SKILL GUIDE

Webディレクターの平均年収

Webディレクターは、Webサイト制作・運用におけるリーダーやマネジメントを兼ねる管理者のポジションです。そのため、平均年収が、WebデザイナーやHTMLコーダーなど他のWeb系の職種よりも高いことが一般的です。ある調査では、Webディレクターの平均年収は500万円前後という結果が出ています。ただし、所属する企業によって差が大きいため、実力によっては、転職や独立をすることで収入をアップさせている方もいます。

Web事業会社や大手のWeb制作会社

Web事業会社とは、ポータルサイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の運営など、インターネット上のサービスを主業務にしている企業を指します。Web事業会社にとってのWebサイトとは、商品そのものです。その制作に、最新の技術や知見を応用した施策を必要とする分、平均年収も高めであることが多いようです。

また、大手のWebサイト制作会社も、同様に平均年収が高いようです。制作されるWebサイトやキャンペーンサイトなどの案件の規模は、クライアントの企業規模に比例するため、大手企業は制作スタッフを多く抱えている制作会社に発注することになります。したがって、Webディレクターとしての能力が問われ、結果への責任も大きなものになります。

中小規模のWeb制作会社

社員数があまり多くないWeb制作会社の場合、受注する案件の予算が、それほど高くありません。そのため、中小規模のWeb制作会社で働くWebディレクターの平均年収も、大手よりは低くなってきます。

しかし、大手のWeb制作会社にくらべて社員数が少ない分、ひとりの影響力が大きくなります。少数でも優秀なスタッフがいることが、企業自体への良い評価に直結します。所属する企業の成長によっては、収入への早期の反映も見込めるでしょう。

フリーランスのWebディレクター

所属企業で経験や実績を積むことで独立し、フリーランスのWebディレクターになることもあります。フリーランスのWebディレクターにとっては、独立後、自身の名前を看板にして、仕事を受注しなければなりません。十分な営業力やコネクションがあるか、Webサイト制作のためのスタッフを確保できるかが、成功するためのポイントです。また、イベントや勉強会での登壇などによる、自身のブランディング化も必要になってきます。

成功しているフリーランスのWebディレクターの平均年収は、1,000万円以上になることも珍しくありません。

このほか、クライアントの業種や主に取り扱うWebサイトの種類などによっても、平均年収が変わってきます。年収を上げるためには、中長期的な視野で、業務の経験や資格の取得などによって自分の価値を高めることが大切になります。

関連リンクWebディレクターのお仕事ガイド

TOPへ