CHANGE JOB Q&A

Webディレクターの転職にはどのようなスキルが必要?

求人情報には、応募に際しての必須の経験や資格が記載してあります。しかし、同じ名称のスキルであっても、企業や扱うプロジェクトによって求められる役割が個々に異なるのが、Webディレクターという職種でもあります。大切なのは、転職後、求められる役割に対応できる能力を持っているかということです。

コミュニケーションスキル

Webディレクターとして求められる能力の第一は、コミュニケーション能力です。クライアントとの交渉にも、制作チームのディレクション、マネジメントにも必須のものです。作成するWebサイトの目的を明確にする要件定義から始まり、スタート後は、その目的を制作スタッフ間で共有して制作の指揮をします。各人が抱く目的がずれると良い結果へと導くことができません。

口頭やメールでのコミュニケーションだけでなく、ヒヤリングシートや要件定義、ワイヤーフレーム、各ミーティングの議事録、進捗管理表などのドキュメント作成も重要なコミュニケーションのツールになります。どの場合であっても、分かりやすく誤解されない言葉遣いや表現を必要とします。

制作スキルに対する理解

Webディレクターは、制作においては、そのディレクションが主な役割ですが、デザイナーやコーダーが不足するなどの非常事態に、スポットでデザインやコーディングを担当する場合もあるので、それらのスキルに対する理解だけでなく、実務経験もあったほうがベターです。

またWebサーバーでどのようなプログラムが働いているのか、Webサイトを表示させる仕組みがどのようなものかなど、サーバー側の知識ももっておくと、サーバーダウンなどの問題が発生したり、Webサイトのサーバー移管や停止が必要になったりするときには、それらの対応方法を指示することができます。

問題発見能力と問題解決能力

制作の過程において発生するあらゆる問題は、その可能性を0にすることはできません。一見、問題なく進行しているプロジェクトにも、問題が起きないようにさまざまな対策が講じられています。

プロジェクトを円滑に進めるためには、発生し得る問題を事前に把握する能力、問題が起きた時に即座に解決できる能力が必要とされます。スケジュールの余裕は、制作されるWebサイトの質を高めることに繋がります。

これらWebディレクターとして必須になる上記のスキルのほか、市場分析やWebマーケテイングの資格やスキルなどは、自身を差別化できるものといえます。転職に必要となるスキルとは、これらの基本のスキルと、経験や実績に基づいた付加価値となるスキルを組み合わせた独自の強みとなるスキルのこと、といえるでしょう。

関連リンクWebディレクターの転職Q&A

TOPへ