SKILL GUIDE

Webデザイナーのさまざまな仕事内容

世間一般の認識として、Webデザイナーの仕事はWebサイトのデザインだけを行うと思われています。確かに、Webデザイナーはその名の通り、Webサイトをデザインする人のことを指します。ですが、デザインのほかにも、実は、さまざまな仕事をしているのです。
それでは、どのようなことをしているのか、ほんの一例ですが、紹介したいと思います。

Webデザイナーの仕事はデザイン+α

Webデザイナーが主とする仕事は、Webサイトのデザインです。 IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使用して、写真を加工したり、配色を考えたり、タイポグラフィで言葉のデザインを考えたりと、画像やテキストのビジュアル面を整えることを中心に行います。また、Webサイト上での見せ方を総合的に考える役割を担うこともあるので、HTMLやCSSなどの言語を使用してコーディングするコーダーの仕事も、Webデザイナーの仕事としてあげられます。
しかし、Webデザイナーの仕事はそれだけではありません。場合によっては、Webディレクター、ライター、フォトグラファーなどの仕事を兼務することもあるのです。
たとえば、クライアントの要望を引き出すヒアリングやデザインの確認など、通常はWebディレクターが行うことでも、クライアントと円滑に仕事を進めるためにデザイナーがその業務を行います。また、取材に同行して撮影ディレクションをしたり、自らフォトグラファーとして撮影に行ったりしますし、さらに、Webサイトに掲載する原稿がなければ、ライティングやキャッチコピーを考えたりする場合もあります。

Webデザイナーでキャリアアップを考える

このように、Webデザイナーはたくさんの仕事を兼務する職業です。しかし、これだけたくさんのWeb制作に関わる仕事を経験できるのですから、キャリアアップを考える方にとっては、良い環境だといえます。現在、求人状況においても、『Webデザイナー・ディレクター兼務』『Webデザイナー・ライター兼務』というように、兼務することを前提としたものが非常に多く、それだけWebデザイナーに求められるスキルが増えてきています。

以上、さまざまな仕事を兼務するWebデザイナーの仕事を紹介しました。
一見、Webデザイナーの仕事は華々しいイメージがありますが、Webディレクションやライティングなどの地道な仕事を担う職業でもあるのです。

関連リンクWebデザイナーのお仕事ガイド

TOPへ