SKILL GUIDE

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーには、実にさまざまな働き方があります。
一般的なイメージとしては、Web制作会社に所属して働くというイメージがあるかと思いますが、そのほかにも、自社のサイトを運営している企業に所属する働き方や、家事や育児、介護の合間を利用して働く“在宅勤務”、自分のペースで働く“業務委託”など、「自分自身で働き方を選べる」職業だといえます。しかし、さまざまな働き方ができるからこそ、そのメリットやデメリットをしっかりと理解しておかなければなりません。

自社のサイトを運営している企業で働く場合

自社のサイトを運営している企業に所属して、Webデザイナーとして働く場合、自社のサービスを企画、制作、運営、そして効果測定に至るまで、サイトに関する一連の流れを経験できます。そのため、サイト一つ一つに深く関わることになりますから、制作スキルだけではなく『マーケティングの知識』も吸収できるでしょう。
また、正社員や派遣社員などの業務形態によって違いはあるものの、在宅勤務や業務委託よりも、“毎月安定した収入が見込める”ということが、メリットとしてあげられます。さらに、サイトでの売り上げが会社の売り上げに直結することもあり、実績が給与に反映されやすい環境だといえそうです。
しかし、会社によってはサイト制作に使用するパソコンやソフトなどがあまり整っていないところありますので、クリエイティブな仕事をたくさん手掛けたいという方には、少し物足りない場合もあります。

他社のサイトを制作するWeb制作会社で働く場合

他社のサイトを制作するWeb制作会社に所属して、Webデザイナーとして働く場合、さまざまな企業のサイトを制作するため、毎日Webに関する専門的な知識を吸収することができます。さらに、最新のWeb制作ツールが整っているということもあり、『技術を磨きたい』『専門性を身につけたい』など、将来の目標が明確な方には良い環境だといえそうです。
また、Web制作会社で働く場合も、“毎月安定した収入が見込める”ことがメリットとしてあげられますが、クライアントの納期に左右されることも多く、制作会社によっては残業が多かったり、給与・待遇面がなかなか改善されなかったりといったデメリットもあります。

在宅勤務やフリーランスとして働く場合

在宅勤務やフリーランスのWebデザイナーとして働く場合、“自分のライフスタイルに合わせて働ける”というメリットがあります。インターネットが接続できる環境ならば、基本的にどこにいても仕事ができるので、たとえば、育児や家事、介護などで自宅を離れられない方などには向いているかもしれません。 しかし、仕事の管理や労働時間などが全て自己管理となることや、収入が安定しない、Webデザイナーとしてのスキルや知識、センスがなければ継続することが難しい、といったデメリットがあげられます。さらに、企業に勤めているわけではありませんから、雇用保険や労災保険がないことに対する不安のほか、確定申告を自分で行うといったわずらわしさもあります。

以上、Webデザイナーの働き方について紹介しました。
Webデザイナーという1つの職業をとっても、働き方の違いによって、それぞれメリットやデメリットがあります。これからどのように働きたいのかを決めるというのは非常に難しいことですが、上記を参考に、ぜひあなたにあった働き方を探していただければと思います。

関連リンクWebデザイナーのお仕事ガイド

TOPへ