SKILL GUIDE

未経験から目指せるシステムエンジニア

システムエンジニア(SE)には、名称のイメージからその職種に就くのが難しいイメージがありますが、新卒での募集だけでなく、未経験者や第二新卒を対象にした募集も少なくありません。ここでは、未経験者がシステムエンジニアを目指すための学習方法について紹介します。

未経験者を対象とした入社後の社内研修で学ぶ

システム開発に関する知識が全くない「未経験可」の募集では、通常の新人教育とともに、業務に必要な知識の研修を行うことが一般的です。ITの基礎知識やプログラミング言語の講習、模擬プロジェクトの作成などの業務体験が行われています。
企業によっては、募集の際のセールスポイントの一つとして入社後の研修を挙げているところがあります。このように研修環境が整っている企業は、未経験者にとって応募しやすいといえます。

システム開発の基礎となるプログラミング能力を学ぶ

システムへの理解が必要となるクライアントとの交渉や開発段階で欠かせないのが、プログラミングの能力です。
企業によっては、得意とするプログラミング言語が異なることもあります。どの言語を学習しようかと迷う方には、すでに多くのシステムに使用されている「Java」や「C#」、最近よく使われるようになった「Ruby」などがおすすめです。他言語の習得は、何かひとつの言語についての知識があると、一から学ぶよりも容易になります。とりあえずといった選択で言語を学び始めても、それが無駄になることはありません。

システム開発につながる知識を学ぶ

情報処理推進機構(IPA)主催の国家資格である「ITパスポート」や「基本情報技術者試験」は、初級者向けの資格試験として人気があります。どちらもコンピュータ全般の知識やプロジェクトマネジメントに関する知識を学ぶことができます。「ITパスポート」の方が取得しやすく、「基本情報技術者試験」の方は、より開発に関する知識が問われる資格です。
また、TOIECなどの語学系の試験や、簿記検定、経営学に関するビジネス系の資格なども、システムエンジニアが受ける試験として人気です。特に、ビジネス系の知識はクライアント先の業務の把握に役立ちます。

未経験者であっても、入社後に行う研修によりシステムエンジニアになることは十分に可能です。さらに、採用の際に有利になるようなアピールポイントを事前に準備しておくことも重要です。最近では、専門学校やオンライン講座、通信講座などが幅広く流通していますので、上手に活用したいものです。

関連リンクシステムエンジニアのお仕事ガイド

TOPへ