ADVICE FOR INDUSTRY TREND

業界別対策

ウェブスタッフで取り扱う多数の求人の中から、人気の高い4業界について特徴と対策をまとめました。

Web制作

会社によって強みが異なるWeb制作会社。応募する会社の強みや得意分野によって必要な対策が異なります。
まずはどんな実績を持っているかを確認しましょう。単に「Web制作会社で働きたい」ではなく、応募先の強みを理解して「入社したら●●をしたい」「自分の××の経験を活かしたい」というアピールができると説得力につながります。
未経験の方の場合も応募先に合わせた作品があるといいですね。
Webプロデューサー・Webディレクターは、クライアントの要望をヒアリングして問題解決に導く力や納期を守るためのスケジュール管理力が重要です。

EC

自社運営サイトだけでなく大手ショッピングモール店舗など、複数サイトに携わる場合が多いのがECサイトのお仕事です。
商品の売上という明確な目標があるので、自分のデザインや企画の成果が分かりやすい点がECサイトの特徴。
会社によってはWebデザイナーでもお客さまからのお問合せ対応や商品発送、在庫管理などのバックオフィス業務に携わることもあります。Web制作が分業されていない会社も多く、Webデザイナーであればデザインからコーディングまで対応できるスキルを求められる場合が多いです。更新頻度が高いので特集ページやバナーなど、スピード感のある作業が得意な方に向いています。また、Webディレクターも画像加工やコーディングができると歓迎されます。扱う商材に関連した接客・販売経験があると有利ですが、Webマーケティングやインターネット広告の知識も強みになります。

インターネット・サービス

求人サイトや情報ポータルサイト、比較・検索サービス、スマートフォンアプリなど自社でWebサービスを運営している企業では、より良いサービスにするために改善を続けることが重要です。
職種に関わらず、ユーザーの立場で自社サービスを考えることを求められます。また、社内のいろいろな部署とやり取りが発生することの多いので、チームで仕事を進められるかどうかという協調性も評価ポイントです。
面接においても、競合となるサービスと比較した改善点を尋ねられることがあるので事前にしっかり研究しておきましょう。

広告代理店

大手総合代理店からインターネット広告に特化した代理店まで、広告代理店といってもいろいろな会社があります。共通して求められる素質は「企画力」です。Webプランナーという企画に特化した職種があることも多いのが広告代理店の特徴。
Webプロデューサー・Webディレクター職の場合、選考中に企画書作成やプレゼンテーションといった課題が出されることもあります。日常生活の中で企業の広告やプロモーションに対するアンテナを張り巡らせて、情報収集に努めましょう。
Webデザイナーの場合も最新技術やトレンドを取り入れた制作実績があるとアピールポイントです。自分のポートフォリオサイトなどで作品を準備しておくことをおすすめします。

サービスのお申込み方法

ウェブスタッフでは、Web関連職種の転職ノウハウを持ったあなた専任のキャリアカウンセラーが転職活動をサポートします。
お一人お一人のご経験やスキルに応じた情報提供・アドバイスを行っておりますので、ぜひウェブスタッフの転職支援サービスをご利用ください。

人材総合サービスに無料登録

転職サポート体制

応募書類添削サポート 面接対策サポート 業界別対策 キャリアアドバイス
TOPへ