Work guide

職種別お仕事ガイド

フロントエンドエンジニアが将来のキャリアのために勉強したい4つのこと!やりがいを持って仕事し続けるには?

2020.03.06

フロントエンドエンジニアとして長く活躍するために

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptを使って、Webサイトやサービスを実装する仕事です。ここでは、フロントエンドエンジニアの仕事内容ややりがい、将来性、キャリアパス、年収相場や勉強しておきたい知識・スキルについて解説します。

長くフロントエンドエンジニアとして働いていくために勉強しておきたいこともチェックしてみてください。

Career advice

Webエンジニア向け
転職・キャリア相談

自己分析のアドバイス、キャリアプランの提案、ポートフォリオ・書類の添削、求人探し・企業との交渉など、Webエンジニアの方の転職・キャリアアップを全面的にサポートします。

オンライン相談に申込む オンライン相談

フロントエンドエンジニアとは?仕事内容を解説!

フロントエンドとはクライアント側、Webブラウザ側で作動する部分のことを指します。フロントエンドエンジニアは、Webアプリケーションなどでユーザーが画面越しに触れる部分、つまりフロントエンドの設計や構築を行う職種です。

フロントエンドエンジニアはデザイナーが設計したデザインを元にHTML、CSS、JavaScriptを駆使して、ブラウザに表示できるようにコーディングを実施します。現場によってはデザインやディレクションに関わることもありますので、幅広い活躍が期待されるポジションといえるでしょう。

(関連記事:「フロントエンド」と「バックエンド」とは?意味の違いとエンジニアの仕事

フロントエンドエンジニアは比較的新しい職種です。以前は、フロントエンドエンジニアという職業はなく、コーダーやマークアップエンジニア、Webデザイナーがフロントエンドの作業を担当していました。しかしITが進化してさまざまな技術が登場すると、フロントエンド側で担当するべき作業が増え、よりスキルの高い専門家が求められるようになったのです。

こうした経緯でフロントエンドエンジニアは生まれ、Webコンテンツ開発にとって重要なポジションとなりました。現在、フロントエンドエンジニアは、コーダーやマークアップエンジニアの上位職として認識されています。

フロントエンドエンジニアとコーダーとの違い

コーダーはHTMLやCSSのコーディングがメインの仕事です。フロントエンドエンジニアもHTMLとCSSを活用するため混合されがちですが、フロントエンドエンジニアはJavaScriptを使うなど、コーダーよりも幅広く深いスキルを求められます。

(関連記事:コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

フロントエンドエンジニアとマークアップエンジニアの違い

マークアップエンジニアは企業によってはフロントエンドエンジニアと同じ仕事を行っていることもありますが、異なる職種です。

マークアップエンジニアはHTMLやCSSの仕様に詳しく、適切な構造化、SEO、リッチなコンテンツの製作など、コーダーよりもよりコーディングスキルが高い傾向があります。ただし、JavaScriptに関しては基本レベルに留まっている人も多いようです。

(関連記事:マークアップエンジニアの仕事とは?年収や必要なスキルとキャリアパス

正社員フロントエンドエンジニアの求人情報

  • フロントエンドエンジニアは、最近需要が高くなってきている職種のため、正社員としての案件も豊富!正社員として働くことで業務の幅を広げられ、スキルアップにつながるのも魅力です。
    詳しくはこちら

フロントエンドエンジニアに求められるスキル

フロントエンドエンジニアの仕事は、Webデザイナーが作ったデザインを再現し、ブラウザに表示させることです。HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptを一から記述できるスキルは必須です。フロントエンドエンジニアはJavaScriptを使用し、双方向な表現が可能なWebサイトの構築など、高い技術が要求されます。

Webデザイナーやコーダーだけではなく、Webディレクターやサーバーサイドエンジニアとやり取りをしながら制作に当たります。ときには、コーダーやマークアップエンジニアと分業して、コーディングを行うケースもあります。

コーダーに技術的なアドバイスをしたり、Webディレクターから受けた要求に対して実現可能なデザイン設計を検討したりするなど、プロジェクト全体を円滑に遂行させる能力が必要です。

さまざまな職種の人と話ができるように、Web制作全般の知識を始め、Webデザイン、SEOなどの知識をつけておくことも大切です。さらに、PHPやPerlやRubyなどのプログラミング言語を知っていると、サーバーサイドエンジニアと話をするときに便利です。

(関連記事:フロントエンドエンジニアに必要なスキル6つ!長く生き残っていくためには?

(関連記事:フロントエンドの開発で必要な言語と便利なライブラリ・フレームワーク

(関連記事:PHP資格の種類と難易度は?資格取得でスキルをアピールしよう

フロントエンドエンジニアのやりがい

Webコンテンツの多様化に伴い、フロントエンドエンジニアの仕事の領域は広がっています。フロントエンド開発で利用されるJavaScriptのフレームワークは年々増えており、常に最新技術が生み出されている状態です。フロントエンドエンジニアとして仕事をするということは、こういった最新の技術に常に触れられるということでもあります。

最近では、Webデザイナーのデザインしたものを実装するだけでなく、企画の段階からフロントエンドエンジニアが関わるケースが増えてきました。自分の関わり方次第では、ビジネスの新しい分野にチャレンジすることができるというのも、フロントエンジニアのやりがいや魅力のひとつです。

次々と新たな技術が生み出されているため、フロントエンジニアとして働くためには、常に情報収集をして勉強していかなければならないという大変さがあります。だからこそ、新たなことにチャレンジしてみたいという方にとっては大きなやりがいにつながる仕事でしょう。

制作会社で働く!フロントエンドエンジニアの求人情報

  • 制作会社では、さまざまなサイト制作に関わることができます。フロントエンドエンジニアとして、自分のスキルを高めたいという方におすすめです。
    詳しくはこちら

フロントエンドエンジニアの年収相場

フロントエンドエンジニアの平均年収は500万円程度です。ただし、年代によって金額には大きなばらつきがあり、20代は300万円台、30代は400万円台、40代は500万円台と推移します。一般労働者の中では若干高めといったところでしょう。

ただし、フロントエンドエンジニアは実力と経験がものをいう世界です。知識やスキルを磨けば、年収が上がる可能性が高まります。なかでも、JavaScriptのスキルは重要です。動的なWebサイト制作には、ライブラリやフレームワークを含めたJavaScriptの知識は欠かせません。より深い知識があるほど現場での活躍が期待でき、それに伴い収入のアップも見込めるでしょう。

(関連記事:フロントエンドエンジニアの年収と年収UPの方法とは?

フロントエンドエンジニアの将来性

パソコンはもちろん、スマホなどの普及により、Webコンテンツは常に新しいものが求められています。ユーザーが求めるものが多様になっているからこそ、深い知識や技術を持った開発が要求されるのです。既存のWebコンテンツであっても、時代に合わせて大幅な更新が必要とされます。

当然Web業界はこれからもめざましい発展を遂げることが予想されます。最近では、企業だけでなく個人も独自コンテンツを持つことが珍しくなくなってきました。

現在、フロントエンドエンジニアに対する需要はとても高くなっています。さらにIT技術は日々進化を遂げており、フロントエンドエンジニアの需要は今後も高くなっていくと予想されます。スキルを持ったフロントエンドエンジニアであれば、今後も活躍の場が広がることになるでしょう。

キャリアアップのために勉強しておきたいこと4つ

フロントエンドエンジニアは、実力が認められれば、若い年代でも高い給料や上の立場を望むことができる職種です。スキルを増やすことが、キャリアアップにつながります。

JavaScript

Webサイト制作には、JavaScriptの存在が欠かせません。JavaScriptそのものの知識も深めておくようにしましょう。プログラミングの基礎はもちろん、jQueryやAjaxなどライブラリ・フレームワークの知識、Dom操作のスキルなどは、早期の修得をおすすめします。

CMS構築

近年は、Webの知識がない人でもWebサイトの更新や修正ができるCMSの導入が増えています。WordPressやMovableTypeなどは、多くの企業で使用されています。人気のCMSでWebサイトを制作するスキルは、もはや必須といえるでしょう。

バックエンド言語

CMSでは、PHPやRubyなどのプログラミング言語を使用します。とても需要の高い言語ですので、この2つの言語でプログラミングできるスキルも身に付けておくと有利です。バックエンド言語を習得しておくことで、サーバーサイドエンジニアやシステムエンジニアと深い話をすることもできます。

UI/UX設計

ユーザーが使いやすいサイトを設計するUI/UXは、近年ニーズの高いスキルです。Webデザイナーがデザインしたものを実装するフロントエンジニアであっても、UI/UX設計の知識やスキルを身に付けておくことで、有益なWebコンテンツを作り上げることができるでしょう。



フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアはマークアップエンジニアやコーダーの上位職として存在しています。スペシャリスト的な立ち位置の職種のため、キャリアアップによって上の職種を目指すことができるわけではありません。しかし、自身のスキルの幅を広げることで、関わることのできる仕事が増えるでしょう。

たとえば、バックエンドのスキルを身につけて、フロントエンドもバックエンドも対応できるマルチなエンジニアを目指す人は多いでしょう。プログラミングに特化してスキルを伸ばしたり、デザインに関する知識を身につけてオリジナリティを強めたりする人もいます。

エンジニアとしての能力を高めるだけでなく、マネジメントスキルを身に付けることで、WebディレクターやWebプロデューサーへのキャリアチェンジも可能です。

Webコンテンツを作り上げるのに必要なのは、コード記述能力やデザイン力に限りません。企画力や提案力など、さまざまな能力が必要とされます。エンジニアの魅力が再認識されている中で、付加価値を身につければ、より魅力的な将来を得ることができるでしょう。

(関連記事:フロントエンドエンジニアのキャリアパス!将来的に目指せる職種は?

フロントエンドエンジニアは実践でスキルアップを!

フロントエンドエンジニアとして長く働くためには、幅広い知識が必要です。Webの技術は日々進歩しているため、常に情報収集して、知識やスキルの差し替えも行わなければなりません。

実践的なスキルを身に付けるには、まずはフロントエンドエンジニアとして経験を積むことが大切です。実務の中で技術を磨くためには時間が必要ですが、長い年月をかけた経験は信頼にもつながります。そのうえで、ほかの工程の知識も身につければ、技術者として高い信頼とキャリアを獲得することが可能です。

Web業界では、雇用形態に関わらず実務経験を積むことで、スキルを磨いていくことができます。自分の希望条件に合う仕事を見つけるために、IT・Web専門の転職エージェントを使ってみてはいかがでしょうか。

(関連記事:未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

派遣で働く!コーダー/フロントエンドエンジニアの求人情報

  • 経験が浅い方や未経験の方は、派遣のコーダー/フロントエンジニアとして、まずは現場経験を積んでスキルアップしてみてはいかがでしょうか?ウェブスタッフは、あなたのスキルに合わせたお仕事をご紹介します。
    詳しくはこちら

フロントエンドのスキルが活かせるおすすめ求人

コロナに負けるな!積極採用中の企業特集 イベントレポート~ワンランク上のポートフォリオ作り10のヒント Webディレクターとしての働き方を考える 未経験からWeb業界への転職準備

人気の記事

「フロントエンド」と「バックエンド」とは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

システムエンジニアの働き方

2

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

3

フロントエンドエンジニアが将来のキャリアのために勉強したい4つのこと!やりがいを持って仕事し続けるには?

4

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

5

「フロントエンド」と「バックエンド」とは?意味の違いとエンジニアの仕事

1

システムエンジニアの働き方

2

コーダーの仕事とは?コーディングに必要なスキルや年収を徹底解説!将来性を高めるためには?

3

フロントエンドエンジニアが将来のキャリアのために勉強したい4つのこと!やりがいを持って仕事し続けるには?

4

Webマーケターの仕事内容と求められるスキルとは?

5

あなたのライフスタイルに合わせて働きたい方は、WSハケン 1つの会社で長くはたらきたいかたは、WSキャリア
イベントレポート~ワンランク上のポートフォリオ作り10のヒント Webディレクターとしての働き方を考える 在宅ハケン ウェブスタッフオリジナルの職種別Webスキル可視化ツール「スキルマンダラ」 コロナに負けるな!積極採用中の企業特集 ハタラクを発見

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webディレクター/Webプロデューサー

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター/サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookieを使用しています。サイトをご利用いただく際には、Cookieの利用について同意いただいたものとみなします。詳しくは「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ