CHANGE JOB Q&A

Webディレクターが面接の前に準備することって?

Webディレクターにとって重要視される能力は、制作スタッフの進行管理やクライアント・社内との交渉に必要なコミュニケーション能力と、そのための資料になる書類作成の能力です。企業にとって、面接とは、応募者の能力を測る重要な機会です。また、応募者にとっては、入社後の「こんなはずではなかった」を減らす機会でもあります。

読んでもらえる応募書類を作る

採用にあたって、履歴書や職務経歴書などの応募書類を求められることが一般的です。Webディレクターには、進行管理や外部との交渉のための書類作成など、OA(PC上での事務作業)スキルが必要です。応募書類の作成は、そのスキルをアピールする機会のひとつ、といえるでしょう。

応募の際に提出する書類は、選考の第一段階です。担当者にとって、読みやすく内容が理解されやすい構成やデザインであることを意識して作成しなければなりません。自身の魅力を、書類を通して伝えられなければなりません。この点では、まさに、Webサイトの制作と同じようなものといえるでしょう。

面接で話す内容を準備する

面接では、一方的にアピールするだけにならないように、企業ごとに準備することが大切です。どの企業にも通じるような志望動機や自己PRでは、双方向のコミュニケーションができる面接という場でなくてもよいわけです。応募した企業の良いところや強みなどを踏まえたうえでの自己PR、その企業への興味が伝わる志望動機を用意し、その企業にピンポイントで活きるものを準備しましょう。特にWebディレクターの志望動機では、Webサイト制作に関わる様々な職種の中で、なぜWebディレクターというポジションを選択したのかを明確にしておきましょう。Web業界では類似した職種が多いため、たとえば「なぜプロデューサーではないのですか」という面接官からの質問に戸惑ったということはよくある話です。

また、前職やこれまでの経験で、問題点の発見から解決までに工夫したこと、その結果、得られたスキルなどの成功体験もアピール材料として使えます。Web業界の経験やディレクション経験がない場合でも、実際にWebサイトを制作してみたり、業務に活かせる知識を勉強していたりすれば、それらが熱意を裏付ける材料になります。

「質問はありませんか」をアピールポイントに変える

面接の最後に、よく面接官から「質問はありませんか」という問いがありますが、この「質問」も用意しておくことができます。「質問」は、企業に対する不明な部分の解消のためだけでなく、応募者が企業のどのような部分に関心があるかを示すものでもあります。たとえば、ディレクション業務は企業によって変わってくる場合があるので、イメージをつかむために聞いておくとよいでしょう。ディレクション対象となるWebサイトはどういうWebサイトが多いのか、業界、企業規模、ページボリュームはどういったものなのか、制作に携わるスタッフの人数や制作環境はどうなのか、ワンストップ対応なのかどうかなど、自身が実際に現場に立った時を想像して質問を準備しておきましょう。

応募者が企業に興味を持って応募したように、企業側にも応募者に興味を持って面接、そして、採用します。クライアントへのプレゼンテーションにしっかりとした準備が必要であるように、面接に臨むにあたっても、自身をプレゼンするためのできる限りの準備が欠かせません。

関連リンクWebディレクターの転職Q&A

TOPへ