SKILL GUIDE

未経験からでも目指せるWebデザイナー

Webデザイナーは、美術大学出身者、デザイン専門学校出身者の方だけでなく、フリーターや未経験の方でも目指せる職業です。特にこれといった資格を取得する必要もなく、その門戸も広いのですが、身につけるスキルがたくさんあるというところでは、少し大変な職業です。
それでは、何から勉強すればいいのでしょうか。ここでは、未経験からWebデザイナーを目指す方に、どのようなスキルが最低限必要なのかを紹介したいと思います。

Webデザイナーの主な仕事と必要最低限のスキル

Webデザイナーは、Webサイトをデザインすることが主な仕事です。 たとえば、Illustratorや、Photoshopといった、画像を編集するグラフィックソフトを使用して写真を加工したり、サイト全体の色やボタンなどの配置を決めたりと、Webページ全体のビジュアルをデザインします。
また、デザインしたものがWebページとしてきちんと閲覧できるように、Dreamweaverなどのソフトやテキストエディタ上で、HTMLやCSSという言語を用いてコーディングします。
上記で紹介したソフトが、Webデザイナーが主として使用するソフトです。これらを1つでも多くマスターしておけば、未経験の方でもWebデザイナーとしての第一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

さらにWebデザイナーが身につけておきたいスキル

さらに踏み込むのであれば、JavaScriptやそれを用いたjQueryなどを勉強しておくこともおすすめです。jQueryは特にWebサイトを動的に表現したい時に役立ちます。また、Webサイト運営者御用達のGoogle Analytics、Google AdWords、GoogleマップといったGoogle社のサービスの多くも、JavaScriptを利用したサービスになっています。このように、JavaScriptは現在のWebサイト運営に必須のツールといえるでしょう。未経験者の方には少しハードルが高いと思われがちですが、プログラム言語の中では非常にわかりやすく、初心者の方にも人気で学習しやすい言語です。
そのほかにもPHP、Python、Perlなどのプログラミング言語や、Androidのアプリケーション開発に使用するJava、iPhoneアプリ開発に使用するObjective-Cなども、身につけておくと有利なスキルです。

以上、未経験からでも目指せるWebデザイナーについて紹介しました。
時代に沿って、Webデザインは進歩しています。Webデザイナーとして基本的な技術を習得する一方で、常に新しい技術やサービスを追い、スキルアップを図っていきましょう。

関連リンクWebデザイナーのお仕事ガイド

TOPへ