ロジカル思考を鍛えたいWebデザイナー4年目、金丸さんの転職活動のリアル
~公開キャリアインタビュー 「Web業界ハタラク名鑑」~

11月25日(水)19:30より、『ロジカル思考を鍛えたいWebデザイナー4年目、金丸さんの転職活動のリアル~公開キャリアインタビュー 「Web業界ハタラク名鑑」~』を開催しました。

Web業界の先輩方の「ハタラク」を紐解き、自分らしいキャリアづくりのヒントを探る、「Web業界ハタラク名鑑」シリーズ。第3回目となった今回は、ご好評につき50名に増員してお届けしました。

今回のゲストはWebデザイナーとしての次なるキャリアを築くため、戦略やブランディングに強みを持つ制作会社、株式会社ユニットベースに転職された金丸さん。自分の目指す未来を叶えるための考え方や転職活動の裏側をお聞きしたイベントの様子をレポートします。

ゲスト

金丸さん


株式会社ユニットベース Webデザイナー歴3年半
 

アパレル業界からWeb業界へのキャリアチェンジを果たしWeb制作会社に入社。ブランドサイトやECサイトの立ち上げに携わる。今年7月には、株式会社ユニットベースに転職。ロジカルな思考と心を動かす感性が共存したクリエイティブを目指すクリエイティブチームにて、より論理的なデザインスキルを身に付けるべく奮闘中。

目次

  1. これまでのご経験
    1. 前職入社の経緯
    2. 携わった案件
  2. 転職活動の“リアル”
    1. 転職を考えたキッカケ
    2. エージェント利用のタイミング
    3. ポートフォリオ制作の裏側
    4. 選考で印象に残った質問
    5. 入社の決め手
  3. ハタラクのヒント
    1. 転職活動で心がけていたこと
    2. お仕事で大事にしていること
    3. スキルアップ術
    4. おすすめ書籍・サイト
    5. 今後のキャリアプラン
  4. 参加者の声

ここからは、イベント中のトーク内容をピックアップしてご紹介します。

1.これまでのご経験

Q. 金丸さんはアパレル業界からのご転職だったとのことですが、前職のWeb制作会社にはどのような経緯で入社されたのでしょうか?

アパレル企業での販売員として働いていたころ、ブランドのWebサイトがガラッと変わったのをきっかけにWebデザイナーに興味を持ち、職業訓練校に3か月間通いました。

アパレルのサイトに携わることのできる会社であったこと、元から知っている会社だったことから、前職の制作会社を志望していました。面接で代表とお話しした際にもデザインへのこだわりが感じられ、デザイナーとしての第一歩を踏み出すにはよいのではと思ったのが入社の決め手でした。

Q. 未経験で入社されてからの3年間で携わった案件は?

最初はPhotoshopで“スマートオブジェクト”もわからないくらい、本当になにも知らない状態。そのためまずはバナーとメールマガジン、Webサイトの更新から始め、徐々にできることを広げていきました。
3年目になると、小規模のWebサイトは自分で担当できるようになりました。

2.転職活動の“リアル”

Q. 今回、転職を考えたキッカケは?

2年目のころに先輩デザイナーが退職し、自分のデザインを見てもらえる環境が少なくなってしまったことがキッカケです。優秀な先輩は多く、まだ1社しか知らなかったこともあったのですが、今後の成長について考えた際に、転職を視野に入れました。

Q. どんなことを軸にお仕事を探しましたか?

デザイナーとしてのスキルアップを図れるところがよかったので、チーム構成やワークフローを注視しました。

たとえば、ミーティングの参加があるかどうか。
前職ではデザイナーはミーティングに参加しておらず、デザインへのフィードバックも少ないので自分の仕事の振り返りがしにくいなと感じていました。そこで、今回はキックオフの段階からミーティングに参加し、クライアントの要望を聞いてデザインできるような環境を探しました。

Q. ある程度軸が定まっている状態でお仕事探しをされていたんですね。今回ウェブスタッフからのご紹介でのご転職でしたが、そもそもなぜエージェントを利用しようと思ったのでしょうか?

Web業界での経験も浅く、業界の知り合いもそれほどいなかったため、知識が豊富な人に頼ろうと思ったからです。どんな会社があるのか、なども知りたかったですし、転職活動を開始したタイミングでウェブスタッフ含め2社のエージェントに登録しました。

Q. いざ転職となるとハードルに感じやすいのが履歴書や職務経歴書の作成とポートフォリオ制作ではと思います。金丸さんはどのようにスタートを切られましたか?

たしかに、ポートフォリオ制作は結構ハードルが高いですね。私も転職しようかなーと考えながら、半年間ほどは軽くお仕事情報を見たりして過ごしました。
ただ、コロナ下で社会の流れもなかなか読めないという状況だったので、しっかりと区切りをつけて取り組むためにも、先に前職の会社に退職の相談をし、自分で期限を切ったうえで本格的に転職活動を進めました。

Q. ポートフォリオ制作の進め方についても教えてください。

ポートフォリオは、ウェブスタッフのキャリアカウンセラーの方との面談で内容を相談してから作りました。サイトの目的や成果を書くとよい、と聞いたのでそれにならって作り、レイアウト等は前職で見ていた提案資料も参考にしています。

+ ポートフォリオの作り方の相談・アドバイスを申込む

Q. お仕事をしながらの転職活動ということで、制作のための時間はどう捻出されていましたか?

ほとんど土日にまとめて時間をとっていましたね。
ポートフォリオに関して言うと、Webサイトで作ることも考えたのですが、時間の制約もあったので今回はPDF版で作りました。

Q. ここでユニットベースさまより金丸さんのポートフォリオについてのフィードバックをいただいているのでご共有しますね。

※金丸さんのポートフォリオはイベント参加者の皆さま限定での公開とさせていただきます)

フォントやトンマナは自分自身が特にこだわったところでした。
人柄が伝わる、というのは、面接ではあまり話せないかなと思い、プロフィールに少しだけ趣味について記載してみたりしたことが影響しているのかもしれません。

Q. 今回応募開始からお仕事決定まで2か月弱と短めですが、どれくらいの数を応募されましたか?

書類の応募は20社くらいで、面接に進んだのは8社でした。緊急事態宣言下だった5月から応募し始めていたので、1次面接はもちろんのこと、最終選考も含めほとんどがオンラインでの実施でした。

Q. 選考中の質問については事前にお伺いしたのでまとめてみました。こちら、すこし補足いただけますか?

“どんなデザイナーになりたいか”、“最近担当したサイト”は大体どこでも聞かれた質問でした。工数についてもどの会社でも聞かれたのですが、今回あまり準備できていなくて。特にアピールしたい案件については、「デザインにかかった時間」や「携わった期間」などを振り返って把握しておくとよかったなと思います。

難しかった質問は“最近見た好きなサイト”ですね。回答の準備をしていませんでしたし、これでセンスを図られているのかと思うと答えづらくなって、とても悩みました。あとは、“5年後どうなっていたいか”も。職場の外でデザイナーの知り合いがいなかったので、面接準備のときから考えていたものの、難しい質問でした。
他は、キャリアカウンセラーの方から過去の面接で聞かれた質問を教えてもらえていたので、大方準備できていました。

Q. 面接では逆質問の時間があったと思いますが、金丸さんが絶対聞いていた質問はありますか?

ワークフローや仕事の流れを重視していたので、入社後はどんな案件を、どんな人と、何人のチームで担当することになるのか?を聞いていました。そこで働くイメージができるところまで聞く、ということを意識していました。

自分のモチベーションに関わるという理由で、
・会社もしくはデザイナーチームとしてスキルアップのために取り組んでいることはあるか
・デザイナー個人としての評価方法・頻度
の2つも必ず聞いていた質問。

クライアントからの評価はもちろんですが、上司からのフィードバックもモチベーションを左右するため、どんな方法で、どんな頻度で評価があるのかはチェックしましたね。

Q. しっかりと働くイメージができるように質問する、というのは大事ですね!そうしていくつも受けられたなかで、最終的にユニットベース社へ入社を決断された理由を教えてください。

最終選考には3社進ませていただいたのですが、中でも“戦略に沿ったデザインができること”、“ディレクターなど上流工程の仕事にもチャレンジできること”が決め手でした。

ロジカルな思考でデザインする

クリエイティブでクライアントの戦略を具現化するWeb制作会社「UNITBASE」
少数精鋭でさまざまな職域にチャレンジができる環境です

+ 株式会社ユニットベースで働く
 

3.ハタラクのヒント

Q. 今回の転職活動で心がけていたことはありますか?

“棚卸し”ですね。スキルの棚卸しはもちろんのこと、自分が何が好きで、何が得意か、を最初にしっかり考えて転職活動の軸をつくりました。

具体的に言うと、私はプライベートでも友人から相談を受けたりすることが多いので、コミュニケーションを取りながら企画や戦略づくりから取り組む方が、より自分の強みをいかせるのでは?と考えたり。強みは自分だけだと発見しにくいこともあるので、友人にも自分のいいところを聞いてみたりもしました。

Q.最初に軸を固めておくのは難しくもあり、とっても大切ですね…。
では、今お仕事で大事にしていることも教えてください。

コミュニケーションをとても大事にしています。
最初に入社したアパレル企業のころから、言いづらいようなことこそ自分から聞くことが大事だと教わっていて実践しています。

それから、ユニットベースに入社してから感じたのは、褒め合う文化が強い組織だということ。良いところは「良い!」と直接言い合えるのは、素敵な文化だなと思っています。

Q. 今回の転職では、スキルアップも一つの軸となっていましたが、金丸さんのスキルアップ術を教えてください。

私は職業訓練校に3か月通っただけだったので、週末に通えるデザインスクールに通ったりしていました。今はデザイン領域以外にも、「言語化力」という本を読んだり、マーケティングの勉強をしたりもしています。

Q. 特におすすめの書籍やサイトも教えてください。

まずは前職の社長から最初に勧めてもらった本で、フォントの基礎について学んだ本。

2つ目は最近読んだものですね。フォントサイズをどう指定するか、など実用的なことが学べます。

最後はイラレのチュートリアルサイトです。
まだ個人的に苦手意識があるイラストレーターの勉強は、こうしたサイトに頼っています。

Q. それでは最後に、金丸さんの今後のキャリアプランを教えてください!

まだデザイナー経験は3年半なので、まずはデザイナーとしてのスキルアップし、そのあと上流にかかわっていきたいです。

転職してから、フィードバックがもらえたり、ミーティングにも参加できたりするため、“デザインに正解はない”といえど自分の中の判断材料が増えてきている印象です。そうしてデザイナーとしてのスキルを高めていきながら、ゆくゆくはプロジェクトマネージャーやディレクターの領域に手を伸ばしていけたらと思っています。

最後に

ウェブスタッフでは、自己分析から志向性の整理、企業ごとの面接準備など、みなさまのキャリアづくりにじっくり向き合いながらサポートをしています。

転職を考えている方もそうでない方も、ぜひお気軽に個別のキャリアアドバイスやポートフォリオ添削のサービスをご利用ください!

+ キャリアアドバイスに申し込む

参加者の声(一部抜粋)

面接の準備や考え方、ポートフォリオの話がすごく参考になりました。

会社関係以外のwebデザイナーのお話を聞くのは貴重なので、勉強熱心な方のインタビュー、非常に参考になりました!

人に言われるより自分から聞く、上司に自分のやりたい事を言う、人の良いところを褒め合う、などの社内での過ごし方とても学べました。自分もそうしてみようと思います。

人柄が伝わるポートフォリオの作成の大切さを感じました。また金丸さんの地に足がついた雰囲気や素直さが、自分が客の立場ならこの人に頼みたいと思うような人柄で、自分もそうな人になろうと思いました。つまづいた時は周りの人に頼る大切さも学ばせていただきました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

+ Webデザイナー・UIデザイナーの
お仕事を探す


ウェブスタッフのイベント・勉強会

ウェブスタッフでは、IT・Webクリエイター・エンジニアの方向けのイベントや勉強会・セミナーを随時開催!
スキルアップしたい、仲間と一緒に勉強したいという方は、ぜひご参加ください。


+ 最新のイベント・セミナーを
チェックする

  • WSイベント・セミナー TOP
  • 開催報告
  • ロジカル思考を鍛えたいWebデザイナー4年目、金丸さんの転職活動のリアル~公開キャリアインタビュー 「Web業界ハタラク名鑑」~

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookieを使用しています。サイトをご利用いただく際には、Cookieの利用について同意いただいたものとみなします。詳しくは「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する