SKILL GUIDE

システムエンジニアの働き方

現代の社会においては、どのようなものにもコンピュータのシステムが組み込まれています。システムエンジニア(SE)とは、システム開発の単位であるプロジェクト全体のシステム概要の設計、要件定義などを中心に、それらの企画、開発、運用保守、障害復旧などを主な仕事とするシステム技術者を指します。

システム開発企業で働く

システム開発は、元受けのSIer(システムインテグレータ)企業を頂点とした、複数の企業によって行われています。システム開発企業は、企業ごとの強みや社員のスキルにより、さまざまな工程で関わっています。所属するシステムエンジニアにとっては、得意なスキルや専門性を高めることができる環境といえます。
しかし、大手のシステム開発企業の場合、プロジェクトの多くの部分を外注する機会が多くなります。その管理に追われることや企画、クライアントとの折衝に携わる時間が増えることで、開発の現場から遠ざかってしまうといった声も聞かれます。

社内SEとして働く

社内SEは、所属する企業のバックオフィスの機能として、システムを運用している企業で働く技術者です。社内のメールサーバーやWebサイトなどのIT環境の保守運用、ITヘルプデスクなどが主な業務内容です。また、自社システムの企画や開発を行うこともあります。小規模なものは、社内で開発してしまうこともありますが、大規模なものは、社外に外注し、プロジェクトの管理を行うこともあります。安定性が高く堅実な働き方ができますので、社内SEに就職、転職を目指す方も多くいます。
ただ、企業の風潮によっては常に整理対象の業務と目されることがありますので、収入面での大幅なアップの見込みはあまり望めない場合もあります。

フリーランスとして働く

システムエンジニアがフリーランスで働く大きなメリットは、仕事を選択できる点です。時間の有効活用ができ、自分に合ったライフサイクルで働くことができます。また、同じ案件であれば、フリーランスの方が会社運営の負担がない分、高額な収入を得ることができます。自分でクライアントを探す能力も必要になりますが、多くのフリーランスは、案件紹介や企業とのマッチングなどを行う支援サービスを利用しています。
フリーランスで働く場合、収入の安定度、確定申告や経理書類作成などの運営業務が増加するといったデメリットがあります。良くも悪くも自分の動き方次第で日々の業務や収入が左右されるので、常にスキルアップが求められます。

システムエンジニアの働き方は多様化していますが、どの選択をしたとしても技術職である以上、自身の技術力の向上は常に必須といえるでしょう。

関連リンクシステムエンジニアのお仕事ガイド

TOPへ