SKILL GUIDE

Webディレクターのお仕事ガイド

Webディレクターの働き方や活かせる資格などをご紹介。これからキャリアチェンジを検討される方が知っておきたい情報をまとめました。

Webディレクターの働き方

Webディレクターの働き方

Webディレクターは、Webサイト(ホームページ)制作や運営の進行管理をすることが仕事です。コンテンツの企画、クライアント(Webサイト制作を依頼する顧客)や外注先の制作会社との交渉、WebデザイナーやHTMLコーダー、ライターなどからなる制作スタッフのディレクションやマネジメントなどを行います。

続きを読む
ディレクションだけではないWebディレクターの仕事

ディレクションだけではないWebディレクターの仕事

Webディレクターは、Webサイトの運営や制作における制作側の責任者といえます。クライアントや自身の所属する企業は、Webサイトの活用を自社の利益につなげることを期待して制作を依頼、指示します。Webディレクターには、制作のディレクション以外にも、その要望を実現するための仕事が多くあります。

続きを読む
未経験からでも目指せるWebディレクター

未経験からでも目指せるWebディレクター

実際にWebサイトを制作するのは、WebデザイナーやHTMLコーダー、ライターなどのそれぞれ専門的な技術を持つ制作スタッフが行います。このような制作スタッフからキャリアアップして、Webディレクターになる場合もありますが、「未経験可」の求人も多くあり、新卒や異業種からでも目指すことができる職種でもあります。ここでは、Web業界未経験者が、Webディレクターになるための学習方法を紹介します。

続きを読む
Webディレクターが転職でアピールできる資格

Webディレクターが転職でアピールできる資格

Webディレクションの仕事は、クライアントや所属する制作会社などの環境によって、受け持つ役割に大きな幅があります。そのため、自身の保有スキルを可視化することが難しい面があります。資格試験や認定の取得は実務やキャリアアップの指標としてだけでなく、転職する際にも効果的な指標になります。
Web関連の資格は多種多様に存在しますが、ここでは、多くのWebディレクターが取得を目指している資格試験や認定を紹介します。

続きを読む
Webディレクターの平均年収

Webディレクターの平均年収

Webディレクターは、Webサイト制作・運用におけるリーダーやマネジメントを兼ねる管理者のポジションです。そのため、平均年収が、WebデザイナーやHTMLコーダーなど他のWeb系の職種よりも高いことが一般的です。ある調査では、Webディレクターの平均年収は500万円前後という結果が出ています。ただし、所属する企業によって差が大きいため、実力によっては、転職や独立をすることで収入をアップさせている方もいます。

続きを読む
TOPへ