企業と働く人双方に。適材適所適時適スタイルの提案を。

日本経済は労働力不足です。
生産人口の減少、産業構造の変化、リーマンショック時の採用絞り込みの反動など、理由はたくさんあるようですが、とにかく、多くの企業で人材に対する需要が高まっていることは間違いありません。
しかしその一方で、AIを始めとした技術の発展、外国籍人材の流入、景気の縮小などで、少し先には労働力過多になるという予測もあります。

足りなかったり、多かったり。
まるで飲み会の会費や会議で配られる資料のような表現です。

けれど実際には、そこには一社一社の企業の活動があります。一人ひとりの人の生活もあります。
足りないからその場で誰かが出しておいて、あとで再度精算するという訳にはいきません。
多いから終わるまで傍に置いておいて、あとで処分するという訳にはいきません。

足りないなら、すぐに最適な補充をして企業活動がスムーズに行えるベストな状態にしなければなりません。
多いなら、すぐに別の最適な活躍場所を見つけ出して生活を維持しなければなりません。

そんな場面で、皆様のお役にたてる会社です。
ぜひお手伝いをさせていただければ幸いです。

代表取締役 半田 貴将