Work guide

職種別お仕事ガイド

ずばりコーダーの年収は?年収が高いコーダーの特徴

年収アップはスキルアップがカギ!

仕事を決めるうえで年収は気になるところです。転職の際は希望年収を聞かれることも多いですが、どれくらいの金額が妥当なのか迷う方も多いのでしょうか。
この記事ではコーダーの年収について解説します。また、コーダーとして年収を上げる方法も併せて紹介しますので、転職で年収アップを目指していきましょう。

コーダーの平均年収は低い?高い?

コーダーの平均年収は350万円前後です。
一般的なサラリーマンの平均年収が417万円なので、コーダーの年収は残念ながら若干低い水準となっています。この平均年収は全年齢の平均値になりますので、年齢によっても差があります。年齢別の平均年収は20代前半では280万円、20代後半では300万円前半、30代で350万円前後となります。

コーダーはプログラマーやデザイナーと比べ、未経験者が受け入れられやすい職種です。そのため、Web業界が初めてという未経験者や若い人が多くなり、ほかのIT系職種と比べても平均年収は低く抑えられがちです。また、アルバイトや派遣社員として非正規での採用が多いことも平均年収が低い要因です

なお、年収の最低金額は年齢別で分けても大きな差はなく、180万円から200万円ですが、最高金額は20代前半では390万円、20代後半では500万円、30代で600万円となっています。年齢が上がるにつれて、年収が低い人と高い人の差が大きくなることがわかります。
そのため、コーダーの年収は経験や実績を積んでから差が開きやすいと言えます。

勤務形態の違いでコーダーの平均年収は変わる

コーダーの平均年収は勤務形態にも影響されます。正社員の場合は平均年収が370万円台となっています。一方、アルバイトでコーダーをしている人も多く、年収が200万円台となることも少なくありません。これは、アルバイトの場合は週3日勤務や1日4時間の短時間勤務など、勤務時間がフルタイムで働く社員よりも短いことが影響しています。時給では1,000円~2,000円程度が相場となっています。

同じく時給制の派遣社員の場合は、時給が高ければ正社員よりも年収が若干高くなるケースもあります。平均年収はアルバイトから正社員まで含めた平均になりますので、正社員として働く場合は平均年収よりも少し上の金額を目指していきましょう。また、昇給があるかも重要なポイントです。最初の年収が低くても定期的に昇給がある場合は、長く勤めれば年収がアップしていきます。アルバイトの場合や契約社員の場合は、時給や希望する働き方を総合して判断するのが良いでしょう。

平均よりも高い年収を誇るコーダーの特徴とは?

平均よりも高い年収をもらえるコーダーはそうではないコーダーと何が違うのでしょうか。

その理由として、コーディング以外の業務を行えるスキルを持っていることが挙げられます。WebデザインやJavaScript、PHPといった言語を駆使してのプログラミング、ディレクション業務などを兼任しているケースでは年収が上がりやすい傾向にあります。コーダーとして年収を上げるなら、基本のHTML、CSSのコーディングスキル以外の強みを持つことが重要です。基本的なことができるだけではなかなか年収は上がりませんが、できることが多くある場合は仕事の量も質もアップしていきます。

たとえば、コーディングに限らず、SEOに関する知識やデザインも含めたWeb全般の幅広い知識を持っていること、プログラミング言語を使いこなせることなどが挙げられます。新しい技術に関する知識を持っている場合も、ほかのコーダーとの差別化に繋がります。ほかのコーダーと違う付加価値を持っていると、企業に高い給料を払ってでも働いてほしいと思わせることができるため年収アップに繋がります。コーダーは日々スキルを磨いていくことが、年収アップに繋がる仕事と言えるでしょう。また、基本給は安いものの、残業を多くすることで、残業代分が年収アップに結び付いているケースもあります。残業代の支給基準や残業時間については事前によく確認しましょう。

コーダーはWeb業界への足掛かりとなっていることもあり、年収は平均で見ると高いとは言えません。しかし、年齢が上がるにつれて年収の最高額は600万程度まで増加しており、年収を増加させている人もいることがわかります。

その際ポイントになるのがスキルアップです。HTML、CSSといった基本のスキルだけではなく、新しい技術を積極的に習得し、付加価値の高いコーダーとなることで年収を上げて行くことができます。JavaScript、PHPといったプログラミング言語を使いこなせるようになったり、SEOを行い売上アップの実績を作ったりしていくとアピールポイントになります。スキルと経験を積むことで、よりよい条件で仕事を探すこともできるでしょう。その際には、獲得したスキルをアピールしていくことも重要です。自分のできることや経験した業務を整理し、的確に伝えていきましょう。そうすればあなたを欲しいと思った企業で、年収アップを果たして働くことができるかもしれません。

【未経験者向け】Web業界への転職準備セミナー

人気の記事

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

1

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

6

Webオペレーターってどんな仕事?仕事内容を徹底解説!

1

サーバーエンジニアを目指すために!必要な勉強情報まとめ

2

コーダーとは?コーダーの業務と求められる能力

3

志望動機はどう書けばいい?ポイントと例文を紹介

4

サーバーエンジニアには重要!?7つの資格を徹底解説

5

未経験でもフロントエンドエンジニアに!コーダーから始めよう

6

派遣求人を探す

正社員求人を探す

【未経験者向け】Web業界への転職準備セミナー 他社乗換キャンペーン 未経験からWeb業界への転職準備 派遣から無期雇用へ ご友人紹介 職種別ポートフォリオ作成

他の職種も見る

  • Webデザイナー

  • コーダー/フロントエンドエンジニア

  • Webプロデューサー/ディレクター

  • Webマーケター

  • システムエンジニア/プログラマ

  • Webオペレーター
    サイト運営

  • サーバー・ネットワークエンジニア

  • DTP・グラフィックデザイナー

Career advice

転職のアレコレ。プロに相談したい方へオススメ!

最新のIT・Web業界動向を知るキャリアカウンセラーが行う
「キャリアアドバイス」

ある程度経験を積んだので次のステップにキャリアアップしたい、しばらくWeb業界を離れていたが再度業界に戻りたい、 未経験・経験浅めだがどのように転職活動を行っていったらいいかなど、ウェブスタッフでは様々なご要望に対応したキャリアアドバイスを行っております。

お申込みはこちら

WEB STAFF ウェブスタッフ株式会社

ウェブスタッフは、IT・Web業界専門の求人を取り扱う人材エージェントです。
IT・Webクリエイター・エンジニアの派遣・転職はお任せください。在宅勤務・フリーランスへのキャリアチェンジもサポート。

ページトップへ ページトップへ