SKILL GUIDE

Webディレクターの働き方

Webディレクターは、Webサイト(ホームページ)制作や運営の進行管理をすることが仕事です。コンテンツの企画、クライアント(Webサイト制作を依頼する顧客)や外注先の制作会社との交渉、WebデザイナーやHTMLコーダー、ライターなどからなる制作スタッフのディレクションやマネジメントなどを行います。

Web制作会社で働く

Web制作会社は、クライアントから依頼されたWebサイト制作を主な業務にしている企業を指します。
大規模なWeb制作会社の場合、Webデザインやコーディング、ライティングなど、それぞれの業務を分業して行っています。Webディレクターにとっては、ディレクションに専念できる環境といえます。10人から30人ほどの小規模なWeb制作会社の場合、Webディレクターもそのほかの職種を兼任していることがあり、ディレクション以外にもWebサイト制作に関する専門分野を持っていることが求められます。

また、印刷関連企業やシステム開発企業が、Webサイト制作を業務のひとつにしている場合もあります。各社はそれぞれの強みをセールスポイントにしたWebサイト制作を行っています。

Web事業会社や企業のWeb担当者として働く

Webサイトの制作を専門とする企業以外にも、自社メディアの運営を主業務にするWeb事業会社やWebとは関連がない業務の企業のWeb担当者として働くWebディレクターもいます。

Web事業会社では、自社で運営、管理するポータルサイトやECサイト(電子商取引、ネットショッピングができるサイト)、ニュースなどのコンテンツ配信サイト、ブログ記事や動画の投稿サイトなどのWebメディアのディレクションを担当します。一般企業では、自社のコーポレートサイトやキャンペーンサイトのディレクションを担当します。インターネットが発達した現代では、これらのWebサイトが「もうひとつの企業の顔」になります。Webサイトによって企業の利益が左右することもあるため、責任が大きい役割といえます。企業ブランドの育成に長期的な視点で関わることができます。

しかし、大きなコンテンツを扱う場合、Web制作会社に外注するという方針の企業もあります。企業ごとのWebサイトに対する考え方を理解しておかなければなりません。

フリーランスとして働く

Webディレクターがフリーランスで働くメリットは、自分次第で収入を増やすことができるようになることです。フリーランスのWebディレクターがディレクションするWebサイト制作では、スタッフもフリーランスであることが一般的です。信頼してもらえるクライアントと、信頼できる制作スタッフとを探すことができれば、満足のいく仕事ができるでしょう。

ただし、実績や人脈に不安がある場合、はじめから大きな収入につながる仕事ができるとは限りません。収入や社会保障の面でのデメリットを考慮したうえで選択する働き方といえます。

Webディレクターには、多様な働き方があります。どのような働き方を選択したとしても、クライアントや制作スタッフに対するコミュニケーション能力が求められる職種です。

関連リンクWebディレクターのお仕事ガイド

TOPへ