CHANGE JOB Q&A

転職してWebデザイナーになるには?

実務経験はないけれど、Webデザイナーに転職したいと思っている方は少なからずいるはずです。「インターネットが好きで、その世界に入りたい」「HTMLやCSSなどのソースコードが目で見えるビジュアルになっていく達成感を味わいながら働きたい」など、動機はさまざまかと思います。
本格的にWebデザインを学んでいなくても、Web制作の知識や技術を身につける方法はあります。その主な2つの方法について、今回は紹介しましょう。

スクールでWebデザインを教わる場合

転職を視野に入れてWebデザインを学ぶなら、専門スクールに通うのがよいでしょう。スクールではその道の専門講師が、体系的カリキュラムの元、受講者のスキルや経験に合わせて教えてくれます。また専門講師自身の経験を交えながら教えてくれることも多いので、Web制作の現場で役立つ知識を身につけることができます。
社会人向けにWebデザインを教えるスクールは、探してみると多く見つかります。夜間授業やオンデマンド授業を開くスクールも増え、忙しい方や地方の方でも学べるチャンスが増えています。
また、Web制作関連に強い人材派遣会社や人材紹介会社に登録する方法もあります。というのも定期的に無料の研修を行っているところが多く、登録スタッフ向けにWeb制作の講座を開講しているところもあります。もちろん、そこで身につけたスキルは就労にも役立ちますので、Webデザインの仕事に就く道も開けます。

独学でWebデザインを習得する場合

業界未経験でも、独学でWebサイトを制作した経験がある方もいるかと思います。もし、そういった経験があり、ある程度デザイン、コーディングができるという方は、現状持っているスキルを全て取り入れたWebサイトを複数作り、求人に応募してみてください。それが大きなアピールポイントになります。
また、Webサイトを作ったことがない方は、すぐにプロフェッショナルなWebデザインをマスターしようとすると、それが挫折する原因になってしまいます。まずはWebデザインに慣れるという意味で、SNSやブログなどのWebサービスを利用して情報を発信したり、ホームページ制作ソフトや簡易な画像編集ソフトを利用してコンテンツを制作するといったことから始めるのも一つの方法です。段階的に慣れてきたら、手打ちのコーディングや高度な画像処理などに挑戦してみてください。

「業界未経験者可」というWeb関連の求人は意外に多くあります。
ただ、そういった求人は、ある程度インターネットに関する知識があるか、個人サイトなどを作った経験があることを想定しています。未経験者は主に見習いからのスタートで、正規雇用ではない場合もあります。そのような条件でも夢に懸けられるのかという「気持ちの問題」が、ある意味、最も重要なのかもしれません。

関連リンクWebデザイナーの転職Q&A

TOPへ