CHANGE JOB Q&A

Webデザイナーの面接準備には何が必要?

転職活動で避けては通れないのが、面接です。Webデザイナーは、日頃は黙々と作業をする環境にありますから、いざ面接官が目の前にいる状況を想像するだけでも、緊張してしまう方がいるかもしれません。しかし、マナーや質疑応答などの面接の準備を事前にしっかりとしておけば、恐れることはありません。

応募した企業について調べておこう

まずは応募した企業について、ある程度理解しておく必要があります。企業のWebサイトを全体的に見ておくことはもちろん、なかでも企業沿革や事業の内容は面接前にしっかりと理解することが大切です。企業理念や社員の声などが見られれば、そこにも目を通しておき、会社の性格や方向性を把握しておきましょう。
さらに、応募した企業の競合他社を調べて、特徴やサービスを比較しておくことも重要です。応募した企業への理解が深まりますし、面接でサービスの改善点を聞かれたときのよいヒントにもなります。

志望動機や自己PRは明確に

志望動機と自己PRは、面接で必ず聞かれることです。面接官が最も目を光らせるところでもあります。それだけに、はっきりと簡潔に聞き取りやすく伝えることが大切です。口調はハキハキとしても穏やかでも構いませんが、下を向かず、先方が聞き漏らすことのないような話し方を心がけてください。
志望動機を伝えるときは、「~な理由で、~になりたい」と単に志望だけを並べるのではなく、「~として、~を対象としたこんなデザインがしたい、~に貢献するためにこんなWebサイトを作ってみたい」と、実際に業務に就いてからを想定した具体的なビジョンを添えると、印象を強めます。
また、自己PRについては、これまで携わってきた業務や、強調したいスキル、取得した資格など、自分の長所をしっかりまとめておき、余さず伝えることがポイントです。

ポートフォリオを準備しましょう

これまでは、通常の転職活動とも共通する「面接のいろは」について説明しましたが、Webデザイナーの面接には必要不可欠なものがあります。それは、これまでの制作実績を面接官にアピールするための「ポートフォリオ」です。
Webデザイナーが受ける面接の場合、面接官もWebデザインをよく知っている場合がほとんどです。特にWebデザイナーという職業は、職務経歴以上にポートフォリオを見られるケースもあります。これがしっかりと作られているのか、作れていないのかによって、得られる評価は全く違います。
面接準備で手を抜いてよいところはひとつもありませんが、特にこのポートフォリオに関しては、デザイナーとしての経験や実績だけでなく、デザインセンスがひと目で伝わるものです。応募する企業に求められる自分の力量を伝えるためにも、意気込んで制作しましょう。

一般の社会人と、Webデザイナーをはじめとするクリエイターの面接の最も大きな違いは、やはり「ポートフォリオの有無」です。通常の面接では応募者の顔を100%見るとすれば、クリエイターの面接では顔を100%、ポートフォリオを100%の合計200%で見られるといっても過言ではありません。
求められるデザインセンスや経験を持ったデザイナーであることが伝えられるポートフォリオを準備して、万全の状態で面接に臨んでください。

関連リンクWebデザイナーの転職Q&A

TOPへ