SKILL GUIDE

未経験からでも目指せるWebディレクター

実際にWebサイトを制作するのは、WebデザイナーやHTMLコーダー、ライターなどのそれぞれ専門的な技術を持つ制作スタッフが行います。このような制作スタッフからキャリアアップして、Webディレクターになる場合もありますが、「未経験可」の求人も多くあり、新卒や異業種からでも目指すことができる職種でもあります。ここでは、Web業界未経験者が、Webディレクターになるための学習方法を紹介します。

OJTによってWebディレクションの経験を積む

「未経験可」の求人の場合、一般的には、初めにアシスタントディレクターとしてWebディレクターの業務を経験していくことが多いようです。先輩ディレクターの補佐をしながら、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を受けます。

Webディレクターには、Webサイト制作の知識や技術スキルだけでなく、トラブルが起きた際の「問題解決能力」やトラブルを事前に察知する「問題回避能力」、企業やそのWebサイトに対する「問題発見能力」が必要になります。OJTでは、実務経験としてこれらの訓練が行われ、一人前のWebディレクターを目指すことになります。

自身でWebサイトを作成する

Webディレクターを目指すのであれば、ひとつといわず、自身でWebサイトを制作したという経験があるに越したことはありません。Webディレクターの仕事が、Webサイト制作のすべての過程をマネジメントすることだからです。

Webサイト制作の経験は、制作スタッフとの意見交換がスムーズに行えるようになるだけでなく、クライアントから信頼を得ることができる説得力をもたらします。また、ある程度の制作技術を身につけることで、緊急な修正が必要な場合にも、わざわざ専門のスタッフに依頼することなく自身で行えるようになります。

OAスキルを伸ばす

OAスキルとは、コンピュータ上の事務作業のスキルのことをいいます。WebデザイナーやHTMLコーダーが専用のアプリケーションを使うように、Webディレクターが使いこなさなければならないのが、Office系のアプリケーションといえます。

Webディレクターは、企画提案書や制作スタッフのマネジメントをするための進捗管理表など、数多くドキュメントを作成しなければなりません。そのため、WordやExcel、Power Pointなどのスキルは欠かせません。

未経験者がWebディレクターになるためには、アピールできるポイントを事前に作っておくことも重要です。Webスクールなどの専門学校やオンライン講座、通信講座なども活用しながら、Webディレクターという職種に対する熱意を裏付けられるようにしておきたいものです。

関連リンクWebディレクターのお仕事ガイド

TOPへ