Work guide

職種別お仕事ガイド

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアはWebコンテンツの質を左右するポジション

フロントエンドエンジニアは、Web開発に携わるなら人はぜひとも押さえておきたい重要なポジションです。ここではフロントエンジニアの職種、役割を網羅的に解説し、どのような人が向いているのかなどを検討していきます。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webアプリケーションなどでユーザーが画面越しに触れる部分の開発をする仕事です。
ブラウザはフロントエンドとバックエンドと呼ばれる構造に分かれています。フロンドエンドは画面に表示されるコンテンツ、バックエンドはユーザーには目視できない内部的な処理を行うシステムを指します。フロントエンドエンジニアはデザイナーが設計したデザインを元にHTML、CSS、JavaScriptを駆使して、ブラウザに表示できるようにコーディングを実施します。現場によってはデザインやディレクションに関わることもありますので、幅広い活躍が期待されるポジションといえるでしょう。一昔前にはフロントエンドエンジニアという仕事はありませんでした。
フロンドエンドの開発はコーダーやデザイナーが担っていましたが、Webコンテンツ関連の技術が進歩したことにより、よりスキルの高い専門家が求められるようになったのです。こうした経緯でフロントエンドエンジニアは生まれ、Webコンテンツ開発にとって重要なポジションとなりました。

フロントエンドエンジニアと類似する職種の違い

フロントエンドエンジニアと似た職種としてコーダーやマークアップエンジニアがありますので、その違いについて解説します。
コーダーはHTMLやCSSのコーティングがメインの仕事です。フロントエンドエンジニアもHTMLとCSSを活用するため混合されがちですが、フロントエンドエンジニアはコーダーの仕事を発展させたような業務内容になっています。コーダーに技術的なアドバイスをしたり、Webディレクターから受けた要求に対して実現可能なデザイン設計を検討したりするなど、プロジェクト全体を円滑に遂行させる能力が必要です。
マークアップエンジニアは企業によってはフロントエンドエンジニアと同じ仕事を行っていることもありますが、厳密にいうと異なる職種です。マークアップエンジニアはHTMLやCSSの仕様に詳しく、適切な構造化、SEO、リッチなコンテンツの製作など、コーダーよりもよりコーディングスキルが高い傾向があります。ただし、JavaScriptに関しては基本レベルに留まっている人も多いようです。
フロントエンドエンジニアはJavaScriptを使用し、双方向な表現が可能なWebサイトの構築など、高い技術が要求されます。

フロントエンドエンジニアに必要なこととは

フロントエンドエンジニアとして活躍するためにはHTML、CSS、JavaScriptのコーディングスキルは必要不可欠です。
HTML、CSSはコーダーよりも専門的な知識が求められます。HTMLやCSSのバージョンはいくつかありますが、常に最新版を使用できるようにしておきましょう。
JavaScriptをマスターし、動きのあるWebコンテンツを構築できる技術もフロントエンドエンジニアであれば持っていなければなりません。Webに関する知識が幅広いほど、他のポジションとの連携が取りやすくなるので、フロントエンドエンジニアは普段から新しい情報の収集とインプットを心がけることが大切です。
スキルも重要ですが、情報収集力と変化に柔軟に対応できる能力こそがフロントエンドエンジニアに必要な資質といえるでしょう。

あるとより良い!フロントエンドエンジニアのスキルとは

フロントエンドエンジニアとして必須とはいえませんが、持っておくと有利になるスキルとしてCMS、PHP、Rubyの3点があります。
CMSの正式名称はコンテンツマネジメントシステムと呼ばれるもので、Webコンテンツのテキスト情報、レイアウト情報、画像などをまとめて管理できる仕組みのことです。拡張機能を利用してHTMLやJavaScriptなどの他の機能と連携できるようになると、作業の効率化を図ることができます。また、Bootstrapなどの便利なフレームワークに精通しておくと、Web系の開発で役立つ場面が多くなるでしょう。
PHPやRubyはバックエンドサイドで主に使用する技術ですが、フロントエンドとバックエンドは切っても切れない関係性があります。フロントエンドエンジニアがバックエンドの知識を持つことでそれぞれの連携をスムーズに行う事が期待できます。PHPは初期から備わっている標準関数が豊富、かつ他の言語よりも習得しやすい言語なので、未経験でも取り組みやすいのがメリットです。
Rubyは開発効率の高い言語で、Ruby on Railsという優秀なフレームワークを使用することで短期間でのWeb開発が実現できるといわれています。Web制作の幅を広げたいのであればCMS、PHP、Rubyをマスターすることを検討してみてください。

フロントエンドエンジニアは、Web開発においてキーマンともいえるポジションのひとつです。必要となるスキルはそれ相応にハードルが高いですが、フロントエンドエンジニアの頑張り次第でWebコンテンツの質は左右されるといっても過言ではなく、やりがいの大きな仕事です。
モバイルコンテンツの需要は年々高まっているので、それに伴ってフロントエンドエンジニアの案件は豊富に用意されています。Web開発の最前線で活躍したいので、あればフロントエンドエンジニアを目指すのがおすすめといえるでしょう。

他の「職種別お仕事ガイド - コーダー/フロントエンドエンジニア」も見る!

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ