CHANGE JOB Q&A

転職してWebディレクターになるには?

未経験可のWebディレクターの求人では、WebデザイナーやWebプログラマー、または、システムエンジニアなどITに関連する業界から転職を目指す方が多くいます。これまでの業務に通じる部分も多く、資格やスキル、職務経歴をそのまま役立たせることができるためです。しかし、Web業界とはまったく関連がない業界からの転職の例も数多くあります。

前職とWebとの関連からアピールする

前職での経験をどのようにWeb業界に活かすことができるのかといった視点でのアピールは、志望動機に厚みを持たせることができます。

直接的にWebとは関連がない業界であっても、企業のWebサイトを持っていたり、販売促進キャンペーンのためにWebを利用していたりするなど、いまや、まったくWebと無関係な業種は、そう多くありません。前職でのWeb活用の事例や戦略など、Webとの関わりからもアピール材料を探すことができます。

Web業界にも共通するスキル

Web業界では、Webスキル以外でも歓迎されているスキルがたくさんあります。マネジメントや教育研修、クライアントやチームでのコミュニケーションスキルなどは、その一例です。

また、チームを指揮したディレクション経験は、Web業界であるかどうかに関わらず、基本的なディレクションの考え方に共通する部分が多いため、役立てることができます。前職で培ってきたビジネスの実績も、成果にいたるまでの過程から、市場分析や問題発見能力などの共通するスキルを見つけることができます。「非Web」ならではの視点から、Webディレクションに新しい発見をもたらすことができる可能性もあります。

抽象的になりがちな「熱意」に根拠を示す

まったくの異業種からWebディレクターに転職する場合でも、Web関連の知識や技術などのテクニカルスキルがほとんどないままの状態で応募することは避けたいものです。興味があってWeb業界に転職しようと考えているのであれば、その興味を示すことができる何かを準備しておくとよいでしょう。

ただ「熱意だけはあります」と言うよりも、たとえば、実際にWebサイトを作ってみたり、マーケティングに関わる本を読んでみたりすることで、業界について勉強中であることを具体的に表せるようにすることが、「熱意」として評価されます。いま何が必要と考えて、何に取り組んでいるかという点を強調することで、習得中の知識やスキルも、アピールポイントに変えることができます。

採用の際に評価されるポイントは、Web業界でなければ身につかないものばかりとは限りません。不足しているテクニカルスキルや業界経験などの弱点に対しても、どのようにフォローしているのかを伝えることで、将来性のアピールに繋げることもできます。これまでの経験や、これからのキャリアプランなどから、自身にとっての強みを把握しておくことが、転職の際の大事なポイントです。

関連リンクWebディレクターの転職Q&A

TOPへ