CHANGE JOB Q&A

Webディレクターとして会社を選ぶポイントは?

Webサイト制作におけるWebディレクターの役割は、Webサイト制作の進行管理を主として、それのみを担当するのか、企画提案からアクセス解析やSEOまでを守備範囲とするのかなど、企業ごとに千差万別です。この点では、専門の職種であるWebデザイナーやWebプログラマーなどと異なります。会社選びのポイントは、自身のキャリアパスや経験に合致する企業であるかどうかを見極めることだといえます。

スタッフの人数

大規模なWeb制作会社やWeb事業の企業では、制作管理だけでなく、マーケティングや広告管理など、より専門的な施策を行う能力が求められます。また、大規模なWebサイト制作の場合には、複数の専門ディレクション業務にそれぞれの担当Webディレクターを配置し、その上にWebプロデューサーを置くこともあります。

中小規模の企業では、Webディレクターも別の職種と兼務する場合があります。逆に、WebデザイナーやWebプログラマーがWebディレクターとして活躍している場合もあります。このような企業では、ディレクション業務以外にも、制作スタッフの一員として働けるレベルのHTMLやCSS、サーバサイドのシステムなどの知識が必要になります。また、制作をすべて外注し、在籍している社員がWebディレクターのみという企業もあります。

制作実績や取引先

応募する会社を探す際、その企業が過去に制作したWebサイトは、重要な参考材料になります。制作実績や取引先から、企業としての業界でのポジションや得意とするWebサイトの分野などを知ることができるためです。

コンテンツの構成や情報発信能力などは、まさにWebディレクターとしての仕事の結果といえます。制作実績上の各Webサイトが、情報を探すために訪れたユーザーにとって分かりやすいコンテンツ構成になっているか、情報を探すユーザーを的確に呼び込むための施策が行われているかなどが、制作実績を見るうえでの判断材料となってきます。

スタッフブログ・SNS

スタッフブログやSNSでは、より具体的に会社内部の雰囲気を知ることができます。企業によっては、スタッフが持ち回りでブログの更新を担当していることもあります。Webディレクターの記事だけでなく、各制作スタッフの記事からも、その企業の強みやスキル、方向性などを知ることができます。また、一緒に働く人がどんな人なのかをイメージしやすくなったり、企業のコーポレートサイトでは発信されていないような情報が得られたりするケースもあるので、スタッフのブログやSNSを見ることは会社を選ぶ際に大きなプラスとなるでしょう。

スタッフの人数や制作実績などは、それぞれの企業のWebサイトに掲載されていることが多くあります。また、その企業のWebサイト自体が、企業としてのWeb制作スキルの指標でもあります。応募したい企業とは、自分がWeb制作を依頼したい企業を探すことでもあるのかもしれません。

関連リンクWebディレクターの転職Q&A

TOPへ