても紹介します。

UXデザイナーとはどんな職種?

UXデザイナーとは、製品やサービのUXを設計する職業です。UXは「ユーザーエクスペリエンス(User Experience)」の略で、製品やサービスに触れたときにユーザーが得られる体験のことを指します。
Webサイトの場合は、ユーザーが迷うことなく必要なページにアクセスし、その機能などをストレスなく利用できることが必要です。そのために、UXデザイナーはユーザーの行動を導き、心地よさや楽しさを感じながらサービスを利用してもらえるようにWebサイトをデザインします。

UXデザイナーの仕事がUIデザイナーとどう違うのかについて疑問に思う人もいるかもしれません。UIデザイナーの仕事は、ユーザーインターフェイス(UI)をデザインすることです。一方、UXデザイナーの仕事は、UIデザイナーに比べて広い範囲をカバーするものだといえます。

UXデザイナーは、ユーザー体験を提供する手段のひとつとしてUIを用います。UXとは、UIを含むものなのです。例えば、Webサイト以外に実店舗も営業しているようなケースでは、ユーザーはWebにアクセスしている間だけでなく、店舗に足を運んだ際にもサービスを体験します。この場合、サービス全体として一貫したユーザー体験をデザインするためには、Webサイトだけでなく実店舗まで含めて考えることが求められるでしょう。

UXデザイナーの主な仕事内容

UXデザイナーの主な仕事は、ビジネスの戦略を具体的な形に落とし込む方法を考えることです。そのため、ビジネスとユーザーとの関係性を正しく理解したうえで、提供すべきユーザー体験を設計しなければなりません。具体的には、市場調査(マーケティングリサーチ)やユーザーインタビューによりニーズを捉え、情報設計を行います。情報設計とは、情報をどのような方法や順序で提供すべきか考え、Webサイトなどで何をどこに掲載するかを決定することです。このとき、SEOについても対策が必要になります。

Webサイトは、一旦作ってしまえば終わりというわけではありません。アクセス解析(アナリティクス)やABテストを実施し、ユーザーの行動データに基づいて継続的にUXを改善していくこともUXデザイナーの仕事です。よりスムーズで満足度の高い体験をユーザーに提供できれば、その分だけ売り上げも伸びていくことになります。
UXデザイナーは、ビジネス目標を達成するために重要な仕事だといえるでしょう。

なお、UXはUIも含むものであるため、参加するプロジェクトによってはUXデザイナーがUIのデザインを担当する場合もあります。しかし、UIに範囲を絞った仕事に専念することは、UXデザイナー本来の業務ではありません。ビジネス目標を達成するためには、さまざまな職種のスタッフと連携しながらUXを構築する必要があるからです。多くの人を巻き込みながら仕事を進めるために、チームビルディングや工数管理のようなマネジメント業務にUXデザイナーが関わる場合もあります。

UXデザイナーの年収はどれくらい?

UXデザイナーの平均年収は、2019年6月の求人データによると約600万円となっています。厚生労働省が2018年に発表した「賃金構造基本統計調査」によるとデザイナーの平均年収は401万円ですから、ほかのデザイナーと比べても年収は高いといえそうです。ただし、UXデザイナーが行う「デザイン」はグラフィックデザイナーなどが行うものとは異なり、「設計」という意味合いが強いものです。また、キャリアの違いや実務経験の差、現場で求められるスキルや業務内容の違いなどによって、実際の年収にはかなりの幅があります。特に、UIのデザインも行えるUXデザイナーについては評価が高くなる傾向があり、なかには年収が1000万円を超えるという人もいます。

UXデザイナーに求められるスキルとは?

UXデザイナーにまず求められるのは、ビジネスそのものを理解し、ユーザーに届けるための能力です。具体的には、市場調査やブランド戦略などのような、マーケティングに関するスキルが必要になります。幅広い知識が必要であり、さまざまな業務経験が役立つため、UXデザイナーになるための一般的なキャリアパスというものはありません。ただし、UIもできるUXデザイナーが重宝されることから、UIデザイナーからのキャリアアップはひとつの狙い目といえるでしょう。

UXデザイナーが扱うのはWebだけとは限りませんが、実際の仕事ではWebサイトのUXを設計する機会が多くなります。そのため、SEOやアクセス解析に関するスキルは必須と考えてよいでしょう。SEOは、効果の高い情報設計を行うために役立ちます。アクセス解析は、Webサイトを利用するユーザーの体験を継続的に改善していくために必要です。





派遣で働く!Webデザイナーのお仕事

正社員で働く!Webデザイナーのお仕事

UXデザイナー求人をチェック

ハタラクを発見 あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア

人気の記事

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

3

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

4

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

5

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

1

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

2

Webアナリストって何?必要な能力や資格を紹介

3

フロントエンドエンジニアが20代で勉強しておきたいこと

4

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

5

ハタラクを発見 メタフェイズ で働く MYCARREER 未経験からWeb業界への転職準備 派遣から無期雇用へ ご友人紹介

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ