事例紹介

Case Study

株式会社法学館 伊藤塾さま

株式会社法学館 伊藤塾さま

企業データ

URL: https://www.itojuku.co.jp/
事業内容: 法律資格試験(司法試験、予備試験、法科大学院(ロースクール) アメリカ法・LL.M、司法書士試験、行政書士試験)及び公務員試験の受験指導校

  • お話を伺ったご担当者さま
  • 高野 幹也さま
  • 高野 幹也さま
    人事・総務部 副部長 社会保険労務士
  • お話を伺ったご担当者さま
  • 黒沢 志保さま
  • 黒沢 志保さま
    教務・企画部 制作課

御社の企業概要と部署の役割を教えてください

法学館は、『社会の幸せを増やす』という企業理念をもとに、司法試験など法律資格や公務員試験の受験を指導する 伊藤塾を運営しています。
伊藤塾は、首都圏を中心に名古屋や大阪など9校(在宅校を含む)を展開し、司法試験受験者の間ではリーディングカンパニーとして高いご支持をいただいております。
塾生さんの年齢層は、高校生から年配の方までと幅広いです。
私たちは、さまざまな動機で入塾された方々をサポートするお仕事を中心に取り組んでおります。

現在、派遣スタッフさんを受け入れているのは、教務・企画部 制作課になります。
デザイナーなど10人ほどが所属し、伊藤塾にかかわる告知物を制作しています。
伊藤塾のパンフレットやポスターといった紙媒体をはじめ、合格した方へのインタビュー、写真や映像を撮影、動画編集やYou Tubeをはじめとする媒体への掲載、そしてWeb媒体の制作物を主に請け負っています。

人材を採用する際に重視されるポイントは何ですか?

採用においても、わが社は理念を大切にしています。そのため、スキルよりも人物重視です。
夢を追いかける人や頑張る人を応援することに、やりがいや喜びを感じてくれるような方にきていただきたいと思っています。

自部署で自分の仕事だけをやるというよりかは、他の部署と協力をしながら一つのものをつくりあげていく業務が多い職場なので、周りとの人間関係を大切にできる方が合っていると思います。

今回は即戦力ではなく、未経験のWebデザイナーを募集されましたが、その意図を教えてください

Web系に特化した人材会社がなかなか見つからず、ネットで検索してウェブスタッフのサイトにたどり着いて問い合わせたのがきっかけです。
他の人材派遣会社にも数社問い合わせましたが、希望にあった候補者は全く見つかりませんでした。

Webに関しては、CMSを導入しており、ホームページの更新自体は簡単です。
基本的な知識があれば、運用部分に携われます。
将来社員として活躍する人材「Webのスキルがある新入社員」のような方を探していましたので実務経験より、将来性を優先していました。

そんな背景がある中で、ウェブスタッフさんから紹介いただいた方と何名か面談をさせていただきましたが、インターネット・アカデミーで学んだ方は、みなさん基礎がしっかりしていたことを覚えています。
自分でお金を払って専門のスクールに入られている方々ですから、学びたい成長したいという意欲を強く感じました。

実際、採用した派遣スタッフさんは、個人でクリエイターの情報交換イベントに出たり、スキルアップのために今もインターネット・アカデミーに通っていたりと、非常に勉強熱心な方です。未経験ですが、先入観がない分、新しいことをどんどん吸収してくれるので、成長スピードが早いです。

あと個人的なことになりますが、私自身(黒沢様)も、実務経験がないところからのスタートでした。
私と同じように、未経験からスタートして経験を積んでいきたいと思う方が1人でも増えるのはうれしいです。

紹介予定派遣というサービスは、受け入れる側として感じられるメリットはございますか?

派遣期間中に、業務をはじめ、企業理念の部分も含めて弊社に合うかどうかを見極められることです。
私たちは、司法試験など法律資格受験を柱とした伊藤塾の運営が柱ですが、それ以外にも青森の農業事業や、飲食店の運営、留学生への支援なども行っています。
これらは、社会貢献の一環として、世界の幸せ、社会の幸せを増やしていけるような活動をしていきたいという理念からです。

会社を理解してもらうことは、長く勤めるにあたって重要なことで、最終的にミスマッチが少なくなると思っています。
また、私たちの部署としても、スキルのない方でも学ぶ意欲があるかどうか、自分で学習してスキルを磨いていける人なのかどうか、じっくり判断できる期間になると考えています。

入社後、会社の理念を伝えるのは大変ですが、その方法や工夫を教えてください

社内研修を実施しています。業務のスキルアップを目的としたものだけではなく、いろいろな部署と関わりながらの研修を行っています。
例えば、スクール窓口の相談業務に関する研修をWeb制作のメンバーにも参加してもらっています。
これから勉強を始める方がどのような悩みを持っているのか、どういう受験指導のスクールを選ばれるのか、といったことなどを、Web制作のメンバーにも知ってもらったうえで、制作業務にも活かしてもらっています。
また、(司法試験などの)本番の試験会場にも、当日、全社員が塾生の応援に駆け付けます。
頑張っている塾生さんを応援することによって、わが社の理念を体感することができるはずです。

就業中の派遣スタッフの仕事ぶりはいかがですか?

とても意欲的に取り組んでくれています。
今は、制作課の社員から仕事を指示していますが、いずれは中心となって担当してもらいたいと思っています。
現在は他部署からきた依頼を、自分でこなせるようトレーニング中です。
例えば、スクール関連の部署から、Webページを『見やすくしてほしい』との依頼を受ければ、まずは自分で「見やすいページ」考え修正し、その後課内の指摘を受ける。
課題解決するWebページを作る力をつけるために、その指摘を減らしていくことを目標にしています。

ウェブスタッフに依頼して良かったことはありますか?

営業担当者にWebの知識があることと、サポートが手厚いということです。
派遣スタッフさんがスキルの修得に不安があるという悩みを抱えていたとき、営業担当の小代さんからアドバイスいただけました。
スキル面でフォローいただけたのは初めてでした。他の派遣会社ではなかったので、これは非常に助かりました。さすが専門だと信頼できました。

私たちも、伊藤塾に通う塾生の資格試験の合格後を考えたサポートを大切にしています。
ウェブスタッフさんの派遣スタッフさんへの個別の手厚いサポートというのは、近いところがあると感じました。
実際に、サポートの大切さを理解し、対応していただいてるのが、非常によく分かります。

派遣スタッフさんの就業中もスキルアップのために、Web関連のセミナーやイベントなどの開催も積極的に行っておられるので、派遣スタッフさんが働きながらもレベルが上がっていくので企業にとってはとても安心ですね。

今後も、私どもの理念に共感いただける方のご紹介を期待しています。

左から:高野さま、黒沢さま 弊社営業担当 小代

左から:高野さま、黒沢さま 弊社営業担当 小代

TOP